エアバスA320(ANA)に32G!国内線に180席のエアバスA320(32G)が話題に

スポンサーリンク

従来のエアバスA320(ANA)の代表的なスペックは下記のような感じでした。

座席数:166席
全長:37.6 m
全幅:34.1 m
全高:11.8 m
巡航速度:840 km/h
航続距離:2,380 km
最大運用高度:11,900 m
最大離陸重量:67.0 ton
エンジン型式名:CFM56-5A1
エンジン推力;11,340 kg X 2基
搭載燃料量:24 kl

大幅が変更があったわけではなっそうですが、
LCCの座席仕様である新型コンフィグ32Gが登場し座席数が180席に増えたようです。

スポンサーリンク

ANA国内線に180席のエアバスA320(32G)が話題に

エアバスA320といえば、生産数:15,321機を誇るエアバスのベストセラーで、
ANAの他、ブリティッシュ・エアウェイズ、エールフランス、エアアジア、ユナイテッド航空
など数多くの航空会社で採用されている機体でもあります。

基本的に真ん中の通路を挟んで両側に3座席(1列6座席)という並びでしたが、
32Gでは180席まで増えていることから、おそらくは座席の前後間隔を狭くすることで、
搭乗者数を増やしたのではないかと思われます。

エアバスA320(32G)のタイプはすでに海外の航空会社では就航していて、
たとえば、中国南方航空、天津航空、ニュージーランド航空などで採用されています。

ANAでは2020年3月の予定を早めて1月からエアバスA320(32G)の運行を始め、
羽田~庄内、富山線で使うと見られていましたが直近の発表では、

1月6日から東京/羽田〜岩国・八丈島・徳島
2月から東京/羽田〜八丈島・岩国・佐賀線
3月から東京/羽田〜庄内・八丈島・富山・能登・萩石見線

にそれぞれ投入することを予定しているとのこと。

座席スペースが狭くなるうえに、どうやら機内Wi-Fiインターネットサービスも使えないようなので、利用者としてはあまり良いニュースとは言えなさそうですね。

スペックを比較すると、従来の機材とは座席数以外に変わった点が見られません。

  • 座席数:180席
  • 全長:37.6 m
  • 全幅:34.1 m
  • 全高:11.8 m
  • 巡航速度:840 km/h
  • 航続距離:2,380 km
  • 最大運用高度:11,900 m
  • 最大離陸重量:67.0 ton
  • エンジン型式名:CFM56-5A1
  • エンジン推力:11,340 kg X 2基
  • 搭載燃料量:24 kl
https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/departure/inflight/seatmap/detail/32g.html

ANA国内線に180席のエアバスA320(32G)就航に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました