アナスイ(ANNA SUI)販売終了はコスメ?閉店する店舗やアナスイ閉店セールは?

スポンサーリンク

アナスイは1996年に日本上陸し2016年で20周年を迎えたものの、事業はあまり芳しくなかったようですね。

アナスイはファッションデザイナー、アナ・スイが1980年にスタートしたニューヨーク発のデザイナーズブランドで、
クリスマスコフレは毎年、あらかじめ予約しておかなければ買えないほどの人気ぶりだっただけに残念です。

三越伊勢丹HDが「アナ スイ」事業を終了 20年3月までに直営店を閉店 | WWDJAPAN.com
三越伊勢丹ホ―ルディングスは、「アナ スイ(ANNA SUI)」事業を2020年3月末で終了する。婦人衣料および雑貨のブランドライセンス事業、輸入販売、卸事業から撤退する。国内のアウトレット含む12直営店を同月までに順次閉店する。
スポンサーリンク

アナスイ(ANNA SUI)販売終了はコスメ?

アパレル業界ではつい先日、forever21が事業清算のため日本から完全撤退していましたが、
それに続いて三越伊勢丹がアナスイ(ANNA SUI)事業から撤退を表明し、景気が良いんだか悪いんだかよくわかりませんね。

消費税を上げている余裕なんかあるのかな(余計なひと言)とも思いますが、
今回の件でアナスイ(ANNA SUI)の商品がすべて販売終了になるわけではありません。

三越伊勢丹は「オンワード樫山」というアパレル会社を通じてアナスイ(ANNA SUI)とライセンス契約(販売権獲得)をしていて、
数あるアナスイ(ANNA SUI)の商品ジャンルの中でも三越伊勢丹が販売権を有していたのはアパレル(服飾)分野です。

三越や伊勢丹に行けば様々なブランドショップがありますが、アナスイ(ANNA SUI)のアパレルフロアがなくなるだけで、
その他のアナスイ(ANNA SUI)の商品は今後も販売が継続される見通しです。

アナスイ(ANNA SUI)は、

  • バッグ・財布・革小物
  • アクセサリー
  • ハンカチ・ポーチ
  • 化粧品(コスメ)

といったジャンルごとにライセンシー(販売権)が存在していて、
各ジャンルの販売権を有しているアパレル会社は引き続き、三越や伊勢丹にアナスイ(ANNA SUI)ブランドの
化粧品(コスメ)やアクセサリーの出店を続けるものと思われます。

閉店する店舗やアナスイ閉店セールは?

三越伊勢丹がアナスイ(ANNA SUI)を販売終了すると言っても今回はアパレルのみなので、
人気のコスメがもう手に入らない!というわけではないものの、閉店予定の店舗は、
下記の三越・伊勢丹系列の百貨店のうちアパレルの取り扱いがある店舗のみとなります。

  • 三越日本橋本店
  • 三越銀座店
  • 三越恵比寿店
  • 札幌三越
  • 仙台三越
  • 新潟三越
  • 名古屋三越栄店
  • 名古屋三越星が丘店
  • 広島三越
  • 高松三越
  • 松山三越
  • 福岡三越
  • 伊勢丹新宿本店
  • 伊勢丹立川店
  • 伊勢丹浦和店
  • 静岡伊勢丹
  • 新潟伊勢丹
  • ジェイアール京都伊勢丹

2020年3月に販売終了となっていますが、現時点では閉店セールが行われるかどうか発表はないものの、
在庫を残しておいてもなんのメリットもないので販売終了前に閉店セールを開催して一斉に在庫処分するものと思われます。

時期としては、早ければ2020年3月に入ってすぐ1ヶ月、短ければ2020年3月の最終週に1週間だけ閉店セールが行われることが予想されます。

アナスイ(ANNA SUI)販売終了に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました