バースデーカラーとは由来・誰が決めた?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

バースデーカラーとは、花とか宝石とか星も、誕生日ごとにあるように誕生日にも独自の色(カラー)があるとする占いの一種。

占星術、数秘術、色彩理論などを組み合わせたのがバースデーカラーとされますが、が決めたんでしょうか?バースデーカラーの由来は?

スポンサーリンク

バースデーカラーとは由来・誰が決めた?

バースデーカラー(誕生日カラー)とは、各月、各月内の日付ごとにユニークなカラーパレットがデザインされたもの。

占いの一種で、有名な占星術師のミシェル・バーンハート氏が「色彩論」と「占星術」と色の世界的権威であるパントン社の数字と配色を組み合わせて作った「カラーストロロジー」がバースデーカラーの由来とされています。

私たちが誰で、どう行動するかを示す366のバースデーカラー(誕生日カラー)を知ることで、自分の性格をより良くする方法がすぐにわかります。

直感に優れた占星術師、数秘術師でもあるミッシェル・バーンハートは、その幅広い形而上学の知恵を結集し、1年のうち毎日、毎月異なる色(パントン)を当てるという驚くべきシステム、カラーストロジーを開発しました。

星座、支配惑星、日付ごとの数秘術的な意味を考慮し、個人や出来事をバースデーカラー(誕生日カラー)を元に解釈・分析。

ミッシェル・バーンハートの著書『カラーストロロジー』に夜と、ミッシェル・バーンハートのシステムで自分の誕生日を表す色、その色に関連する属性、友人や恋人の誕生日、人生の大切な日を表す色を知ることは、人生により良い示唆を与えてくれます。

また、バーンハートが説明するように、誰もがどんな色のエネルギーも自分のために使うことができるのも興味深い点です。

例えば、ベッドルームの雰囲気を盛り上げるなら、リビドー(性欲)を目覚めさせるで、激しさと情熱の色と言われるクラレット・レッドがおすすめされています。

なぜ色にはパワーがあるのか、どの色が私たちに必要なのか、そしてどのように色を取り入れたらいいのか、バーンハートは次のように答えています。

■なぜ色にはパワーがあるのか

色は私たちに無意識的にも意識的にも影響を与えます。

色も含め、存在するものすべてがエネルギーであり、私たちは常にその波動を拾っています。

色は微弱なエネルギーですが、私たちはその効果を目にし、しばしば感じることができます。

例えば、赤。赤を見ると、刺激を受け、代謝が上がり、興奮します。赤は、エネルギー、パワー、ドライブ、勇気を与えてくれます。行動力の色なのです。

レストランに入った途端、なぜか気持ちが高揚してしまったことはありませんか?レストランの配色によって、私たちは気分を害することがあります。

また、誰かに会ったとき、その人が着ている色で楽しい気分になったり、安心したりすることもあるでしょう。

色の持つ力を意識することで、その効果がより強くなることも多いのです。食べ物の味覚に例えることもできます。

味覚が洗練されてくると、料理の微妙な味付けがわかるようになります。また、高級車とポンコツ車の違いを考えてみてください。

例えば、高級車とポンコツ車の違いは、ハンドルを少し動かしただけで、その効果を感じることができます。

私たちは色に慣れれば慣れるほど、色彩を感じるようになるのです。

音楽でも、ダンスでも、スタイルでもそうですが、同調していくと、あらゆるバリエーションが聞こえてきて、それをより強く感じられるようになります。

■どの色も誰にでも効果があるのでしょうか?それとも誕生日/月の色にこだわるということでしょうか?

どの色を使ってもかまいません。その月に生まれた人でなくても、その色の恩恵を受けることができます。

もし、ある分野で助けを求めているのなら、その時に必要な力を与えてくれるのは何色か、色の処方箋のようなものだと考えてください。

例えば、あなたが人間関係で助けを求めている、あるいは、より協力的な関係を求めているとしましょう。

10月のカラーは水色で、とても穏やかで優しく、調和とバランスをもたらしてくれます。

あるいは、2月の高い波動の紫は、激しい性格の人が、より冷静で協調的な態度を身につけるのに最適な色です。

ライラックとラベンダーは、執着しすぎることなく、愛を育む手助けをしてくれます。

■私たちの誕生や他の色、身につける、飾るなど、どのように使うのがおすすめですか?

好きなように、いろいろな方法で人生に色を加えることができます。また、特定の色をたくさん使わなくても、特にその色が好きでないのであれば、その恩恵を受けることができます。例えば、もっと陽気な性格になりたいと思っていて、それにはオレンジ色が効果的ですが、オレンジ色があまり好きでないとします。頭からつま先までオレンジ色の服を着る必要はないでしょう。頭からつま先までオレンジ色の服を着る必要はありません。スカーフでオレンジ色を取り入れたり、オレンジ色の花をアレンジしたり、オレンジ色で絵を描いたり、オレンジ色を食べたりすることができます。

私にも段階があります。私は直感的な性格なので、多くの感情や情報を受け取ります。これらの色は物事を映し出すので、周りの感情を吸収しようという気持ちはあまりないんです。

ネイルやアイラインの色など、意識して色を取り入れるといいかもしれません。例えば、9月のカラーは、ネイビーやバハブルーなど。この色は、簡潔な思考と行動を促し、より整理された気分にさせてくれます。

また、色をイメージして瞑想するのもよいでしょう。あるいは、料理・食事に色を多く取り入れるのもよいでしょう。いろいろな色を食べると、より満腹感を得られます。お皿の上の色を見るだけでも、より充実した気分になれます。

タイトルとURLをコピーしました