アダムスキー式腸活法の食材の分類一覧!コーヒー、トマト、ヨーグルトは?

スポンサーリンク
0未分類

アダムスキー式腸活法とは、世界的に著名な自然療法士(オステオパシスト)のフランク・ラポルト=アダムスキー(Frank Laporte‐Adamski)さんが考案した食事療法

自身の難病をきっかけに「オステオパシー」(人間の自然治癒力を最大限に活かそうとする医学)に傾倒しアダムスキー式腸活法を構築するようになります。

■フランク・ラポルト=アダムスキー

高校時代からプロのアスリートを目指していたものの、「ショイエルマン病」という脊髄が硬化する病にかかったためにやむなく断念。しかし、そののち「自分の人生には別の新たな可能性があるはずだ」と前向きに考えられるようになり、「運動療法」を学びはじめた。

その結果、行き着いたのが「オステオパシー」(人間の自然治癒力を最大限に活かそうとする医学)。そこから人間の体全体の働きに興味を持ち、やがて「アダムスキー式腸活法」の基本を構築したのである。

1988年にドイツのハイルプラクティカー(代替医療専門医)国家資格取得。
2001年よりイギリス自然療法士協会会員。

ラポルト=アダムスキーは長年にわたり、酸味のある果物や植物油、低温圧搾法で作られたバージンオリーブオイルの摂取を奨励してきましたが、これらは今日では抗マラリア食品として認識されています。

最近の科学的発見によると、お腹は人間の第二の脳であり、そこには免疫防御機能が備わっているので、消化器官を詰まらせないことが重要です。

腰痛、頭痛、不眠、疲労、足の重さ、感染症、皮膚や循環器系の問題など、様々な問題の説明と具体的な解決策となるのがアダムスキー式腸活法です。

スポンサーリンク

アダムスキー式腸活法の食材の分類一覧

アダムスキー式腸活法では、

下りてくるのが速い食材(ファスト)
下りてくるのが遅い食材(スロー)
ファストでもスローでもない食材(ニュートラル)

の3つに分類されています。

消化の速い食材(ファスト)は、消化管全体を30分~2時間で「走り抜け」るのに対して、
「消化の遅い食材(スロー)は、口から胃までを4~5時間、さらに小腸を通過するのに7~9時間かかります。

ほぼすべての果物は「ファスト=消化の速い食品」のカテゴリーに入るそうだ(ただしココナッツやアボカドなどの例外もある)。

生の果物だけでなく、加熱したものやアルコール漬け、ジャムも同様。したがって、いちじくやナツメ、あんずやプルーンを乾燥させたドライフルーツも「消化の速い食品」と考えていいだろう。

なお、アダムスキー式腸活法の食材の分類一覧は書籍で詳しい解説と共に紹介されています。

『腸がすべて―世界中で話題! アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』

【世界中が絶賛!「汚れた腸」がよみがえる!「世界一シンプルな食事法」、いよいよ日本初公開!】
【世界のセレブを中心に実践者続出!SNSなどで大注目!】
【Googleの「最も検索されたキーワード」ベスト3に選出!!(本書の原著発売年、食事法ダイエット部門)】

★「アダムスキー式腸活法」は、ここがスゴい!
体の不調がみるみる消える!どんどんやせて若返る!免疫力まで上がる!

★「アダムスキー式」メソッドは、ここが画期的!
食べ物の「組み合わせ」を変えるだけ!
「つらい食事制限」も「キツい運動」も不要!
①食べ物を3つに分ける→「ファスト」「スロー」「ニュートラル」の3つ
②それぞれを分けて食べる→「ファスト」と「スロー」を一緒に食べるから、腸がよごれる!
たった、これだけ!

【「汚れた腸」が引き起こす7大リスク】
〔リスク1〕頭痛→頭に酸素が届かなくなる
〔リスク2〕不眠→原因はストレスだけではなかった!?
〔リスク3〕肌荒れ→乾燥肌は遺伝ではない
〔リスク4〕腰痛→腸との意外な関係が明らかに!
〔リスク5〕コレステロール→「体にいい脂肪」が取り込める
〔リスク6〕泌尿器の汚れ→「詰まりをとる」ことで本質的に解決
〔リスク7〕食道裂孔ヘルニア→十二指腸の「たまった汚れ」を剥がそう

【「アダムスキー式腸活法」7つの基本】
〔基本1〕「マインドフルな食事」を心がける
〔基本2〕「理想的な腸の流れ」を知る
〔基本3〕腸に必要な「すき間」をつくってあげる
〔基本4〕果物や非加熱のオイルをとる
〔基本5〕食事のときは携帯を手放す
〔基本6〕水は「軟水」を選ぶ
〔基本7〕「食べ物のコーディネート」を知る

アダムスキー式腸活法のファスト食材一覧

消化管を30分~2時間で通過する消化の速い「ファスト」に分類される主な食品は、果物、ヨーグルト、トマト、カボチャ、パプリカ、唐辛子など。

果物はドライフルーツやジャム、ジュースなどの加工品を含み、またカレー粉やパプリカパウダーといった唐辛子やパプリカ由来のスパイスも消化の速い食材です。

ハチミツ、メープルシロップ、ヨーグルト、緑茶もファスト食材でほぼすべての果物がファスト食材ですが、ココナッツやアボカドはスローなので注意が必要です。

アダムスキー式腸活法のスロー食材一覧

「肉」「魚」「野菜」「穀物」といった、消化の速いファスト食材以外の食材は、そのほとんどが8~10時間かけて消化される遅い食材「スロー」に分類されます。

私たちが栄養成分を摂取している食べ物の大半はスローで、生か加熱ずみかは関係ありません。

玉ねぎやなすといった、一部のニュートラル食材を除いてアボカドを含む野菜全般はスロー食材です。

海藻類
穀物(米、パン、麺類、ピザ、いも類)、こんにゃくなどの加工品
動物性・植物性タンパク質
ナッツ類、オリーブなど

がスロー食材です。

アダムスキー式腸活法のニュートラル食材一覧

スロー食材とファスト食材に比べれば数は少ないのですが、どちらにも当てはまらないのがニュートラル食材です。

アダムスキー式腸活法では、ニュートラル食材は一緒に食べた食品の消化スピードを速める(腸の流れを速くする)触媒のような働きをするとされています。

油、酢(ワインビネガーを含む)
にんにく、玉ねぎ、エシャロット、ケッパー、バジルなどのハーブ、わさび、こしょう、マスタードなどのスパイス
ワイン、ビール、コーヒー、紅茶、牛乳、砂糖
ビターチョコレート(ミルクチョコレートを除く)

スパイスの多くはニュートラル食材ですが、カレー粉とパプリカパウダーはファスト食材なので、スロー食材と組み合わせないように注意が必要です。

チョコレートはミルクチョコレートではなくカカオ70%以上のチョコレートがニュートラルです。

タイトルとURLをコピーしました