アダムスキー式腸活法を実践でやってみた感想は効果なし?

スポンサーリンク
0未分類

アダムスキー式腸活法とは、自然療法士(オステオパシスト)のフランク・ラポルト=アダムスキー(Frank Laporte‐Adamski)さんが考案した食事療法。

食材を消化スピードにより「ファスト」「ニュートラル」「スロー」のパターンに分類し、正しい食べ合わせをすることで腸への負担を減らそうというのがアダムスキー式腸活法となります。

スポンサーリンク

アダムスキー式腸活法は効果なし?

体の免疫システム(免疫器官)の80%が腸など消化管に集まっていると言われています。

生物によって脳みその容量や組織的な特徴など千差万別ではあるものの、どれだけ下等生物と呼ばれる個体でも必ず消化システムがあります。

消化管というのは、生物が進化の過程で最初に手に入れた組織であり、それだけ私たちの体にとって大切なものであるからこそ、体内の免疫システムを80%も使って消化管を守っているわけです。

アダムスキー式腸活法は、食材の組み合わせ・食べ合わせを正しく選ぶだけで『消化管の汚れ』を感嘆に取り除けるというもの。

腸を正常に働かせることができれば、それだけ免疫器官が腸を守る必要ががなくなり、体の他の部分で免疫機能を働かせることができるようになります。

「腸をきれいにすることがあらゆる病気を防ぐために欠かせない条件なのだ」と、アダムスキー博士は『腸がすべて』の中で強く主張しています。

最近では、自律神経と腸の働きにも密接なかかわりがあることが徐々に明らかになりつつあります。

自律神経の働きが乱れれば腸の働きが乱れるし、逆に腸の働きが乱れると自律神経の働きも乱れ、それが様々な体調不良に繋がることになります。

具体的には、自律神経失調症の症状されるものが挙げられます。

めまいや耳鳴りのするときが多い。
または立ちくらみをよく起こす。
胸が締め付けられる感じがする。
または胸がザワザワする感じが時々ある。
心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。
息苦しくなるときがある。
夏でも手足か冷えるときがある。
胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけなど)
よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す。
肩こりや腰痛がなかなか治らない。
手足がダルイ時が多い。
顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
朝、起きる時に疲労を感じる。
気候の変化に弱い。
やけにまぶしく感じる時がある。
寝ても寝ても寝たりない。
怖い夢をよく見る、または金縛りにあう
風邪でもないのに咳がよく出る。
食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和感がある。呂律が回らない時がある。

引用:https://www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/201008/jiritsusinkei_sp.html

他にも自律神経のバランスが崩れることで情緒不安定となり、イライラしやすくなったり気分の浮き沈みが激しくなったり、ストレス耐性が下がるといった影響も考えられます。

アダムスキー式腸活法で腸の働きを整えることで、自律神経のバランスも整うようになり、様々な体調不良やメンタルが安定するといった効果が期待できそうです。

アダムスキー式腸活法を実践してみた感想は?

タイトルとURLをコピーしました