世の中にたえて桜のなかりせば意味は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「世の中にたえて桜のなかりせば」は古今和歌集に出てくる在原業平朝臣(在原業平:ありわらのなりひら)の句。

同名の映画タイトルにもなっていますが、「世の中にたえて桜のなかりせば」の意味は?

スポンサーリンク

世の中にたえて桜のなかりせば意味は?

<世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし>

この世の中に全く桜というものが無かったならば、春を迎える人の心は、おだやかでいられるだろうに。(なまじ美しい桜の花があるせいで、いつ散ってしまうだろう、どうか散らないでほしい、とハラハラして過ごすことになる)

在原業平は平城天皇の孫(平城天皇の皇子阿保親王の五男)であり、母は桓武天皇の皇女伊登内親王。六歌仙に名を連ねる凄腕の歌人。

在原業平はもちろん、本気で「桜なんか無かったらいいのに」と思っているわけではありません。

「美しい桜の花よ、どうか散らずに、このままずっと咲いていておくれ」という、はかない花の命を惜しむ思いを、裏返しの形で表現した歌です。

この歌は、「伊勢物語」の第八十二段にも出てきます。(古今和歌集と伊勢物語とどちらが先かは、はっきりしません。)

「伊勢物語」では、まず主人公(在原業平がモデル)が上記の歌を詠みます。それを受けて別の人(誰なのか不明)が、次の歌を詠みます。

<散ればこそ いとど桜は めでたけれ 憂き世になにか 久しかるべき>
※散ってゆくからこそ、いっそう桜は素晴らしいのです。そもそも、この辛い世の中に、永遠に変わらないものなど何があるでしょうか(何もありません)。

こちらは「花の命は短いからこそ値打ちがあるのだよ」という、ツッコミの歌です。現代人の感覚には、こちらのほうがフィットするかもしれません。しかし少し理屈っぽいような気もします。在原業平の歌のほうが、気持ちを強く訴えかけてくるようです。

たぶん在原業平も、そんなことは分かっているのです。でも彼は、こういう風に(理知的というよりは直情的に)表現してしまう人なのだと思います。

「古今和歌集」の編者の一人、紀貫之(きのつらゆき)が、序文(仮名序)の中で歌人たちを論評しているのですが、在原業平については、こう評しています。

<在原業平は、その心余りて、言葉足らず。>

在原業平は希代のプレイボーイとされ、その歌に込めようとする心情が有り余っていて、表現する言葉がついていかない、うまく言えていない感がある、というのです。でもそこが在原業平の個性なのかもしれません。

平安初期に朝廷が作った歴史書に『日本三代実録』があり、これでの業平は、「体貌閑麗、放縦にして拘わらず、略才学無し、善く倭歌を作る」と書かれています。これを現代風に言いなおすと、「見た目はイケメンでスタイルも良いけれど、行動は自由奔放で好き勝手に生きている。頭はあまり良くないけど、良い歌は多く作っている」となるようです。
https://rekijin.com/?p=27002

ちなみに、在原業平は数々の和歌を残していますが、特に有名なのは『小倉百人一首』に選ばれている次の一句ではないでしょうか。

「ちはやふる 神代(かみよ)もきかず竜田川(たつたがわ) から紅(くれない)に水くくるとは」

タイトルとURLをコピーしました