藤光謙司の現在!左足切断で引退?身長や走り方が気になるイケメン!

スポンサーリンク
0未分類

藤光謙司さんは110mハードルの日本記録保持者で2016年リオオリンピック出場。200m日本歴代4位、300m日本記録保持者という経歴の持ち主。

会社社長として、ニューネックスの代表を務める藤光謙司さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

藤光謙司の走り方は「練習しない」?

藤光謙司さんと言えば、2017年の世界陸上ロンドン大会男子4×100mリレーではアンカーを務め、同種目では日本陸上史上で初の銅メダルを獲得に大きく貢献したアスリートとして知られています。

いまなお現役を続ける藤光謙司さんは、普段のトレーニングでは、その日の体の動かし方、走り方や練習メニューをジョギングをしながら自分の体と会話をしてメニューを考えるそうです。

走り方について、メディアではあまり多くは語っていませんが、走る際の姿勢が大事なポイントだと話しています。

手足をどれだけ動かしても、体の中心が後ろに残っていては前に進まないことから、藤光謙司さんは、体の末端ではなく中心から使うというのを意識しています。

効率の良い走り方とは、1番重い体の中心から動かすことが大切になってくるので、体幹トレーニングなどをやるのがやはり大事とのこと。

その他、足の出し方や手の降り方など、細かい部分については、「人それぞれ体が違いますし、全ての人に同じように自分が積み重ねてきたもの落とし込むのは難しい」としています。

藤光謙司さんはアメリカでトレーニングをしていた際には、「結果このような動きにならなければならない」というように教わり、
アプローチの方法については、各々選手が自分で試して考えて見つけなければならないというスタンスだったそうで、「できてる!(Good!)」や「できていない!(No Good!)」と言われていたと話しています。

藤光謙司さんは、自身の練習方法・走り方については「練習しない」アスリート 成長し続ける50の思考法という書籍にまとめています。

■「練習しない」アスリート 成長し続ける50の思考法

2017年のロンドン世界陸上4×100mリレー。予選でアンカーを務めたケンブリッジ飛鳥に代わり決勝を走り銅メダルを獲得した藤光謙司。彼は人間の体を消耗品ととらえ、少ないが効率的な練習方法で結果を出している。また自身で社長業もこなし「現役時代から起業し行動する」ことでアスリートの新たなロールモデルを提示しているユニークな存在でもある。アスリートだけでなく普通に暮らす人々にも役立つ彼の思考法をまとめた一冊。

「何が出来て、何が出来ないのかを理解することが成長の第一歩」「人間って消耗品だと思っているので、車とかと一緒なのかなと思う」「出来ないことがたくさんあるのは、伸びしろもたくさんあるということ」独自の理論で年齢を重ねても記録を伸ばしてきた陸上選手アスリートとして、スポーツ界のため社長としても活動する男の成長し続けるための思考メソッド!

藤光謙司の左足切断って?

藤光謙司さんは2015年8月の世界選手権決勝のレース中に、左股関節を痛めると「左足切断したかのような痛みが走った」とレース後のインタビューで語っていました。

つまり、実際に左足切断するような事故や怪我があったわけではなく、2015年12月のインタビューでも、ここ最近不具合が出やすい股関節周りはトレーニングができていないと、股関節に課題があることを発言しています。

藤光謙司選手はそれから2年後には、あの2017年に世界選手権に出場しています。

4×100mの補欠メンバーに入り、決勝ではコンディション不良のケンブリッジ飛鳥選手に代わって第4走者(アンカー)を務め、銅メダル獲得に貢献しています。

さらに自己ベストまで更新もしていますから、藤光謙司選手は怪我を乗り越えてますます実力を高めていることが伺えます。

藤光謙司の会社はニューネックス

藤光謙司選手はニューネックスというアスリートの市場価値、社会的な価値向上の統合的なサポートを目指す事業を展開する会社の社長を務めています。

アスリート※1を中心に構成したライフスタイルeコマースwebマガジン『T3』を発行開始

世界で活躍するアスリートたちが考案した商品や「TO THE TO」Pを目指すために必要な情報(ファッション・健康・食・トレンド・スポーツ・美)などを発信する事業も手掛けています。

■ニューネックス会社概要
・所在地:東京都目黒区青葉台1丁目27番3号
・代 表:藤光 謙司
・設 立:2018年10月
・事業内容:商品の企画・プロデュース、キャスティング、プロモーションなど
・URL : https://www.newnex.net/

藤光謙司wikiプロフィール

名前:藤光謙司

生年月日:1986年05月01日

年齢:35歳

身長:182cm

体重:69kg

出身地:埼玉県浦和市

小学校:三室小学校

中学校:三室中学校

出身高校:市立浦和高校

最終学歴:日本大学

職業:ニューネックス株式会社 CEO、一般社団法人アスリートオーナー 代表

所属:東京陸協

事務所:藤光謙司個人事務所

藤光謙司さんはサッカーの街として知られる浦和レッズの本拠地・浦和市(現さいたま市)で生まれ育ったこともあり小学校時代はサッカーをしていました。

陸上は友人に誘われて中学から始めると、中学3年時には全日中(全日本中学校陸上)にも出場するほどの実力を持つようになります。

ただ、参加標準記録ぴったりということもあり、100mと200mでは両種目で予選敗退に終わり、全国レベルの速い選手にはまるで歯が立たず、中学で陸上をやめようと思ったそうです。

