このapple idは有効ではありません ログインできない!mac・iphone

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

iphoneやiPad、Macなどで

「このApple IDは有効ではありません。」
「このApple IDは有効でないかサポートされていません。」

というメッセージが表示され、appleアカウントにログインが出来なくなってしまった場合、どうすれば良いんでしょうか

スポンサーリンク

このapple idは有効ではありません ログインできない!mac・iphone

apple製品で、

「このApple IDは有効ではありません。」
「このApple IDは有効でないかサポートされていません。」

というメッセージが表示された場合、まずはアカウントページにサインインできるか確認してみましょう。

Apple ID を管理・使用する
Apple ID とは、App Store、Apple Music、iCloud、iMessage、FaceTime などの Apple のサービスを利用するときに使うアカウントのことです。一組の Apple ID とパスワードで Apple のすべてのサービスにサインインすることができます。

もしくはApple ID のパスワードを何度も間違えたのであれば、パスワードのリセットで改善するか確認してみましょう。

Apple ID がロックされた場合や使用できなくなった場合
本人や第三者がパスワードやその他のアカウント情報を何回も間違えて入力した場合に、アカウントへのアクセスを復旧する方法をご案内します。 
Apple ID のパスワードを忘れた場合
Apple ID パスワードを入力してもサインインできない場合や、パスワードを忘れてしまった場合は、下記の方法でパスワードをリセットして、新しいパスワードでサインインし直してください。

それでもダメならAppleに問い合わせてください。

Apple IDとパスワードは間違いなく正しいものなのにサインインできないのであれば「アカウントが無効化」されていると言うことです。

原因はさまざまですが、アカウントが有効なままだと誰かに被害が及ぶ可能性のあるときシステムが判断して無効化されたり、実際に被害があった場合Appleによって無効にされます。

Appleに電話して無効化を解除してもらうしか方法はありません。

お問い合わせ - Apple サポート 公式サイト
iPhone、iPad、Mac などの Apple 製品やサービスについて、電話やチャットで問い合わせたり、修理サービスを申し込んだり、Genius Bar の予約をしたりできます。

ちなみに、何らかの問題で、Apple IDがロックされた場合

「この Apple ID は、セキュリティの問題により使用が停止されています」

「セキュリティ上の理由によりご利用のアカウントが無効になっており、サインインできません」

「この Apple ID はセキュリティ上の理由からロックされています」

といったメッセージが表示されます。

タイトルとURLをコピーしました