ゾディアック暗号文が解読!全文解明で事件の真犯人の名前は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ゾディアックキラー(Zodiac Killer)の殺人事件で最も厄介な謎の一つである「340暗号」と呼ばれるものの解答が、アメリカ、オーストラリア、ベルギーの暗号解読チームによって発見されました。

スポンサーリンク

ゾディアック暗号文が解読!

1969年11月、被害者の血のついたシャツと一緒にサンフランシスコ・クロニクル紙に郵送された手紙に書かれたゾディアック暗号文は、51年以上も当局やミステリー好きの頭を悩ませてきました。

「ドリッピング・ペン」カードと63文字からなる「340暗号(Z340)」と呼ばれます。

1968年と1969年にカリフォルニア州サンフランシスコ市内で5人を殺害したゾディアック

オーストラリアの暗号解読者、アメリカの数学者及びベルギーのプログラマーからなるアマチュアの暗号解読チームが、自分たちで開発した暗号解読プログラムを使い、340個の記号からなる、いわゆる「340暗号文」の解読に成功した。

解読された暗号には

「私を捕まえるのを大いに楽しんでほしい」
「テレビ番組に電話したのは私ではない」
「ガス室は怖くない。より早く私を天国に送ってくれるから」

などと記されていた。

なお、「408暗号文」と同様、「340暗号文」においても、パラダイスの綴りをPARADICE(正しくはPARADISE)と間違えている。

連邦捜査局は「340暗号文」の解読が事実であることを認めたが、今回の解読がゾディアック事件の犯人の手がかりになることはないとの見解を示した

The Zodiac Z32 cipher – Solution

ゾディアック暗号が解読されたのは今回で2回目です。1回目は、1969年にクロニクル紙、サンフランシスコ・エクサミナー紙、バレホ・タイムズ・ヘラルド紙に断片的に送られた1本の長い暗号で、サリナスの学校教師とその妻が解いた。

この暗号は「408暗号」と呼ばれ、次のような内容のものでした。

“I LIKE KILLING PEOPLE BECAUSE IT IS SO MUCH FUN IT IS MORE FUN THAN KILLING WILD GAME IN THE FORREST BECAUSE MAN IS THE MOST DANGEROUS ANIMAL OF ALL TO KILL SOMETHING GIVES ME THE MOST THRILLING EXPERENCE IT IS EVEN BETTER THAN GETTING YOUR ROCKS OFF WITH A GIRL THE BEST PART OF IT IS THAT WHEN I DIE I WILL BE REBORN IN PARADICE AND ALL THE I HAVE KILLED WILL BECOME MY SLAVES I WILL NOT GIVE YOU MY NAME BECAUSE YOU WILL TRY TO SLOW DOWN OR STOP MY COLLECTING OF SLAVES FOR MY AFTERLIFE EBEORIETEMETHHPITI”.

「私は人を殺すのが好きだ、それはとても楽しいからだ、それは森の中で野生の動物を殺すよりも楽しい、なぜなら人間は最も危険な動物だからだ、何かを殺すことは私に最もスリリングな経験を与えてくれる、それは女の子と一緒に興奮するよりももっと良いことだ、それの最も良い部分は、私が死んだとき、私はパラダイスで生まれ変わり、私が殺したすべての人は私の奴隷になるだろう、あなたは私の名前を教えないだろう、あなたは私の死後の世界のために奴隷を集めるのを遅らせたり止めたりしようとするだろうからだ」

暗号解読の専門家であるデビッド・オーランチャク氏によると、今回解明された暗号の文面には次のようなものがある。

「私はガス室を恐れない。私はガス室を恐れていません。なぜならば、ガス室は私をパラダイス(シック)にすぐに送り込んでくれるからです。」

ゾディアックキラーの事件は、FBIサンフランシスコ支局と地元の法執行機関のパートナーが引き続き捜査を行っていました。

ゾディアック暗号文が解読!全文解明で事件の真犯人の名前は?

2021年になってパリ郊外に住むエンジニア兼ビジネスコンサルタントがゾディアックキラーの最後の未解決暗号である「Z13」と「Z32」をついに解読した発表しました。

Z13とZ32は、それぞれの暗号文字の数から名付けられたもので、そのうちの1つは、当初の事件の容疑者であったローレンス・ケイという犯人の名前まで明らかにしたという。

The Zodiac Z32 cipher – Solution

Z32にある暗号鍵を当てはめてみたところ、文字がランダムに混ざっている状態になることを発見。

その中から一貫性を見出すために、さまざまな手法を試してみた結果

“Labor Day find 45.069 nort 58.719 west.”

という文脈を見出します。

Z32の文脈からすると、これは意味のあることでした。

ゾディアックキラーは1970年6月26日に、「スクールバスを消し去る」という脅しとともに、Z32暗号を送っていました。

「45.069 nort 58.719 west」とは地球の座標を表しているとすると、場所はサウス・レイク・タホの近くにある学校からほど近い場所にたどり着きます。

ゾディアックキラーが1971年に送った絵葉書の中に、サウスレイクタホのことが書かれていたことは既に判明しています。

Z32の解読に成功したことを受けてZ13暗号の解読を心いると、”My name is – “という説得力のあるフレーズで平易に始まることを発見。

その結果、ゾディアック事件の長年の容疑者であるローレンス・ケイに近い「KAYR」というフレーズが浮かび上がってきたのでした。

ゾディアックキラー事件を長年、追い続ける当局ではローレンス・ケイがゾディアックキラーではないかという疑いを持っていました。

彼はサウスレイク・タホの近くに住んでいて、ゾディアックキラーに遭遇しそうになった時に生き残ったと思われるキャサリン・ジョンズという女性が、後にローレンス・ケイを目撃したという証言を残しています。

How I cracked the Zodiac Killer's cipher
タイトルとURLをコピーしました