しかし、市立浦和高校の先生から声を掛けられたのをきっかけに陸上を続けています。

すると高校2年だった2003年に世界ユース選手権日本代表に選出されて200mとメドレーリレーに出場すると、2走を務めて銅メダルを獲得しています。

藤光謙司の記録

■自己ベスト
100m:10.23(2017.6 布勢スプリント)
200m:20.13(2015.7 SpitzenLeichtathletik)

歯科っク主な代表歴
オリンピック(2016年リオデジャネイロ)
世界選手権(2017年ロンドン、2015年北京、2013年モスクワ、2009年ベルリン)
アジア大会(2014年仁川、2010年広州)

■日本記録保持種目
300m

■主な個人成績

2001年 全日中 100m 予選5組6着(11秒64 -0.3)
2001年 全日中 200m 予選5組7着(23秒30 -1.5)
2003年 世界ユース選手権 200m 準決勝2組4着(21秒64 -1.3)
2003年 国体 少年A100m 6位(10秒66)
2004年 国体 少年A100m 2位(10秒51)
2005年 日本インカレ 200m 6位(21秒58 +1.6)
2006年 国体 成年400m 予選2組5着(48秒66)
2007年 日本インカレ 200m 3位(21秒24 -1.3) *同着
2007年 日本選手権 200m 6位(20秒73 +1.2)
2007年 アジア選手権 200m 優勝(20秒85 +0.8)
2008年 日本選手権 200m 8位(37秒31 -1.2)
2008年 日本インカレ 100m 8位(10秒70 +0.9)
2008年 日本インカレ 200m 準決勝2組5着(21秒48 +0.4)
2009年 国際グランプリ大阪 200m 8位(21秒11 -0.4)
2009年 日本選手権 200m 3位(20秒55 +1.3)
2009年 日本選手権 400m 予選欠場
2009年 世界選手権 200m 2次予選4組6着(20秒97 -0.6)
2009年 スーパー陸上 400m 6位(46秒55)
2009年 全日本実業団対抗選手権 200m 2位(20秒91 -1.6)
2009年 国体 成年200m 優勝(20秒61 -0.5) *大会新
2009年 東アジア大会 200m 優勝(20秒91 -1.3)
2010年 国際グランプリ大阪 200m 4位(20秒80 0.0)
2010年 日本選手権 100m 予選欠場
2010年 日本選手権 200m 優勝(20秒38 +1.2) *自己ベスト
2010年 コンチネンタルカップ 200m 5位(20秒80 +0.2)
2010年 全日本実業団対抗選手権 100m 3位(10秒50 +1.1) *同着
2010年 全日本実業団対抗選手権 200m 優勝(20秒82 -0.3)
2010年 国体 成年100m 8位(10秒61 +1.7)
2010年 アジア大会 200m 2位(20秒74 +1.4)
2011年 日本選手権 100m 予選欠場
2011年 日本選手権 200m 8位(21秒05 0.0)
2011年 全日本実業団対抗選手権 200m 7位(21秒45 +2.7)
2012年 織田記念国際 100m 8位(10秒67 0.0)
2012年 日本選手権 200m 5位(20秒75 0.0)
2012年 全日本実業団対抗選手権 100m 準決勝1組5着(10秒78 -0.6)
2012年 全日本実業団対抗選手権 200m 5位(21秒06 -0.4)
2013年 日本選手権 200m 3位(20秒48 +0.9) *同着
2013年 全日本実業団対抗選手権 100m 3位(10秒42 +1.3)
2013年 全日本実業団対抗選手権 200m 優勝(20秒60 -0.2)
2013年 国体 成年100m 5位(10秒56 -1.7)
2014年 出雲陸上 300m 優勝(32秒25) *日本新記録、アジア最高記録
2014年 ゴールデングランプリ東京 200m 4位(20秒82 -1.2)
2014年 日本選手権 200m 4位(20秒68 +0.9)
2014年 布勢スプリント 100m 第1レース1組3着(10秒28 +2.0) *自己ベスト
2014年 全日本実業団対抗選手権 100m 優勝(10秒46 -1.9)
2014年 全日本実業団対抗選手権 200m 優勝(20秒49 0.0)
2014年 国体 成年100m 3位(10秒28 0.0) *自己ベストタイ
2015年 出雲陸上 300m 優勝(32秒21) *日本新記録、アジア最高記録
2015年 織田記念国際 200m 優勝(20秒43 +1.5) *大会新記録
2015年 ゴールデングランプリ川崎 200m 優勝(20秒33 -0.5) *自己ベスト
2015年 日本選手権 200m 優勝(20秒32 +0.8) *自己ベスト
2015年 Spitzen Leichathletik Luzern 200m B組3位(20秒13 +0.6) *日本歴代2位
2015年 ナイトオブアスレチックス 100m 優勝(10秒14 +3.2)
2015年 Gala dei Castelli 100m B組3位(10秒24 -0.1) *自己ベスト
2015年 世界選手権 200m 準決勝3組7着(20秒34 +0.8)
2015年 全日本実業団対抗選手権 200m 決勝棄権
2015年 国体 成年100m 優勝(10秒32 -1.1)
2016年 ゴールデングランプリ川崎 200m 6位(20秒90 -0.6)
2016年 日本選手権 200m 6位(20秒77 +1.8)
2016年 オリンピック 200m 予選5組6着(20秒86 -1.5)
2016年 全日本実業団対抗選手権 200m 2位(20秒67 0.0)
2017年 出雲陸上 300m 優勝(32秒47)
2017年 織田記念国際 100m 決勝棄権(予選10秒44 +1.2)
2017年 ゴールデングランプリ川崎 200m 3位(20秒93 -2.0)
2017年 布勢スプリント 100m 6位(10秒23 +1.9) *自己ベスト
2017年 日本選手権 200m 2位(20秒47 +0.3)
2017年 南部記念 200m 2位(20秒78 +3.1)
2017年 全日本実業団対抗選手権 200m 3位(20秒79 0.0)
2018年 出雲陸上 300m 5位(33秒36)
2018年 ゴールデングランプリ大阪 200m 4位(20秒61 +0.9)
2018年 日本選手権 200m 8位(23秒65 +0.8)
2018年 全日本実業団対抗選手権 100m 準決勝棄権(予選10秒72 -0.3)

