金建希wiki|何歳で経歴は?尹錫悦の夫人のキム・ゴンヒ

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

金建希(キム・ゴンヒ)とは、韓国大統領選となった尹錫悦の夫人。

ファンカフェ「ゴン・サラン」では会員数は、現在8万人を超えるほどの人気を得ている金建希(キム・ゴンヒ)の気になる経歴・プロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

金建希(キム・ゴンヒ)wikiプロフィール

名前:金建希(キム・ゴンヒ)

英語:Kim Keon-hee

生年月日:1972年9月2日

年齢:49歳

国籍:韓国

出身地:ソウル特別市(京畿道楊坪)

2008年、「キム・ミョンシン」で「キム・ガンヒ」に改名。

父親は元公務員の事業家キム・グァンソプさん、母親はチェ・ウンスンさん。

2男2女の第3子

1987年に父キム・グァンソプが早逝しています。

母親は必要な医学的資格なしに2013年に医療財団と老人病院を設立したために懲役3年の判決を受け投獄されています。

金建希(キム・ゴンヒ)の年齢は何歳?

金建希(キム・ゴンヒ)は1972年9月2日生まれなので2022年3月時点で年齢は何歳かというと49歳になります。

夫の尹錫悦(ユン・ソクヨル)と結婚したのは2012年3月11日のことで、当時、最高検察庁中央捜査第1課長だった尹錫悦(ユン・ソクヨル)は53歳、キム・ガンヒ代表は41歳。

なんと12歳という年齢差で結婚となりました。

■尹錫悦(ユン・ソクユル)プロフィール

生年月日:1960年12月18日

年齢:61歳

出身地:ヨンフイ洞(ソウル西大門区)

出身高校:冲岩高校卒業

出身大学:ソウル大法学部卒業

最終学歴:同大大学院法学科卒業

1991年:司法試験合格

1994年:大邱地検検事に就任

2002年:法務事務所・太平洋の弁護士に就任

2003年:光州地検検事に就任

2010年:大検察庁(最高検)中央捜査2課長に就任

2011年:大検察庁中央捜査1課長に就任

2012年:金建希(キム・ゴンヒ)氏と結婚

2012年:ソウル中央地検特殊1部長に就任

2013年:情報機関・国家情報院の世論操作事件の特別捜査チーム長に就任

2016年:朴槿恵(パク・クネ)政権の国政介入事件の捜査チーム長に就任

2017年:ソウル中央地検長に就任

2019年:検事総長に就任

2021年3月4日:検事総長辞任

2021年6月29日:大統領選出馬表明

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/b43d25654e84fd8ca8f70a5edda7277716dffee0

尹錫悦の夫人(キム・ゴンヒ)の経歴

2005年3月~2007年8月、韓国ポリテックⅠ大学ソウル江西キャンパスに産学協力兼任教員として在職
2007年3月~2008年2月、水原女子大学広告映像課に兼任教授として在職
2007年7月25日、文化芸術展示企画会社「コバナコンテンツ」を設立し、代表取締役に就任する。
2007年8月、11月、2本のKCI登録学術誌論文を投稿する。

金建希(キム・ゴンヒ)は2004年のソウル国際漫画アニメーションフェスティバルで大賞を受賞しなかったことなど、2007年に水原女子大学の教授職に応募したことで資格を誇張したことを部分的に認めています。

2010年10月、ドイツモーターズの相場操縦事件に関与したとして検察によって起訴されていますが、その当時、尹錫悦(ユン・ソクヨル)は検察側として働いていました。

美術展を専門とする会社、コバナコンテンツの元社長ですが、美術展を主催するためにキックバックをしたとされる容疑で調査されたこともあります。

タイトルとURLをコピーしました