荒ぶる季節の乙女どもよ。相関図(曾根崎り香,須藤百々子,本郷ひと葉)

スポンサーリンク
未分類

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」は2019年7月にはアニメイズムの放送枠でアニメ化もされていましたが2020年9月から実写ドラマ化。

原作は岡田麿里さんという方で「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の脚本を書いた人といわれるとピンときて、ドラマやアニメ、原作漫画も見てみたいと思う人は多いんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

荒ぶる季節の乙女どもよ(ドラマ)相関図

性に振り回され、悩む文芸部に所属する5人の女子高生はそれぞれ下記の方々が出演します。

  • 山田杏奈 小野寺和紗役
  • 玉城ティナ 菅原新菜役
  • 横田真悠 曾根崎り香役
  • 畑芽育 須藤百々子役
  • 田中珠里 本郷ひと葉役
  • 井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.) 典元泉役
  • 前田旺志郎 天城駿役
  • 古川雄輝 山岸知明役
  • 鶴見辰吾 三枝久役
  • 田川隼嗣 杉本悟役

小野寺和紗は妄想気味な文芸部員
菅原新菜はミステリアスで大人びた雰囲気で舞台子役もしていた美少女
曾根崎り香は男女交際潔癖症の文芸部の部長
須藤百々子は小野寺和紗の親友で同じく文芸部員
本郷ひと葉は自身で小説も執筆している文芸部2年生

TVアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」第2弾PV

小野寺和紗 – 山田杏奈

中学時代は泉との距離が近く彼に好意を寄せる周囲の女子たちから妬まれいため高校入学後は泉とは極力距離を置くように。
泉は家族のような存在でお互いに性的な目では見られない間柄だったものの分の恋心に気づいていく。

和紗は、戸惑いながらも真っ直ぐ進んでいく様がとても魅力的な子だと思いました。
十代の一瞬のゆらぎを、勢いを大切に、かつ柔軟に表現していきたいです。
今までにないようなドラマになるのではないかと思います。
個性豊かで愛らしい文芸部員たちの「荒ぶる」様を是非楽しみにしていてください!

菅原新菜 – 玉城ティナ

クラスの男子からは「掃き溜めに鶴」と言われるが人目を引く美少女。

見知らぬ男性から付きまとわれがちで、そのあしらい方に詳しいが実は三枝とのデート以外に恋愛経験があるわけでは無い。

菅原新菜役を演じさせてもらう事になりました、玉城ティナです。脚本を読んだ時に一番新菜に共感しました。彼女の突拍子のなさ、かわいらしさ、冷静さ、奥底に抱える矛盾を、ひとつひとつ取り出していきながら、しかし異質な存在ではなくあくまでも一女子高生として描ければと思っています。文芸部、私も学生だったら入りたかったな。

曾根崎り香 – 横田真悠

眼鏡を外して髪を下ろすとモデルの「えり香」似の容姿端麗となる。
潔癖かつ堅物な性格で、クラスで性に奔放な会話をする女子たちに苦言し対立

曾根崎り香を演じさせていただくことになりました、横田真悠です。
オーディションに受かったと報告を受けたときは、とても嬉しく、ワクワクしたことを覚えています。
原作の漫画やアニメを見て、曾根崎はいろんな面を持っている女の子だと感じました。一瞬で何十個もの言葉やフレーズが頭の中で動いているような、強がりで、正義感や真面目さも持ちつつ、高校生ならではの新鮮な姿を大切に演じたいと思っています。荒ぶる私達の純粋な気持ちを、青春を、一緒に感じていただけたら嬉しいです。

須藤百々子 – 畑芽育

性的に奥手で今まで男性を好きになったことが一度もなかったという。高校生なって経験した初恋も一風変わったもの

愛おしいこの文芸部の一員として今回実写ドラマに出演させていただけること、とても嬉しく光栄に思います。
思春期ならではのもどかしくて甘酸っぱい大切な瞬間を、もーちんの切ないながらも美しい感情を全力で表現していきます。荒ぶる季節の乙女どもよ。9月の放送を楽しみに待っていてください。

本郷ひと葉 – 田中珠里

出版社に自著の小説の原稿を持ち込みをしているが、編集者からはリアリティが無いと評されている。

出逢いや言葉で少しずつ少女から大人へと変わっていく姿や、其々の個性の豊かさに、きっと登場人物の中の誰かに共感して応援したくなる様な作品です。この作品に対するスタッフさんの計り知れない想いを感じています。その想いに応えられるよう、まだまだ未熟な自分に対する悔しさと弱さを乗り越えて本郷ひと葉を全身全霊で演じます。沢山ぶつかって忘れられない存在になるように荒ぶっていきたいと思います。

井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.) 典元泉役

和紗の隣家に住む幼馴染の男子。親同士も仲がよく、家族ぐるみの付き合い
和紗が暗い中学校生活を送った原因が自分にあることに気づいており、今度は自分が彼女を守らなくてはと気にかけている。

泉くんの真っ直ぐなところや、天然で可愛らしい部分など、荒ぶる乙女たちに振り回される泉くんを自分のできる全てをぶつけ、全力で演じたいと思います!

