バースデーカラー相性診断のやり方は?#誕生日色

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

生年月日で決まる星座でその人の運勢を占うやり方は昔から知られてきましたが、誕生日そのものに色が割り振られてその日の特性を示しているのがバースデーカラー(誕生日カラー)。

日本でもインスタグラムやtiktokなどで見かける機会が増えましたが、バースデーカラー(誕生日カラー)診断のやり方は?相性診断するには?

スポンサーリンク

バースデーカラー相性診断のやり方は?#誕生日色

バースデーカラー(誕生日カラー)は、自分の誕生日に定められている色を使って、自分の性格をより良くする方法をすぐに理解することができます。

自分の色が分かったらそれを身につけたり、瞑想したり、できるだけ身の回りのものに使ってみましょう。

各個人の生年月日は、数秘術において重要な意味を持ちます。これらの要素は、その人の人生経験において役割を果たします。

バースデーカラー(誕生色)366色
誕生色とは占いの一種です。ミシェル・バーンハート氏が色彩論と占星術を組み合わせて作ったカラーストロロジーが始まりとされています。

ある人と仲良くしていても、別の人と衝突してしまうのはなぜなのかについて色彩学では、「ぶつかり合う色もあれば、美しく調和する色もある」と説明されています。

色彩学やバースデーカラー(誕生日カラー)及び月ごとに定められているマンスリーカラーは、性格の違いを理解するのに役立ちます。

バースデーカラー(誕生日カラー)を知ることである月の1日に生まれた人がとてもダイナミックで外向的である一方、同じ月の翌日に生まれた人がとてもシャイで内向的である理由も理解するのに役立ちます。

相性診断も相手のの生年月日がわかればできます。

ただ、注意したい点は、相性の良い悪いをバースデーカラー(誕生日カラー)で見つけるのではありません。相手と自分について知るためのものです。

それぞれの特徴をカラーで表すことができるので、視覚的にとても理解しやすく覚えやすいです。

両者のカラーをみると、同じ色があると共通する価値観や傾向があります。

ない色はお互いに理解しにくり部分。でも必要だったり補ってくれる部分でもあります。

よく「本当にあの人のこと理解できないです」とおっしゃいますが、それは、自分にない色を相手は持っているからです。きっと相手からもその方のことが理解し辛いでしょうね。

なので、そのようなことを知ることが大事なのです。

ちなみに、「カラー・オブ・ライフ」は、季節の移り変わりとともに、その季節がどのような色と結びつき、どのような資質を人生にもたらすかを示しています。

○1月 キャラメル
ブラウン系の色調は、自分自身をグラウンディングさせ、夢を実現するのに役立ちます。もし、あなたがとてもフライング気味なら、この色を取り入れてみたいものです。

○2月 シアーライラック
友情やコミュニティにチューニングしている人、世渡り上手になりたい人、グローバルレベルで優しく行動したい人におすすめです。

○3月 フェアアクア
アクアは、瞑想、休息、想像力のチューニングに最適です。

○4月 カイエン
疲れているとき、運動するモチベーションが欲しいとき、勇気が欲しいときなど、一日に少し赤を加えてみてください。

○5月:バッドグリーン
緑は、体のバランスを整えるなど、さまざまな効能がありますが、特に繁栄に効果があると言えるでしょう。金運アップを目指すなら、グリーンに注目。

○6月 アスペンゴールド
この黄色は、コミュニケーションに優れた色です。自分の考えを明確に伝えるのが苦手な人は、少し黄色を身につけるとよいでしょう。また、何かを書かなければならないときは、作業している部屋に黄色の花を飾るとよいでしょう。スピーチをするとき、言葉につまずきたくないなら、黄色にチューニングして、それをイメージしながら話すとよいでしょう。

○7月 コーラルブラッシュ
7月のカラーは、シルバーに近い美しいピンクです。あなたがより優しくなるのを助け、感情を少し落ち着かせることができます。(そのきれいなピンクを身に着けている人は、なかなか殴ることができません)。

○8月、太陽オレンジ
8月の支配星である太陽は、あなたにエネルギーを与え、遊び心を持たせ、もっとレクリエーションがしたいと思わせます。この色は創造的で、熱意、喜び、子供のような無邪気さを表します。

○9月、バハ・ブルー
9月は、水星、そして金星が天空を移動します。美に対する感心が高まるときです。この魅力的な色は、心を開放し、より見識のある人間になる手助けをしてくれます。

