エイプリル誘拐事件の犯人は誰?動機や判決は?

スポンサーリンク
0未分類

エイプリル・ティンスリー(April Marie Tinsley)がインディアナ州フォートワイン(アメリカ)で1980年3月18日に姿を消した失踪事件。

それから約2週間後の1988年4月1日にはエイプリル・ティンスリーは残念ながら遺体となった発見されていますが、犯人は誰なんでしょうか?動機や判決は?

The Tragic Case of April Marie Tinsley
スポンサーリンク

エイプリル誘拐事件の経緯

1988年4月、当時8歳のエイプリル・ティンズリー(April Marie Tinsleyがインディアナ州フォートウェインのアパートの友人の家から帰宅するために歩いていました。

ですが、エイプリル・ティンズリーが夕食の時間になっても帰ってこないことから母親は警察に通報するも、何の音沙汰もなく、絶望的な捜索は3日続きました。

そして、インディアナ州スペンサービルのすぐ西側の溝でエイプリルちゃんの遺体が発見されたのでした。

調査の結果、強姦され窒息死していたことが明らかになりました。

エイプリル誘拐事件の発生から捜査時系列

1988年4月1日:ウェスト・ウィリアムズ・ストリート300ブロックに住む8歳のエイプリル・マリー・ティンズリーは、ウェスト・サッテンフィールド・ストリート300ブロックに住む友人に「他の女の子の家に傘を取りに行く」と言った後、午後4時頃に姿を消した。フェアフィールド小学校の1年生は、イースト・ホーグランド・アベニューの2300ブロックにある友人の家にはたどり着けなかった。

1988年4月4日:フォートウェイン警察の25人の警官からなるタスクフォースが、50人の民間の捜索隊に加わってティンスレーを捜索する。近所の少女が、ティンスレーが30代の白人男性にボロボロの青いピックアップに押し込まれているのを見たと報告してきたが、大規模な捜索では確かな手掛かりが得られなかった。午後3時半、デカルブ郡のジョギングをしていた人が、スペンサービルの西、郡道47と51の間にあるデカルブ郡道68の北側の溝の底近くに転がっているティンスレーの遺体を発見する。少女は別の場所で殺されて溝に捨てられたようだ。検死の結果、ティンスレーは性的虐待を受け、窒息死していた。遺体が発見された時、彼女は死後2日近く経っていた。

1988年4月5日:日曜日の早朝、デカルブ郡道68号線の真ん中に青いトラックが止まっているのを見たという運転手の報告があった。地元のラジオ局2社が報奨基金を設立。Tinsleyの家族のためとTinsleyの埋葬のための2つの基金が設立される。

1988年4月6日:警察は、水色のボロボロのピックアップトラックの捜索を強化。オハイオ州コロンバスの関係者と情報交換し、ティンズリー誘拐事件と3月31日に起きたコロンバスの9歳の少女の失踪事件との関連性を探っている。

1988年4月7日:警察は、4月1日午後3時から4時の間にHoagland Avenueの2300ブロックでTinsleyと一緒にいるのを目撃した男の似顔絵を発表した。この男は30代、体重150ポンドで、ボロボロの青いピックアップを運転していたという。この似顔絵を見て、電話が殺到した。

1988年4月8日:フェイス・ユナイテッド・メソジスト教会に150人の弔問客が集まり、ティンズリーの追悼式が行われた。

1988年4月11日:警察は、140人以上の人々がクライム・ストッパーズに電話して、この男が似顔絵に似ていると報告したことから、34歳の男をティンスレー殺害の容疑で捜索すると発表した。また、通報者からは、この男性がティンズリーの死を知っていると友人に話していたことや、青色のピックアップが自宅の外に何度も駐車されていたことなどが報告されています。フォートウェイン警察は、この男を8時間にわたって尋問した後、1987年10月にウェスト・バトラー通りのアパートで11歳の少女に痴漢行為をしたという別件で起訴する。警察は、ティンズリーの遺体から採取した毛髪や体液のサンプルと比較するために、彼とこの事件で取り調べを受けた他の数人の男性から血液や毛髪のサンプルを採取する。彼はアレン郡刑務所に1万ドルの保釈金で拘束されている。フォートウェイン警察は、インディアナ州警察とデカルブ郡の捜査官を含めた捜査の調整を引き継ぐ。

