吉田えりの球速などwiki調査!年齢や年俸は?日本初女子プロ野球選手!

スポンサーリンク
未分類

吉田えりさんは「ナックル姫」のキャッチフレーズで日本初の女子プロ野球選手となったアスリート。

現在も現役としてプレーを続けながらチームディレクター(監督)も兼任している吉田えりさんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

吉田えりの球速は?

吉田えり 投手(1)2017/04/21 vs巨人三軍at佐野(栃木ゴールデンブレーブス)

吉田えりさんが得意としていた持ち球はナックルボール。

コントロールが難しいものの不規則に揺れながら落ちる変化球で2010年まではサイドスローから、最速101km/hのストレートと80km/h台のナックルボールとカーブを投げていました。

2011年からは投球フォームをスリークォーターに変更したことから球種もカーブ、シュートも加わり、以前のようなフルタイム・ナックルボーラーではなくなりました。

カーブ、シュートを主体とした投球スタイルとなり球速は最速113km/hまで向上しています。

しかしスリークォーターに変更した影響でナックルの精度が悪くなり、
2016年2月の侍ジャパン女子代表「マドンナジャパンのトライアウト・投球練習ではナックルを封印してカーブ、シュートだけでテストに挑むなど、
投球フォームの改造では思うような成績を残すことができませんでした。

吉田えりwikiプロフィール

名前:吉田えり
生年月日:1992年1月17日
年齢:29歳
職業:女子野球選手(投手)
愛称:「ナックル姫」
出身地:神奈川県横浜市
小学校:横浜市立北山田小学校
中学校:横浜市立中川西中学校
出身高校:KTC中央高校(屋久島おおぞら高等学校のサポート校)
身長:155cm
体重:55kg
投/打:右投げ/右打ち
遠投:70m
50m走:8秒

千葉熱血Making、西多摩倶楽部(’07)-アサヒトラスト(’08)-神戸9クルーズ(’09)-チコ・アウトローズ(’10)-兵庫ブルーサンダーズ、マウイ・イカイカ(’11-’13)-石川ミリオンスターズ(’13-’16)-栃木ゴールデンブレーブス(’17-’18)

吉田えりさんは2つ上の兄の影響で小学校2年から野球を始め、中学校では軟式野球部で一塁手のレギュラーを務めています。

中学3年で部活引退するとすぐに硬式野球を始めていますが、父親のすすめもあって投手に転向し、高校進学後も野球を続けます。

ただ、男子との体力差を感じたことや右手甲の炎症により入部からわずか5日で退部しているものの、
ナックルボールを武器にメジャー通算200勝を挙げたティム・ウェイクフィールドに注目。

ナックルボールを習得すれば男子と同じ土俵で戦えるのではないかと考え、自宅地下の練習場で練習に励んだ結果、
小指を立ててボールに付けないウェイクフィールド独自の握り方でのナックルを習得しています。

高校時代は社会人野球クラブチームの「千葉熱血MAKING」「西多摩倶楽部」で野球を続けると、2008年9月からは女子クラブチーム「アサヒトラスト」でもプレーしています。

同年の全日本女子硬式クラブ野球選手権で3試合に登板しています。

吉田えりの経歴

吉田えりさんは2008年11月の関西独立リーグの合同トライアウトに合格。

同リーグのドラフト会議で神戸9クルーズから7巡目で指名を受けて契約することになり、日本人初の「男子と同一チームでプレーする女子プロ野球選手」となりました。
※日本プロ野球リーグ所属の女子選手としては日本女子野球連盟(1950年 – 1951年)以来

デビュー戦は2009年3月27日、関西独立リーグ開幕戦の対大阪ゴールドビリケーンズ戦(京セラドーム大阪)。

9回裏から2番手としてリリーフとして初登板しています。

その後、三重スリーアローズを経て、2010年から2011年までアメリカ独立リーグ「チコ・アウトローズ」でプレー。

帰国後は兵庫ブルーサンダーズ、サムライALL Japanを経て、再びアメリカ・チコ・アウトローズに戻っていますが、
またすぐに同じリーグの「マウイ・イカイカ」に移籍し、同年、初勝利を挙げています(女子選手として米独立リーグ史上2人目)。

2012年に兵庫へ戻ると関西独立リーグ史上初の女性勝利投手。

2013年はマウイ・イカイカでプレーたのち、8月よりBCリーグ「石川ミリオンスターズ」に選手兼フロント(営業担当)として入団。

2015年にBCリーグ初勝利。

2017年シーズンより「栃木ゴールデンブレーブス」に所属。

2017年11月21日にエイジェックの女子硬式野球チームのチームディレクター(監督)就任するとともに投手および外野手として選手も兼任しています。

吉田えりの成績

千葉熱血Making→西多摩倶楽部
→アサヒトラスト→神戸9クルーズ
→チコ・アウトロ-ズ→兵庫ブルーサンダーズ
→マウイ・イカイカ →石川ミリオンスターズ
→栃木ゴールデンブレーブス
→エイジェック女子硬式野球部

登板 勝利 敗戦 セーブ 先発 完投 勝率 投球回 打者 被安打 被本塁打 奪三振 与四球 与死球 失点 自責点 暴投 ボーク 失策 防御率 WHIP
156 19 48 0 0 5.396 395.7 2094 442 32 107 358 154 436 371 40 2 8 152.52 38.87

吉田えりのツイッターやインスタグラム

https://twitter.com/49e_yoshida
吉田えりのツイッター
@49e_yoshida

https://ameblo.jp/yoshida-eri/
吉田えりのブログ
吉田えりオフィシャルブログ

吉田えりの高校や大学など学歴は?

吉田えりさんは屋久島おおぞら高等学校のサポート校・KTC中央高校を卒業しています。

「屋久島おおぞら高等学校」は通信制の学校です。

吉田えりの身長・体重は?

吉田えりさんの身長体重は

身長:155cm
体重:55kg

となっています。

吉田えりの結婚した旦那(夫)や子供は?

吉田えりの結婚した旦那は小松原鉄平さんです。

岡山県出身で、2007年に筑波大学を卒業、社会人野球は大坂ホークドリームや兵庫ブルーサンダーズで活躍。

吉田えりさんとは、兵庫ブルーサンダーズに在籍しているときに出会ったようです。

現在は現役を引退しBCリーグ・福井ワイルドラプターズ球団社長、日本独立リーグ野球機構事務局長を務めています。

「彼の野球や仕事など何事に対しても真っ直ぐで熱い姿に尊敬の気持ちを抱きました。私がアメリカ・石川県・栃木県とどこで野球をしてても心から応援してくれて、支えてくれたからこそ乗り越えられたこともたくさんありますし、今もこうしてナックルを投げ続けることができています」

吉田えりの年収は?

吉田えりさんは現在、エイジェックの女子硬式野球チームでプレイングマネージャーを務めています。

プロ契約の野球選手という経歴はありますが、現在はどちらかというと企業が運営する社会人チームのプレーヤーといった様子。

年収はおそらく所属するエイジェックの平均年収に相当するものとみられるので、金額は500万円程度になるとみられます。

ただ移動費や用具などは会社から支給されているはずなので、備品を自費で購入しなくて済む分を含めると年収はもう少し上振れしそうですね。

タイトルとURLをコピーしました