音声通話サービス停止でドコモ繋がらない通信障害!「圏外か3g」

スポンサーリンク
0未分類

ドコモで現在、「音声通話サービス停止」といったエラーメッセージが表示さる通信障害が発生しています。

スポンサーリンク

音声通話サービス停止でドコモ繋がらない通信障害!「圏外か3g」

NTTドコモで通信障害 通話できず

14日、午後5時頃から、NTTドコモの携帯電話の音声通話やデータ通信が利用しづらい状況となった。

馬場記者のリポート
「ドコモで通信障害がおこっているということで、この携帯もドコモなんだが、通話ができない状態が続いている」

午後6時頃にJR福島駅前で話を聞くと、NTTドコモの利用者は「駅にいるのに圏外の表示が出てしまって、親と電話で連絡がつかなかったりLINEも送れなかったりした。親に家に帰るのに連絡をしたかったので、いま困っている。」と話した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/348ec04d9be05167c244bd8f86533a3a375ec164

ドコモ通信障害で現在、ツイッターにはリアルタイムで電波障害を訴える投稿が続いています。

音声通話サービス停止
帯通信会社によって一時的にOFF にされています

モバイルデータサービスのブロック
携帯通信会社によって一時的にOFF にされています

ドコモの設備などに不具合が発生したことが主な原因なので、障害復旧を待つよりほかに手段はありません。

追記:
ドコモからは同日の20時過ぎには障害が復旧したとアナウンスがありました。
ただしばらくの間は、「まだつながらない」「3gになる」といった声が聞こえていたものの、今回の音声通話サービス停止で電話が繋がらない通信障害の原因はIoT回線のネットワーク工事によるものだと発表されています。

14日のドコモ通信障害は、IoT回線のメンテナンス工事が原因

 NTTドコモは、14日に発生した通信障害の原因が「ネットワーク工事の切り戻しに伴う信号量増大によるネットワーク輻輳(ふくそう)」と発表した。ここで言う「工事」は、同日未明から実施されていたIoT回線の工事のこと。工事が計画より長引き、元の状態に戻したところ、IoT機器から大量の信号が発生して輻輳につながった。

 通信サービスにおける輻輳とは、アクセスが過度に集中する状態のこと。電話やデータ通信がつながりにくくなり、場合によってはネットワーク全体がダウンする状態になる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/33a327b524b6d89175e4af434a7963fd2e99b164

「障害」の検索結果 - Yahoo!ニュース
「障害」の検索結果。Yahoo!ニュースでは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事などを掲載しています。
タイトルとURLをコピーしました