年に1度のビッグセール!amazonブラックマンデー

2021年11月26日(金)~12月2日(金)ポイント最大8%還元

amazonブラックマンデーの詳細&エントリー方法こちら

イエロードッグプロジェクトとは?リボンや服は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「イエロードッグプロジェクト」「イエローリボン」とは何らかの理由から「近づかないでほしい」という意味を込めたサインのことです。

スポンサーリンク

イエロードッグプロジェクトとは?

イエロードッグプロジェクトとは2012年6月にスウェーデンの犬の心理学者やトレーナーなどのグループが始めた運動。

リードや首輪などについた黄色いリボンでいろいろな事情があって「今は近づかないで」「そっとしておいて」ということをほかの人に伝えるものです。

いまでは欧米をはじめアメリカやイギリス、フランス、日本などのアジア、南米、南アフリカなど世界中に広がりつつあります。

イエロードッグプロジェクトのリボンや服は?

例えば、トレーニング中の子犬や若い犬の場合だと、知らない人が通りかかって子犬にと声をかけたときに、人に飛びついてはいけないと教えるのは難しいものがあります。

犬の社会化は非常に重要ですが、トレーニングやマナーを学ぶことも重要です。

そのため、外部からの干渉や気が散ってしまうと、犬はトレーニングに集中できなくなってしまいます。

ドッグトレーナーとしては、正当な理由なく犬のトレーニングセッションを中断を余儀なくされるのを府sぐために、イエロードッグプロジェクトの理念のもと、黄色いリボン、バンダナ、ベストを短時間だけ使用すると効果が期待できそうです。

他にも犬の中には家族や見知らぬ人、他の犬に触られたり、遊ばれたりすることを嫌がる性格の子もいます。

手術後の回復期など、痛みを感じている場合。

救助犬で恐怖や不安を感じている場合。

介助犬(仕事に支障をきたすため、許可なく触ってはいけない)。

老犬や疲れている犬

だからこそ、犬のリードに黄色いリボンをつけることで、他の人に、その犬が必要としているスペースを広く確保することをイエロードッグプロジェクトで示すことができるのです。

海外ではイエロードッグプロジェクト専用のバンダナや服、リボンなどが販売されているものの、日本の場合はとりあえず黄色いアクセサリーであれば種類は問わないようです。

楽天でイエロードッグプロジェクト用の服・リボン・バンダナを探すにはこちら

アマゾンでイエロードッグプロジェクト用の服・リボン・バンダナを探すにはこちら

イエロードッグプロジェクトにネットの反応は?

タイトルとURLをコピーしました