川添明子(小出明子)現在は?東京ブラックホールでバブル時代の魔性の女

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

川添明子(小出明子)さんはバブル時代、19歳にして地上げの帝王、早坂太吉さんと交際していたことから「魔性の女」とか「小悪魔」などとと呼ばれていた女性。

林 真理子の小説「アッコちゃんの時代」の主人公のモデルともなった川添明子さんの現在は?

スポンサーリンク

川添明子(小出明子)現在は?

川添明子(小出明子)さんは19歳だったバブル当時、カマキリと呼ばれた銀座の安達洋子ママと地上げの帝王を取り合ったことがマスコミで取り上げられ大きな話題となりました。

その後、YMOやユーミンなどを手がけた有名な音楽プロデューサー川添象郎さんと結婚。

戦前のショパンコンクールに日本人として初めて出場して特別聴衆賞を得たピアニスト・原智恵子の長男で、女優・風吹ジュンの最初の夫でもありました。

西麻布キャンティの創業者の御曹司でもあり、キャンティでナンパされたのが馴れ初めともいわれています。

■川添象郎のプロフィール

名前:川添 象郎(かわぞえ しょうろう)

生年月日:1941年1月27日

出身地:東京都

血液型:B型

職業:音楽プロデューサー

幼稚園の頃から高校まで慶応に通った生粋の慶応ボーイで、その後は親の都合でラ・サール高等学校、和光高等学校に転校

川添象郎の3人目の嫁が女優の風吹ジュンさんで、1984年に長女・安季子が生まれ、1986年に長男・智史が生まれました。

その後、川添明子さんと結婚しています。

川添象郎と小出明子との間には子供が1人生まれていて、男の子だということがわかっています。

川添象郎はその後、女優の荻野目慶子との不倫が報じられ、川添明子と別居の後、離婚しています。

川添明子(小出明子)の東京ブラックホールにネットの反応は?

“1989-90 魅惑と罪のバブルの宮殿”という副題だ。出演は山田孝之,浅香航大,伊原六花,前川泰之,五島百花,不破万作など。
引用:https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/episode/te/WKQP7N549Y/

次のように宣伝されている。

山田孝之演じる若者がタイムスリップするのは1989~90年。バブル時代、経済成長率は先進国で最も高く、国民全体が多幸感に浸っていた。しかし89年末に史上最高値を記録した株価は年明けに急落し、日本経済は奈落の底に転落。東京に出現したブラックホールは世界中の富を飲み込み、束の間の繁栄をもたらし、瞬く間に泡と消えた。最新の映像技術でバブルを追体験しながら閉塞感漂う今を生きる手がかりを探る。

タイトルとURLをコピーしました