前田旺志郎 天城駿役

り香のクラスメイトの男子。り香を「モデル系」と褒め、人懐こく接する。

天城は真っ直ぐで明るくてとても愛おしい、大好きなキャラクターです。そして荒乙のキャラクターの中で唯一「好き」という気持ちを素直に伝える事のできるカッコいいやつなんです。撮影ではそんな天城をリスペクトしながら、第二の青春を楽しみたいと思います!天城の恋、皆さん応援お願いします。

古川雄輝 山岸知明役

お互いに正体を知らないままひと葉とエロチャットを楽しんでいた。オフで会おうというひと葉の誘いに応じたがために同じ高校の教師と生徒だったと発覚。

今回は若いキャストの方が多く、高校生を演じる皆さんと対照的に、私が演じる山岸先生は、大人としての魅力や余裕を出せるようにしたいと思います

鶴見辰吾 三枝久役

新菜が所属していた当時の劇団そよ風の演出家。行動の予想のつかない女児に惹かれるロリータコンプレックスの持ち主

台本を読んでたら、可愛くて可笑しくて思わず吹き出してしまった。青春の只中で、誰かを好きになってしまうっていうのは、こんなにも狂おしいのか。何十年も前に感じたあの甘酸っぱさや、ほろ苦さを思い出す。自分の出てないシーンを見るのが楽しみ。

田川隼嗣 杉本悟役

百々子の小学校時代の同級で、同じ予備校に通う他校生。

杉本自身は気が付いていないかもしれないですが、この役は『愛すべきチャラさ』を持つ可愛らしいキャラクターだと思っています。演じながらひしひしと感じました(笑)。今までになかった新しい形の青春作品なので、僕も放送を心待ちにしながら杉本悟を演じます!頑張ります!

荒ぶる季節の乙女どもよ(ドラマ)あらすじネタバレ

あなたの“はじめて”を、わたしにください──。
風変わりで個性的な部員たちが集う文芸部に所属する女子5人。部が「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、部員の一人が投じた「セックス」の一言……。その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める。

日頃から性的な朗読をしていたことから苦情が入り、校長から文芸部の廃部が言い渡される。
顧問をつけることを条件に廃部撤回することを取りつけた部員たちは、本郷と匿名でアダルトチャットをしていた山岸知明(ミロ先生)が、半ば脅迫される形で顧問として就任することになる。

文化祭が近づくある日、文芸部は「文化祭にまつわる恋の伝説」を考案するよう他生徒に依頼され、曾根崎は依頼を引き受ける。
恋の伝説を考えるため、文芸部の5人は山岸の両親が運営するペンションで合宿を行い、曾根崎は「キャンプファイヤーで炎に照らされた相手の影の心臓の部分を踏みながら好きですと呟くと恋が叶う」を伝説に決定する。
https://amzn.to/2P7cs0V

荒ぶる季節の乙女どもよ(ドラマ)感想

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」は性の悩みに揺れ動く乙女たちの恋と成長、コンプレックスを描いた青春群像劇です。

思春期の葛藤、もやもや、悩みが深すぎて、あまりに難しくて答えのない命題で、だから脱線

1話は凡庸ですが、次第に盛り上がり、10話くらいでピークを迎え、徐々に収束していきます。

久しぶりに本当に面白くハラハラさせられるアニメを見ました。
文学少女と性の衝突は確かに避けられないことを気づかせてもらったアニメ

うざいほど気持ち悪い自意識が許される年頃。
がしかし、だからこそ、キラキラして可愛くて、キャラが魅力的でした。

ギャグかと思ったらシリアスで、かと思ったらギャグで。でも皆真剣。
不思議なアニメだったけど、これは新しい感じのアニメだった気がする。

岡田麿里らしさ溢れる青春と性を題材にした作品。思春期真っ只中の女子高生の性欲が描かれている。こういうの好きだなあ。

タイトルとURLをコピーしました