COSCARI(コスカリ)とはヤバい?コス衣装の貸借仲介の料金は又貸しok?

スポンサーリンク
未分類

コス衣装のレンタル仲介ができるCOSCARI(コスカリ)というサービスが新たに誕生して話題となっています。

スポンサーリンク

COSCARI(コスカリ)とは?

COSCARI(コスカリ)とは衣装を持っている人と持っていない人をつなぐマッチングサービスで登録費・年会費が無料で誰にでも利用できるサービス。

COSCARI(コスカリ)というネーミングからメルカリを意識していることがよくわかりますね。

コスカリ
衣装を持っている人と持っていない人をつなぐマッチングサービス COSCARI(コスカリ)

特徴として下記の4点を挙げています。

■匿名取引
貸し手は匿名取引。
身バレすることなく衣装を貸し出せます。

■貸し出しは承認制
貸し手は借り手の承認・拒否が可能。
大事な衣装の汚損や破損を防げます。

■女性専用
女性専用のサービス。
登録時に身分証の提示を義務付けます。
※男性用サービスは今後開発予定です。

■補償サービス
全ての衣装に補償が付属。
万が一衣装が汚損・破損してしまっても
取引回数に応じて一部代金を補償します。

COSCARI(コスカリ)の料金は?又貸しシステムとは?

COSCARI(コスカリ)では又貸しシステムがあり次の貸し手が現れた場合、再度レンタルの承認・拒否を選べるようになっています。

衣装は手元には戻らず、前の貸し手がレンタル期間終了時まで次の貸し手に送ることになります。

COSCARI(コスカリ)の料金体系は次のようになっています。

レンタル期間:14日間
借り手レンタル料(送料込み):9,000円※定価24,000円の衣装の場合
貸し手キャッシュバック:4,000円※定価24,000円の衣装の場合

貸し手キャッシュバックは初回のみ2,000円で、衣装の値段によってレンタル料やキャッシュバック料金が変わる仕組みとなっているようです。

COSCARI(コスカリ)はやばい?

コス衣装のレンタル仲介ができるCOSCARI(コスカリ)ですが、企業でもない、謎の団体によって運営されているようです。

つまり社会的信頼がない状態で事前登録をした結果、個人情報を握られる危険性を指摘するツイートが見られます。

たしかに、COSCARI(コスカリ)のホームページを見ると現時点では「会社概要」などは見当たらず、メンバー紹介のページがあるだけです。

フルHDもぶ(オールラウンダー・アイデアマシン、レイヤーの友人を救いたい)
4Kちこち(コンテンツデザイナー、第4世代Celeronで戦う)
8K山田(ピクトグラム&似顔絵アーティスト、スーパー高校生)
6法エライア(法務、いつもお世話になっている弁護士様)

一応は、弁護士をしているという方もメンバーにいるようですが、それならなおのこと、本名や弁護の登録番号や所属先を明記しても良さそうですね。

現時点では「事前登録」となっていて、詳しい住所やクレジット情報、マイナンバーといった重要な個人情報を入力せずに済みます。

パスワードを登録する必要もないので、試しに登録しても深刻な悪影響はなさそうです。

COSCARI(コスカリ)に関する5chやツイッターの口コミ

タイトルとURLをコピーしました