【動画】サッカーW杯を観戦中の消防士(クロアチア)の緊急出場がすごい!

スポンサーリンク
0未分類

サッカー・クロアチア代表はワールドカップに通算5回(2018, 2014, 2006, 2002, 1998)の出場経験がありますが、2018年のロシア大会が初の決勝戦進出となりました。

決勝トーナメント1回戦(ベスト16)はデンマークと対戦し1-1の同点からPK戦で3-2と勝利を収めると続く準々決勝ではロシアを相手に2-2となりまたもや同点。

試合は再びPK戦にもつれ込みましたが、試合をの湯癖を見守っていたのはクロアチアの一般市民だけではなく町を守る消防士も同様でした。

スポンサーリンク

【動画】サッカーW杯を観戦中の消防士(クロアチア)が緊急出場!

Croatian firefighters on call seconds before winning penalty

日本時間、2018年7月8日に行われた、クロアチアとロシアの準々決勝。

クロアチアの首都・ザグレブにある消防署では、PK戦にもつれこんだ試合展開を署内のTVの前で消防士たちはクロアチアのユニホーム姿で試合の行方を見守っていました。

クロアチアの選手が、このPKを決めれば20年ぶりのベスト4進出が決まる、という場面ーー。ここ1番のタイミングで、出動要請が…!!

消防士たちは、ただちに観戦を切り上げて出動準備をはじめます。

椅子から立ち上がるとユニホームを脱いで防火服に着替え、消防車に乗り込みます。

要請を受けてから、サイレンから出動まで時間は、約20秒。なんという切り替えの早さでしょうか。

その後、最後のキッカーであるイバン・ラキティッチはゴール!

緊急車両の発進準備をするだけで良かった当直の消防士は、仲間たちが出動した後、クロアチアはベスト4進出を決める瞬間を見届け、抱き合って喜ぶところで動画は終わる。

サッカー観戦からすぐに出動に切り替えた消防士たちには

「彼らは本物のプロフェッショナルだ」
「これ、クロアチアのカウンターよりも速いんじゃないか」
「仕事だといえ、この場面で出動できるのはすごい」

など、称賛の声があがった。

この動画が撮影された消防署は、その後、こんなコメントをつけて動画を投稿しています。

今日の準決勝で花火を使う時は、慎重に。私たちが出動するはめになります。
Vatrogasna postrojba Zagreb ーより引用(和訳)

サッカー熱が高いクロアチアでは、試合に興奮したサポーターが、暴動化することがしばしあり、
2018年のサッカーW杯でもクロアチアが勝ち進むごとに、多くの発煙筒などを含んだ祝福がなされ、トラブルの懸念が高まっていました。

代表が突破するごとに、街は周囲の集団が使う花火や爆竹で危険な状態となっていたことから、
消防士たちは最も効果的な方法として動画を公開し、過度な応援やお祝いは控えてほしいというメッセージを込めていたそうです。

クロアチアはその後、絶対的エースのモドリッチを中心に躍動し準決勝で格上のイングランドを破ると決勝に進出。

フランスとの決勝戦は4-2と完敗しているものの、クロアチアの歴史上初のワールドカップ準優勝という快挙を成し遂げました。

タイトルとURLをコピーしました