生徒が人生をやり直せる学校(槙尾高校)の実話モデルはどこ?

スポンサーリンク
0未分類

「生徒が人生をやり直せる学校」が24時間テレビ44ドラマスペシャルで放送されました。

スポンサーリンク

生徒が人生をやり直せる学校の実話モデルはどこ?

ドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」には実話をもとにしたドラマですが、「槙尾高校」は架空の高校名です。

実際の高校名は生徒のプライバシーなどを考慮して非公開とされています。

ただ首都圏下の高校であることは明らかにされています。

また「生徒が人生をやり直せる学校」の原作によると「槙尾高校」は「A県」で初めて「再チャレンジスクール」(仮名)に指定された高校のひとつとあるので、東京都以外の埼玉県や神奈川県、千葉県などの学校かもしれませんね。

「再チャレンジスクール」中学までに持てる力を発揮できなかった生徒に対し、再チャレンジの場を与えるという趣旨の学校で入学者は「学力考査を行わない入学試験」で選抜されとされています。

また、槙尾高校の最寄り駅は私鉄の「篠立沢駅」(仮名)で原作では、

「篠立沢駅の北口にあるバスターミナルでは毎朝、ひどく対照的な2つのタイプの高校生の列を見ることができ」ます(3ページ)。

「4番乗り場に並ぶのは大半がA県立槙尾高校という学校の生徒……かたや6番のバス乗り場には県内屈指の進学校である私立高校の生徒が列を作」ります(3ページ)。

なお、槙尾高校へは5番乗り場からもバスが出ています。

県内屈指の進学校について、槙尾高校に新採用された教師・三浦太一先生(仮名)が「幼稚園から高校までを」過ごしたという設定になっていました。

調べてみると、幼稚園から高校まで一貫教育をしている私立の学校は次のようなところがありました。

青山学院
立教
成城学園
桐朋学園
東京都市大
文教
洗足学園
帝京
聖徳
学習院
聖学院
玉川学院
桐蔭学園

また、さらに調べていくと、中退率が都立全日制普通科で一番高い年17.6%だった東京都立水元高等学校(2007年3月31日に閉校)を立て直した栗原卯田子さんの話もありました。

栗原卯田子さんの成城中学校・高等学校前校長、東京都立小石川中等教育学校元校長を歴任して現在は一線を退いています。

栗原卯田子さんが好調として東京都立水元高等学校に赴任した際、校舎の時計はガラスの蓋が取れて針が垂直に曲げられていたり、トイレは落書きらけで扉は壊されたまま外されているという荒れよう。

始業の8時半になってもほとんど生徒が来ない。10時半頃、ようやくパラパラと登校してくる状態で、万引が多いなど、アルバイトも断られるほど評判も悪い学校でした。

栗原卯田子さんは熱心に生徒との面談を重ねた結果、生徒の自己肯定感が低いことが学校が荒れる原因だとして、「中退防止プロジェクト」を立ち上げます。

自分の将来の夢も希望も感じられず生活の中に「習慣」というものが欠落している生徒を立ち直らせるために授業では中学の学習内容から復習も始めます。

英数国で学校独自の検定を設け、細かくステップを刻みながら次々にプリントを仕上げていくことにより、学習習慣と基礎学力を身に付けていく取り組みで生徒の学力定着を図りまsう。

先生方の根気強い生徒指導のおかげで、2年で学校の風景が一変し、着任前には年17.6%だった中退率が2年間で0.86%と激減させています。

閉校式には地元の人も大勢集まり、サプライズゲストとして登場した写真家のアラーキー(荒木経惟)さんがその模様を撮影し写真集に掲載されました。

タイトルとURLをコピーしました