北京五輪2022男子スキージャンプ速報!結果・メダルは?最終順位は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

2022年の北京五輪(北京冬季オリンピック)の男子スキージャンプの結果を速報でまとめていきます。

スポンサーリンク

北京五輪2022男子スキージャンプ速報!結果

日本は1972年2月6日、札幌市宮の森ジャンプ競技場で行われたノーマルヒルで、笠谷幸生選手が快勝し、冬季オリンピックにおける日本初のチャンピオンとなりました。

それまで冬季のメダル獲得はアルペンスキーのみだった日本にとって、この日は歴史的な日となり、今野章継選手、青地成二選手が表彰台に立ち、金メダル・銀メダル・銅メダルを独占しました。

男子個人ノーマルヒル速報・結果・順位

随時更新

北京冬季オリンピック の速報、結果、順位、記録をここでお知らせします!

男子個人ラージヒル速報・結果・順位

随時更新

北京冬季オリンピック の速報、結果、順位、記録をここでお知らせします!

男子団体戦の速報・結果・順位

随時更新

北京冬季オリンピック の速報、結果、順位、記録をここでお知らせします!

まとめ:北京五輪2022男子スキージャンプのメダル・最終順位は?

2022年の北京五輪(北京冬季オリンピック)の男子スキージャンプ日本代表は次のとおり。
小林陵侑(土屋ホームスキー部)

佐藤幸椰(雪印メグミルクスキー部)

中村直幹(Flying Laboratory SC)

小林潤志郎(雪印メグミルクスキー部)

伊東大貴(雪印メグミルクスキー部)

スキージャンプは、1924年にフランスのシャモニーで開催された冬季オリンピックから採用されている。

1964年のオリンピックではラージヒルが追加されたため、ラージヒルジャンプとノーマルヒル(またはスモールヒル)ジャンプに分割された。

スキージャンプ競技は、慎重に整地された斜面で行われ、離陸地点から多くのスキーヤーが安全に移動できる距離によってクラス分けされています。

オリンピックを含むほとんどの上級国際大会は、120mと90m(393.7と295.275フィート)、それぞれラージヒルとノーマルヒルで競われています。

冬季オリンピックでは、スキージャンプの個人戦と団体戦の両方が行われます。スキージャンプの世界選手権は、国際スキー連盟(FIS)の管理のもと1925年に始まり、1980年にワールドカップツアーが確立された。

2009年まではFISの世界選手権で女子は競技していませんでしたが、2011年に2014年冬季オリンピック(ロシア・ソチ)のスケジュールに女子ノーマルヒル・スキージャンプが追加されました。

タイトルとURLをコピーしました