アンソニー・ガルシアがウィリアム・ハンター医師家族連続殺人の犯人!

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

アンソニー・ガルシア( Anthony Garcia)によるウィリアム・ハンターなど医師やその家族ばかりを狙った連続殺人事件が世界が騒然!本当にあった?衝撃ファイルで紹介されました。

■世界が騒然!本当にあった?衝撃ファイル【震撼の連続殺人SP】放送内容
2008年、アメリカ・ネブラスカ州。
エリート医師一家が、突如悲劇に見舞われた。息子と家政婦が首を執拗に切り裂かれ殺害される。
凶器のナイフが遺体の首に残されていたが、有力な手がかりを得られぬまま、捜査が打ち切られてしまう…。
それから5年後、再び別の医師一家が惨殺される事件が発生。犯行手口も同じ。エリート医師ばかりを狙う連続殺人。事件の結末は!
https://tv.yahoo.co.jp/program/101286188

スポンサーリンク

アンソニー・ガルシアがウィリアム・ハンター医師家族連続殺人の犯人!

The Revenge of Dr. Garcia

2008年3月13日、アメリカ・ネブラスカ州オマハにある医師ウィリアム・ハンターの自宅で、

ハンターの息子トム (11歳)
家政婦のシャーリー・シャーマン (57歳)

が殺害される事件が発生。

捜査員は、シャーマンの首にはナイフで切り裂かれた痕があり、トムも首に複数の刺し傷がありその深さは頸動脈と頸静脈を切断する程であった。

捜査員は、怨恨による犯行だと推理しゲーム好きのトムがオンラインゲームでトラブルに巻き込まれていたのではないかと捜査を始めます。

5人の容疑者が捜査線上に浮かぶもアリバイが成立して犯人特定に至らずコールドケース(未解決事件)となります。

すると今度は5年後の2013年5月14日、同じ、オマハで医師ロジャー・ブルームバック (♂) とその妻メアリーの遺体が発見される。

だが警察は夫妻殺害の犯行現場と5年前に発生し未解決となっていた11歳の少年トムと家政婦シャーマンの事件との共通点を見つけました。

どちらの事件も殺害に使用された凶器 (ナイフ) は犠牲者の家にあった物であり、傷が首に集中していること、そして的確に頸動脈と頸静脈を切断していました

トムの父親ハンターと5年後の事件の被害者のロジャー・ブルームバックはクレイトン大学医学部病理学科で働いていて同僚だったのでした。

またハンターとロジャーの下で働く研修医で後にクビを言い渡された医師がアンソニー・ガルシアでした。

警察は両者を知っているアンソニー・ガルシアが犯人だと確信。

イリノイ州南部に車を運転中に警察官に呼び止められて逮捕されました。

ガルシアは職場で常に怒っているような素振りをみせ、同僚に叫んだりする事が多いなど素行が悪く、勤務態度も良くなったようで2008年2月、ガルシアはハンターとロジャーの反対で医師免許を更新が認められなかったことから医師になることができず、さらに解雇となっていました。

アンソニー・ガルシアは医師として再就職を試みるが、新しい職場が見つからなかった。

ガルシアは精神的に追い詰められていったようです。怒りをハンターの家族に向けたのだと思われました。

自身を解雇しただけでなく、医師免許の更新にも反対された事が犯行の動機とみられます。

アンソニー・ガルシアは、シャーマンとトム殺害後の2012年9月なんとに医師免許を再度申請していますが、再びハンターとブルームバックにより拒絶されています。

この再度の拒絶により今度はブルームバックの家を襲撃すると、ロジャー・ブルームバック とその妻メアリーの命を奪ったのでした。

裁判が始まると、ガルシアの弁護士はどちらの犯行現場にも物的証拠は一切ないと主張。

たまたまガルシアの元職場の上司が狙われただけであり、復讐などではなく単なる偶然による物盗りの犯行だと弁護します。

確かに犯行現場にはガルシアの犯行だと結び付ける証拠は一切なかったが、ガルシアがブルームバックの住所をオンラインで調べていた事が警察の捜査で判明しています。

また、4人は頸動脈や頸静脈という重要な血管を切り裂かれていたが、これは医師のように知識がある人間による犯行だという事を裏付けていた。

ガルシアの弁護側は本人ではなくハウスキーパーと息子を殺した理由が不明と主張するも、検察官は本人を殺害するより息子を殺した方が本人にとってはより残酷な事ではないかと反論。

ガルシアはハンターを殺害しようと家に侵入したが、たまたまハンターが家にいなかっただけだと述べた。

弁護側はなおも2つの犯行現場には確かに類似点はあるものの、何件も類似しているというわけじゃないとして、このわずか2件の犯行現場のみでガルシアによる犯行だと決めつけるのは無理があると主張。

また、犯行があったのはネブラスカ州オマハであったが、ガルシアが住んでいたのは当時インディアナ州であり、距離にして約600マイル (約1000km) も離れていました。

その為、わざわざ復讐の為にやってくるかという事も疑問視されましたが、2017年10月、ガルシアは4人殺害により有罪判決が下された。

検察官は、ブラムバックが殺害された日にオマハとその周辺にガルシアを置いたクレジットカードや携帯電話の記録など、大量の状況証拠を提示しました。

ある領収書は、ブラムバックスを襲撃から2時間以内に、ガルシアが手羽先のレストランで食事をしていることを示していました。

検察官はまた、2013年5月10日、ブラムバックスが殺害された同じ日に、ガルシアが別のクレイトン医科大学の教員を攻撃しようとしたという証拠を提示しました。

2018年2月28日、ガルシアには死刑判決が言い渡されますが、判決を不服としてすぐに控訴。

同年6月には曖昧な発言ではあったものの一部殺人を認めています。

Anthony Garcia sentenced to death

■ガルシアの生い立ち
母は苦労して看護師になって
貧しい生活からなんとか這い上がることができていました。

ガルシアは小さい頃から成績優秀で
両親の口癖が「医者になれ」と言われて育ちました。

27歳の時に、クレイトン大学で研修医として雇ってもらえると
両親に伝えるととても喜ばれました。

しかし、現実は厳しくミスを連発、知識も技量もなかったのでした。
結局、ハンター教授から解雇を言い渡されました。

ハンター教授の計らいでガルシアは
イリノイ大学で再び研修医を続けることができました。

しかし、2年後体調の悪さから退職。
またガルシアは医者になることができなかったのでした。

医者になることができず自暴自棄に
高額な学費を両親に払ってもらって、医者になれないことに
悩み、自暴自棄になり、車の排気ガスを使おうとするも
すぐに弟に発見され

て一命を取り留めます。

タイトルとURLをコピーしました