1988年4月20日:ティンスレー家の近隣住民を中心とした約25人のボランティアが、行方不明の子供たちの捜索を組織するために、APRIL(Associated Parents Regional Independent League、後にAbduction Prevention Reconnaissance and Information Leagueとなる)というグループを結成する。

1988年4月26日:Tinsley殺害事件で尋問を受けた5人の男性の毛髪と血液のサンプルが、Tinsleyの遺体から採取されたサンプルとともに、DNAタイピングのためにミズーリ州ジャーマンタウンの民間研究所に送られた。

1988年5月5日:警察は、オカルトに関わっていると噂される数人の男性を尋問した結果、ティンズリー殺害の動機として悪魔崇拝を調査。

1988年5月24日:この34歳の男は、無関係な1987年10月の児童虐待の容疑が無罪となり、刑務所から釈放された。警察によると、彼はTinsleyについての質問で2つのポリグラフ検査に合格したという。彼はTinsley事件では起訴されなかった。

1988年8月9日。警察は、4月26日にDNA研究所に送られた髪の毛と血液のサンプルが、この事件で尋問を受けた男性を容疑者として除外することも含めることもできなかったと発表した。

1988年10月5日: ティンズリーの遺体から犯人と思われる人物のDNAが検出されず、捜査が停滞。

エイプリル誘拐事件の犯人が殺害を脅迫

エイプリル誘拐事件の犯人の手がかりが掴めない中、犯人からは自分の犯罪を自慢しているかのように、再び殺害すると脅迫が届きます。

事件から2年以上が経過した1990年7月7日。警察は、エイプリルちゃんの遺体が発見された場所からそれほど遠くないセント・ジョセフ・タウンシップの納屋のドアに鉛筆やクレヨンで書かれたメッセージを調査した。

そこには 「I kill April Marie Tisley I kill again(私は8歳のエイプリル・ティンズリーを殺します。私はまた殺すでしょう)」と綴られていた。

このメッセージの存在は5月に知らされていたが、それはフォート・ウェイン在住の7歳のサラ・ジーン・ボウカーが1990年6月14日にコールドウォーター・ロード沿いの彼女が住んでいた集合住宅のすぐ南側で遺体で発見された同様の殺人事件の約3週間前のことだった。

納屋の近くで、メッセージを書くのに使われた道具が発見されたが、それが何であったかは明かされなかった。

1991年8月7日、FBIはティンズリーとボウカーの両事件の容疑者と思われる人物の行動プロファイルを作成。

証拠を分析した結果、FBIはエイプリル・ティンズリーとボウカーはおそらく異なる人物によって殺害され、ティンズリーの死にはおそらく複数の人物が関与していると想定しています。

エイプリルちゃんを殺害した殺人犯は、2004年に再び出現するまで調査はさらに難航し14年間静かに時ばかりが経っていきました。

2004年春、フォートウェイン地域に住む住人に4つのメモが届くのです。

何枚かそのメッセージは、庭に置いてあった女の子用の自転車の上に置かれていました。

あるメッセージはバギーの中に置かれていました。

それらのメッセージは、使用済みのコンドームと、殺人犯の下半身のポラロイド写真が一緒に置かれていたのです。

そして、それらのメッセージにはエイプリル・ティンズリーちゃんのことも書かれていたのです。

「こんにちは、私はあなたをずっと見ていました。私は強姦してエイプリルを殺害した同一犯です。明日、地元のニュースに出ていなかったり、あなたはこのメッセージを警察に通報していなければ、私はあなたの家を爆破します」

