相棒で右京の離婚の理由は?宮部たまき(花の里)となぜ別れた?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

刑事ドラマ「相棒」で杉下右京(水谷豊)と小料理屋「花の里」の元女将・宮部たまき(高樹沙耶、本名:益戸育江)さんは結婚していたという設定の元夫婦。

なぜ右京とたまきは離婚することになったんでしょうか・別れた理由は?

スポンサーリンク

相棒で右京の離婚の理由は?宮部たまき(花の里)となぜ別れた?

杉下右京と宮部たまきが離婚して別れた理由について、ドラマ「相棒」でははっきりとは描かれていません。

ドラマの中のセリフから考えると宮部たまきが「頑固であまのじゃくなところに惹かれたけど、頑固であまのじゃくなところが夫としては嫌」として約1年で離婚したようです。

ただその後のストーリーから考えると、外務省公邸人質監禁・篭城事件(相棒 season1 最終回「特命係、最後の事件」 )の責任を、右京さんに押し付けられた時にマスコミに騒がれて、たまきさんに害が及ばない様に離婚してマスコミから、たまきさんを守ったのでは?という考察もみられます。

小野田官房長が、たまきさんに「あのときは」みたいに短い言葉でしたが謝ってるシーンもありました。

小野田官房長は外務省公邸人質監禁・篭城事件で強行突入を命じ、人質と警察官に死者を出すことに。

その際、粘り強い交渉で解決を目指した右京との確執の原因となって、左遷部署「特命係」誕生の背景となっています。

相棒で右京と離婚した宮部たまきのその後は?

宮部たまきはseason10の第一話「贖罪」からお店を閉店、という設定ででてません。

「お客様各位 突然ではございますが、思うところあり、店を閉めさせていただくことになりました。永年のご愛顧、心より厚く御礼申し上げます。 店主」

との貼紙がしてあり、右京さんが 「僕とした事が…長年の習慣とは、恐ろしいものですねー。(ため息)」と独り言を言った後、寂しそうに去って行きました。

その後、「花の里」では月本幸子が働くようになりましたが、彼女は以前、殺人未遂で捕まった美人容疑者です。

刑期を終えて出所して、会社社長宅の家政婦をしていた月本幸子は、社長から求婚されたが、様々な出来事から自分は殺されると勘違いした彼女は、勢いで経歴や前科を全て話してしまいました。

結局誤解だったが、結婚も仕事も無くなり、路頭に迷う彼女に右京は、服役中に調理師免許を取得したし丁度いいと花の里の女将の職を与えたということです。

タイトルとURLをコピーしました