大家由祐子の若い頃から現在!北野武との関係は?呪怨やD坂の殺人事件

スポンサーリンク
0未分類

大家由祐子さんは若い頃から北野武監督の映画に数多く出演してきた女優で、「呪怨」「D坂の殺人事件」といった話題作にも起用されています。

『美感少女コンテスト』グランプリ獲得が芸能界デビューのきっかけとなった大家由祐子さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

大家由祐子wikiプロフィール

名前:大家由祐子

生年月日:1971年(昭和46年) 8月9日

年齢49歳

身長:169cm

血液型:O型

出身地:高知県

最終学歴:戸板女子短期大学

趣味・特技:日本舞踊、三味線演奏、タップダンス、バレエ

大家由祐子さんは1988年(昭和63年)にオーディション 『美感少女コンテスト』でグランプリを受賞したことがきっかけで芸能界デビューしています。

大家由祐子の若い頃から現在まで!

大家由祐子さんは1990年10月からは『オールナイトフジ』で司会を務めたことから当時の20代を中心に絶大な人気を集めるようになります。

映画デビューは1996年公開の 『キッズ・リターン』で監督は北野武さん。

1997年公開の映画 『D坂の殺人事件』ではヌードシーンで観客の目をくぎ付けにしています。

高視聴率を記録した2011年のドラマ「家政婦のミタ」では、松嶋菜々子さん演じる家政婦が派遣された「阿須田家」4きょうだいの亡くなった母親役を演じています。

呪怨

大家由祐子さんはかつて惨劇に見舞われたある一軒家を舞台にしたホラー映「呪怨」に出演してます。

家の主・佐伯剛雄が妻・伽椰子を自宅で惨殺して死体を天井裏に隠し、小学生の息子・俊雄は行方不明。

以来、佐伯家が住んでいた家には呪いが生まれ、その家に住んだ者やその家に入りこんだ者は、次々に伽椰子と俊雄の呪いにかかります。

大家由祐子さんは不動産会社社長、鈴木達也の妹・鈴木響子の役で、なかなか家に買い手がつかない物件を持ち前の霊感で鑑定することいなります。

鈴木響子は即座にアンタッチャブル物件と判断しますが、その後、北田という若夫婦に買い取られます。

鈴木響子と兄・達也の息子・信之は団地の部屋で人が死ぬ幻影を見たことで精神崩壊し、実家に引き取られ増すがその後、両親と共に原因不明の死を遂げています。

D坂の殺人事件

大家由祐子さんは名探偵・明智小五郎が初登場する江戸川乱歩の初期短編『D坂の殺人事件』に出演しています。

名探偵・明智小五郎が伝説の責め絵師・大江春泥の「明烏」の贋作作りを依頼した古本屋の女将殺害事件に挑むストーリーで、これまでに重ねて映画化・ドラマ化されています。

大家由祐子さんは1998年公開の映画版に明智小五郎の夫人・明智文代の姪で少女助手の花崎マユミの役を演じています。

大家由祐子のツイッターやインスタグラム

大家由祐子のツイッター
@ryu_kon_dk

大家由祐子のインスタグラム

大家由祐子のフェイスブック

大家由祐子の高校や大学など学歴は?

大家由祐子さんの通っていた高校については学校名は明らかになっていないものの、大学は戸板女子短期大学を卒業しています。

大家由祐子の身長・体重は?

大家由祐子さんの体重については具体的な数字は公表されていないものの身長は169cmです。

大家由祐子の結婚した旦那(夫)や子供は?

大家由祐子さんは2015年4月に結婚したことをツイッターで公表し、ネットニュースにも掲載されました。

結婚した旦那との出会いは中学時代。

2014年に行われた同窓会で再開し意気投合したことから交際に発展

旦那の仕事は、高知の高校でバドミントン部の監督をしているということで、は高知を離れるわけにはいかず、大家由祐子さんは結婚していきなり「遠距離新婚生活」を余儀なくされていました。

大家由祐子と北野武の関係は?

大家由祐子さんは北野武さんとの関係も噂されていまsチア。

1996年に公開されたビートたけしさん監督の映画「キッズ・リターン」がきっかけで交際がスタートしたと言われ、
大家由祐子さんは北野武作品によく出演するのも、親密な間柄だったからではないかと噂されています。

ただ2003年に公開された「座頭市」以降には破局したと報じられています。

鹿っく大家由祐子さんが出演した北野武監督作品
1996年 キッズ・リターン サチコ役
1997年 HANA-BI
1999年 菊次郎の夏 正男の母 役
2002年 Dolls 若い頃の良子 役
2003年 座頭市 おきぬ 役

ちなみに、ビートたけしの約40年間連れ添ってきた幹子夫人とは離婚協議の末に正式に離婚が成立したことが2019年6月12日に判明しました。

それまでに、複数の愛人を抱え板と言われていて、

愛人の一人が「専門学校生B子」さん。

1986年にビートたけしさんが起こした「フライデー襲撃事件」の発端は、当時交際していた21歳の専門学生をフライデーの記者が追いかけ回し怪我をさせてしまったことが原因とされています。

ビートたけしさんは怒りに任せて、たけし軍団メンバー11人を引き連れてフライデー編集部を襲撃すると、肋骨を骨折するなど怪我人を出し逮捕されています。

さらに交際していた専門学校生は1990年にビートたけしさんの子供を出産。

子供は女の子でしたが、後にビートたけしさんとは破局したそうです。

タイトルとURLをコピーしました