100v電化製品を110vコンセントで使える?壊れる?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

100V対応の電化製品を110Vのコンセントにつなげると使える?壊れる?

日本のコンセントはAC100Vですが、海外のAC110Vの製品を使うとどうなりますか?
10V程度だと問題なく動作しますか?

スポンサーリンク

100v電化製品を110vコンセントで使える?壊れる?

110V用の器具(コンセント)に100V用の電球や電化製品をを使っても携帯やパソコンのアダプターのような100-240V対応であればまったく問題ありません。

熱に変えない電化製品であれば、短時間使用可能です。

熱に変える製品は危険なので止めましょう。

ただし120Vは危険です、200Vでは即壊れます、最悪火災の事もあり、正常な電圧で使うべきです。

日本の家庭用コンセントの電圧は105V~95Vの範囲と決められています

コンセント器具が100V迄と決められた場合は電気用品法では105Vでは使えなくなります

その為に10Vの上限を作っています

110Vと書かれていても最大限105V迄しか着ていないので使えます。105Vは電化製品でもそこまでは余裕を持っているので大丈夫です

110V用電球というのは、100Vで使うと切れるまでの寿命が長くなって便利なため、交換しにくい場所の器具によく使われています(天井の高いところの吊り下げ器具とか、玄関とか。風呂の防水器具とか)

簡単に交換できる場所なら100V用電球で良いと思います

電気用品安全法で照明器具にラベルがこのように「50W100V」と表示されています。

これは表示されている「指定ワット数以下で使用してください。」と表しています。

「50W100V」のWは明るさではありません。消費電力表示の(ワットW数(電力))です。

明るさは「lx(ルクス)」です。明るさの計測は照度計を用います。
「50W100V」のVは電圧のことで、電力ではありません。

ラベルに表示されている「50W100V」の器具を90Wの電球を使用すると過熱により、本体の変形、火災の恐れがあります。

指定ワット・2.jpg電球器具に貼付されているラベルです。指定W数(W数以下)以外のランプを使用してはならないという証です

。ランプの消費電力は60Wまで使用できるという意味です。

※40W形の普通電球(一般電球)は使用できる。
※12W(60W電球相当の明るさ)の電球型蛍光灯は使用できる。
※9W(60W電球相当の明るさ)の電球型LEDは使用できる。
※90W形の普通電球(一般電球)は60Wを超えるので、使用出来ない。

ということです。

110v電化製品を100vコンセントで使える?壊れる?

日本の100V表記の電化製品は、90V~110Vで使えるように出来ています。
 日本のコンセント、電力会社から供給される電力は90~110Vです。 
  100Vではありません。100Vを目標に供給されるので、多少の上下があります。
  電化製品はその変動でも動くように出来ています。

  電力は±10%の範囲で供給される。
  製品は±10%の変動でも動くように出来ている。
  海外製品もほぼ同じです。

 ±10%を考えると。
 110V製品は、121V~99Vで動くように出来ています。

一般的に、日本のコンセントが98Vを下回ることはあまりありません

ただしタイマーは、多分電源の周波数を利用しているので、西日本(60Hz)、東日本(50Hz)とその国の電源周波数が異なるなら、かなり不正確なタイマーになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました