宇津井健の遺産争い決着は?遺産相続で再婚相手,前妻の一人息子は?

スポンサーリンク

2020年は俳優の宇津井健さんが死去して七回忌を迎える年となりましたが、
宇津井健さんの訃報が報じられるやいなや、再婚をしていたことも発覚して話題となりました。

さらに宇津井健さんの遺産相続をめぐる遺産争いまで勃発し当時はかなりワイドショーをにぎわせたものの、その後の決着について知っている人はほとんどいなかったみたいですね。

スポンサーリンク

宇津井健の遺産争い決着は?

中部電力やトヨタ、JR東海など各界のキーパーソンが毎夜訪れという名古屋住吉町の名門クラブ「なつめ」は
「日本の夜の商工会議所」の異名をとる宇津井文恵さん(旧姓:加瀬文恵さん)が19歳の時におばさんが住んでいた自分の家を担保に借金して開店し50年以上の歴史を持つそうですね。

奥さんを病気で亡くした宇津井健さんは、マダムと呼ばれる宇津井文恵さん(旧姓:加瀬文恵さん)の自宅で晩年は過ごすようになり、
2014年3月14日にはついに慢性呼吸不全で息を引き取るものの、「僕は加瀨文惠の夫として死にたいんだ。宇津井健の妻として喪主をやってもらいたい」とその5時間前に入籍を果たしていました。

これまで看病してくれた宇津井文恵さん(旧姓:加瀬文恵さん)に対する感謝を込めて、婚姻届に判を押して入籍を懇願したとされていますが、
その結果、前妻の一人息子と宇津井文恵さんが遺産争いでもめる形になってしまいました。

宇津井健さんは実勢相場2億円を超える物件などの財産を所有していたようですが、
婚姻関係となった宇津井文恵さんにももちろん相続の権利が生まれ、前妻の一人息子はどうやら納得いかなかった様子。

その結果、別々にお墓を作るという前代未聞の騒ぎにまで発展したものの、
現在はお互いに干渉しないことで決着がついている模様ですね。

宇津井文恵さんが遺産放棄して遺骨も分骨しているということなので、
これ以上、宇津井健の遺産争いを騒ぎ立てる必要は一切なさそうです。

宇津井健の遺産争い決着に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました