里芋と八頭の違いは?食べ方?種芋?栽培・収穫時期?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「里芋」と「八頭」の違いは?

「八頭」はおせち料理の煮しめに使われる食材の一つですが、「里芋」と「八頭」は何が違うんでしょうか?

食べ方?種芋?栽培・収穫時期?

スポンサーリンク

里芋と八頭の違いは?食べ方?種芋?栽培・収穫時期?

八ツ頭は里芋の一種です。

八つ頭は一般的なサトイモと比較して肉質がしっかりしていて粘りが強く、とろっとした感じが強く美味しい食材で、親芋も子芋も食べられます。

里芋は普通は親芋を食べることはない(市場に出回ることはない)のですがその理由は「石川早生」や「土垂れ」といった品種は親芋が硬いため。

普段お店に並んでいる里芋の多くは、「子芋」または「孫芋」と呼ばれる部分です。

一方で、大きくて入り組んだ形をした「八つ頭」や「えびいも」といった品種は、親芋も子芋や孫芋と同じように柔らかいのが特徴です。

サトイモは現在も全国で広く生産されていますが、八頭は、千葉県や茨城県など、関東地方が中心です。11月頃から出回り始め、お正月を前にした12月中旬頃から旬を迎えます。 普通サトイモは、種芋から育てます。
引用:https://gurusuguri.com/special/season/osechi/spcu-1511_20/?ngt=TT12861b360000ac1e4ae623yQzbSNESHlt1jTInQNIZnj

小芋を食べる品種である土垂は、10月~11月が旬の時期です。一方、やつがしらは11月ごろから収穫が始まり、12月~1月が旬です。ちょうどおせち料理の材料として需要が高まる年末年始に最盛期を迎えます。
引用:https://botanica-media.jp/3895

タイトルとURLをコピーしました