○10月、セルリアン
水色は人間関係のサポートや、バランスをとるのに有効です。調子が悪くて引き締めたいときは、水色から始めてみてください。

○11月 クラレットレッド
変身を助けるとともに、肉体的な愛を促進し、性欲の目覚めを助け、性的な高揚を加える深みのある赤。

○12月 パゴダブルー
知恵、真実、ビジョンを意味するこの冒険的なカラーを、旅に出るなら取り入れて。

■自分の生まれた色がどうしても好きになれないという人に、どうすればいいのでしょうか。

バースデーカラー(誕生日カラー)は、好きな色と同じである必要はないのです。好きな色は移り変わるものですが、誕生色は不変のものです。誕生日カラーと誕生月のカラーがたまたま同じだったという人もいますが、そうでない人も問題ありません。誕生日カラーは、あなたの心のバランスを整えてくれる色という意味です。もちろん、本当に自分の色が嫌いで、人生も完璧……という人は、試すことさえしないでください。でも、もし、自分の色が嫌いで、ちょっとだけ助けてほしいなら、その色を玄関の縁取りや写真のフレームなど、どこかに一滴垂らしてみてください。

■私たちが惹かれる色には、何か意味があるのでしょうか?

自分がどんな色に惹かれるのか、それが何を表しているのか、色の好みがどう変化していくのか、それによって自分自身を知ることができるのは楽しいことです。20年前に惹かれた色と、今好きな色は違う。ある色に惹かれるということは、その色を必要としている、つまり、その色を引き寄せているのです。

例えば、私はピンク色を好んで着ませんが、冬になると芍薬やオレンジ、コーラルのような、つま先やブーツの下に忍ばせるような小さなピンク色を欲しています。

また、自分が惹かれる色の誕生日に、誰が生まれているかを見るのも面白いですね。例えば、私はあるグリーンが大好きなのですが、それが夫の誕生日カラーだとは思いもよりませんでした。

また、大切な人と出会った日、結婚式の日など、さまざまな日付や節目に関連する色を調べて、その日の色のエネルギーがどのように反映されるかを知ることも、色占いの活用法のひとつです。

■色に悪影響はあるのか?

ある意味ではそうです。地味なアースカラーを思い浮かべてください。この色調は、あなたに構造を与えることができますが、多すぎると、重く感じたり、抑圧されたりします。1月(アースカラー)のほとんどは土星に支配されています。土星は、良い面では、構造、責任、接地、境界を含み、私たちが必要とする壁や制限を表します。しかし、土星が多すぎたり、暗いアースカラーが多すぎたりすると、重苦しさや束縛、過度の義務感、プレッシャーにつながります。

惑星はエネルギーを活性化し、それがポジティブにもネガティブにも、さまざまに表れます。大切なのは、そのエネルギーをどう使うかです。火星は、パワー、意欲、勇気を司りますが、怒り、戦争、戦いも司ります。(スピリチュアルな観点からは、良いも悪いもなく、全てはバランスです)。

もう一つの例を挙げましょう。3月の支配星である海王星は、「瞑想の星」です。3月の支配星である海王星は、瞑想の星であり、無形のものを特徴とし、想像力を高めますが、同時にドラッグやアルコールを支配する星でもあります。一般的に、海王星は日常を超越することを促します。私たちは人生に魔法を求めますが、どうすればそれを見つけられるでしょうか?私たちは人生に魔法を求めますが、それをどのように見つけるのでしょうか。ある人は、世界をより魔法のように、あるいは神秘的に感じるために、お酒やドラッグを飲むかもしれません。他の人々は、瞑想、および/または直感的な芸術に調整することがあります。これらの追求はすべて海王星的である。3月の水色は、ポジティブでバランスのとれた方法で、より直感的で魔法のような領域に同調するのを助けてくれるでしょう。

■では、特定の色を使いすぎてもいいのでしょうか?黒一色のワードローブについてはどうでしょうか?

特定の色を過剰に使用することは可能です。ニューヨークでは(他の都市でも)、多くの人が黒をたくさん着用しています。ユニフォームのようなもので、黒は自分を守る盾のようなものなのです。これは悪いことではありませんが、気分が落ち込んでいるときに黒一色の服を着るのはお勧めしません。気分が落ち込んでいるときは、暗い色に引き寄せられ、隠れたいと思うのは自然なことです。でも、黒は吸収してしまうので、気分が落ち込んでいるときに真っ黒な服を着てしまうと、その気分を払拭するのが難しくなってしまうんです。せめて、濃い色のジーンズには薄い色のシャツを合わせたり、首元を開けてみたり、色のついたスカーフを巻いてみたり、工夫してみてください。

タイトルとURLをコピーしました