ダンダダンのUMA・宇宙人・幽霊(妖怪)一覧と元ネタまとめ

スポンサーリンク
0未分類

漫画「ダンダダン」のに登場する宇宙人・幽霊(妖怪)とと元ネタを一覧でまとめています。

スポンサーリンク

ダンダダンのUMA・宇宙人と元ネタ一覧まとめ

セルポ星人

ロズウェル事件の裏にあった極秘計画 ~プロジェクト セルポとは~

セルポ星人は、ロズウェル事件の裏にあった極秘計画「プロジェクト セルポ」が元ネタになっていると思われます。

アメリカのロズウェル事件で墜落したUFOにはセルポ惑星からの宇宙人が乗っていたとされます。

<プロジェクト・セルポ=異星への交換留学>

・1960年代に、アメリカ政府が極秘に実施したという超トンデモ計画の詳細が、ウェブサイト上で公開されている。

 その名は「プロジェクト・セルポ」

 地球から約38光年の彼方に位置するレティクル座ゼータ連星系の惑星セルポへ、アメリカの軍人12名が留学のために送り込まれた、という仰天情報である。

・話の発端は、2005年11月。アメリカ国防情報局(DIA)の元職員だという匿名の人物から、UFO研究家たちへ送り付けられたEメールからである。

 1947年7月に、米ニューメキシコ州コロナのコロナ南西とディティル南方のペロナピークの2カ所でUFO墜落事件が起こったという。

 墜落した機体は2機であった。1機目は、発見が早かったので生存者が1名捕獲され、ほかの乗員5名の死体と残骸とともに、ロズウェル基地から出動した回収部隊が回収した。

・生き残った宇宙人は、「イーブ=(EBE=Extraterrestrial Biological Entity=地球外生物」と呼ばれ、やがて英語もマスターし、地球人と会話ができるようになり、1952年に死亡するまで、秘密施設内で暮らしていたという。

 イーブは、墜落機の残骸から回収された通信装置を介して故郷の“文明惑星=セルポ”との交信に成功。“異星人・地球人交換プロジェクト”が実現したというのだ。

・1965年7月、セルポの宇宙船がネヴァダ実験場に到着。地球に残るセルポ人留学生と入れ替わりに、10人の男性と2名の女性からなる地球人の特別チームが惑星セルポに送られた。

 セルポまでは地球時間で約270日。気になるのはトイレだが、小型の金属容器ですませたという。

・地球人が初めて足を踏み入れたセルポは、太陽が2つあり、そのひとつは地球を照らす太陽よりはるかに大きく、この2つは同時に沈まないため、夜がまったくなかった。大気は地球とほぼ同じ組成で、気圧も大差なかったが、放射線レベルが地球より高く、肌を露出できなかった。セルポの気温はセ氏35度から46度、メンバーたちが、この大気になれるまで数カ月を要した。

 かつて惑星セルポは、惑星間戦争に巻き込まれて何十万人も失っており、現在は約65万人しかいない。

・1994年、交換留学で地球に滞在した4人のうち残った最後のセルポ人が帰還。時のクリントン大統領は、交換留学計画の継続を希望した。だが、「極秘計画は結果的には失敗だった」と周囲の反対にあい、プロジェクトは打ち切られたという。

フラッドウッズモンスターズ

フラットウッズ・モンスターの正体 MUTube(ムー チューブ) 2020年3月号 #4

フラッドウッズモンスターズとは、1952年、アメリカのウェストバージニア州ブラクストン郡にある片田舎・フラットウッズに出現したとされる未確認の怪物らしきもの。

日本では「3メートルの宇宙人」という異名でも知られている。ちなみに、米国では「10フィートモンスター」と呼ばれている。

身長は3メートル超でロボットのような四角いボディーを持ち、体は緑色っぽく、真っ赤な顔に、スペード型か修道女の制服のような形の被り物を被っていた。巨大な目は青みを帯びながらオレンジ色に輝き、「シューッ」という奇妙な音を立てて、鋭いカギ爪のある指をしていた。また、腰から下は襞のある緑の衣服を着ていたとされる。

この怪物の出現事件により、ウエストバージニア州ブラクストン郡フラットウッズという人口数百人の田舎町は、全米から注目され数千人の見物客が押し寄せるパニックとなった。

事件の発端は1952年9月12日午後に遡る。燃えさかる飛行物体が空を横切り、エルク川沿いのガサウェイの町付近に落下した。午後7時15分ごろ、学校の校庭で遊んでいたエディ・メイ(13)とフレッド・メイ(12)の兄弟は、フィッシャー氏の所有地の丘の上にこの物体が着陸する様子を目撃、自分の母親に報告した。

メイ兄弟と母親は近所の子供たち、ネイル・ナンレイ(14)、ロニー・シェイバー(10)、トミー・ハイヤー(10)、ウェストバージニア州兵のユージーン・レモン(17)の4人に声を掛け、計7人で、レモンの犬一匹を連れて現場のフィッシャー氏の農場に向かった。

近づくと、丘の頂上右手15メートルほどの場所に、直径約5メートル、高さ約1・8メートルの火の玉のような巨大な物体が燃えていた。付近には刺激臭のある霧が立ちこめていた。そんな中、闇の中に動めく物体に気が付いたので、ライトを向けてみた。そこに姿を現したのがこのフラットウッズ・モンスターだったのである。

https://www.tokyo-sports.co.jp/column/yamaguchi/240/

ダンダダンの幽霊・妖怪と元ネタ一覧まとめ

ターボババア

ターボババア(ターボばあちゃん)は、全国的に目撃されている都市伝説の妖怪

トンネル内を車で走っていると、突如窓を誰かに叩かれる。見ると自分の車と並走する老婆がこちらを見ている、というもの。場所は六甲山とされる場合が多い。まれに、真夜中の町内に現れ、追いかけては来るが、突き抜けてテレポーテーションする。

老婆の速度は、最速で時速140キロメートル以上とされる[1]。車と併走してドライバーを驚かせる以外は危害を加えるなどは無く無害だとされる[2][3]。

老婆に追い越されると死ぬという説もある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/
映画『高速ばぁば』予告編
タイトルとURLをコピーしました