警察は、このメッセージと一緒にあった使用済みコンドームからのDNAがエイプリルちゃんの犯行現場で見つかったDNAと一致したことを確認できました。

しかし、殺人犯からはこれ以降何も手がかりはなく、脅迫するようなこともしなかったのです。

エイプリル誘拐事件の犯人逮捕はDNA家系図

30年間未解決だったエイプリル誘拐事件を解決したのはシー・シー・ムーアという科学者でした。

2018年5月、フォートウェイン警察署の刑事が容疑者のDNAのサンプルをDNA分析サービスの会社「Parabon Nanolabs」に送り、同研究所の調査結果を用いた系図学者・シー・シー・ムーアが、容疑者ミラーを含む2人の兄弟に絞り込みます。

2018年7月、警察は容疑者ミラーのゴミから3つの中古コンドームを含む、いくつかの品物を収集し、ティンスレーの下着から作成されたプロファイルと一致することが判明しました。

それによって2人の兄弟のうちの1人(ミラーのうちの1人)に結び付けることができました。

コンドームを残した人物がエイプリル・M・ティンスリーをレイプして殺害したという内容のメモも残されていました。

7月15日、インディアナ州警察の刑事は容疑者の自宅の前でジョン・D・ミラー(John D. Miller)と接触し、エイプリルティンズリー殺害をほのめかす供述が得られたことで殺人、児童虐待および監禁の予備罪で逮捕に至ります。

アメリカでは移民が多いという社会的背景を受けて、自分のルーツ(祖先)を知るために家系図サイト「GEDmatch」を使って親族を識別する人が多い国。

異人種間の結婚が増えていることに加え、養子縁組が多いことから実親を探す人も少なくないため、登録する人が増えているそうです。

「GEDマッチ」の家系図サイトは、遺伝子系図学に基づくDNA情報を提供し、先祖や血縁者を検索することができます。

家系図を見ることでお互いの存在すら知らない血縁者も発見できたり、この遺伝子系図学がコールドケース(迷宮入り事件)の解決にも貢献していることから、新たな法律も整備されているほど。

実際にフ―ジャー州(Hoosier)で重罪犯罪で逮捕されるとDNAサンプルの提出する義務も課せられるようになり、プライバシーの侵害を訴える人も少なくないそうです。

DNAが似た人間を調べると膨大な量になりますが、その中から絞りだすのは、実はそこまで難しい話ではありません。

事件が起きた年から犯行可能な年齢内で探せば、ある程度限られます。さらに男性ということであれば、その半分になります。

人が生きられる限界の年数は実質100歳で犯行が可能な年齢となると10~80です。これらの条件だけでも、100人前後に絞られます。

後はDNAが一致するまで採取を繰り返せば、いずれ犯人が判明します。

エイプリル誘拐事件の犯人の動機・判決は?

エイプリル誘拐事件の犯人はジョン・ミラーというトラック運転手の男でした。

犯人が現場に文字を残すなどの異常性もあったことから、米国中に知れ渡りました。

ちなみに犯行現場付近の塀に残されていたスペル間違いだらけの犯行声明は、捜査当初は頭の切れる犯人が印象操作するためにわざとスペル違いや拙い字を残したと判断されていましたが、犯人は軽度の知的障害のある足が不自由な男性でした。

動機は自身がペドフィリアのために、そういったことに興味があったとのこと。

逮捕後の調査で沢山の余罪があったとされています。誘拐現場には、ジョン・ミラー容疑者が残したと思われるDNAが付着した遺留物が置かれていました。

そのDNAが、年月が経つにつれて、ネットワークシステム技術が発達し、容疑者へとつながる唯一のカギとなりました。

ミラーは警察に対し、フォートウェインでエイプリルを誘拐し、グラビルの自分のトレーラーに連れて行き、性的暴行を加えた後、警察に通報されないように殺害したと話している。

その後、1988年4月2日未明にエイプリルの遺体をスペンサービル近くのデカルブ郡道68号線まで運び、遺体を捨てたという。

8歳のエイプリルティンズリーちゃんの殺害で50年、子供の虐待で30年という判決をミラーは受け入れたのでした。

タイトルとURLをコピーしました