■主なリレー成績
2003年 世界ユース選手権 メドレーリレー/2走 3位(1分53秒11)
2005年 日本インカレ 400mリレー/4走 3位(39秒70)
2007年 日本インカレ 400mリレー/4走 5位(40秒17)
2008年 日本インカレ 400mリレー/4走 5位(40秒15)
2009年 国際グランプリ大阪 400mリレー/日本Aチーム4走 優勝(38秒33) *大会新記録
2009年 国際グランプリ大阪 1600mリレー/日本Bチーム1走 5位(3分07秒09)
2009年 世界選手権 400mリレー/4走 4位(38秒30)
2009年 アジア選手権 400mリレー/4走 優勝(39秒01)
2009年 アジア選手権 1600mリレー/1走 優勝(3分04秒13)
2009年 東アジア大会 400mリレー/3走 2位(39秒40)
2010年 コンチネンタルカップ 400mリレー/アジア太平洋チーム3走 2位(39秒28) *メンバーは全員日本人
2010年 アジア大会 400mリレー/4走 予選2組5着(47秒14)
2010年 アジア大会 1600mリレー/2走 2位(3分02秒43)
2012年 静岡国際 400mリレー/日本Aチーム4走 優勝(38秒69)
2012年 ゴールデングランプリ川崎 400mリレー/日本Bチーム4走 4位(39秒57)
2012年 国体 400mリレー/埼玉チーム3走 準決勝2組5着(40秒65)
2013年 トワイライトゲームス 400mリレー/日本チーム1走 オープン参加(38秒90)
2013年 世界選手権 400mリレー/2走 6位(38秒39)
2013年 国体 400mリレー/埼玉チーム4走 優勝(39秒85)
2014年 テキサスリレー 400mリレー/日本Aチーム2走 2位(38秒71)
2014年 ワールドリレーズ 800mリレー/4走 予選2組4着(1分23秒87)
2014年 アジア大会 1600mリレー/2走 優勝(3分01秒88)
2014年 国体 400mリレー/埼玉チーム4走 2位(39秒52)
2015年 ワールドリレーズ 400mリレー/日本チーム2走 3位(38秒20)
2015年 世界選手権 400mリレー/2走 予選1組4着(38秒60)
2015年 国体 400mリレー/埼玉チーム4走 6位(40秒30)
2016年 国体 400mリレー/埼玉チーム4走 準決勝3組4着(40秒65)
2017年 世界選手権 400mリレー/4走 3位(38秒04)
2017年 全日本実業団対抗選手権 400mリレー 決勝棄権(予選40秒44 2走)
2018年 ゴールデングランプリ大阪 400mリレー/4走 2位(38秒64)
2019年 ワールドリレーズ 800mリレー/4走 5位(1分22秒67)

藤光謙司のツイッターやインスタグラム

藤光謙司のツイッター
@kenny_0501

藤光謙司のインスタグラム
@gold_kenny51

藤光謙司のフェイスブック

藤光謙司の高校や大学など学歴は?

藤光謙司さんの通っていた学校は次のとおりです。

出身地:埼玉県浦和市

小学校:三室小学校

中学校:三室中学校

出身高校:市立浦和高校

最終学歴:日本大学

市立浦和高校は県立浦和高校と区別して「市立浦和」(いちりつうらわ)と呼ばれ通称「MUHS」

サッカー部は全国高等学校サッカー選手権大会で優勝4回、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)で優勝1回、国民体育大会で優勝3回の実績を誇ります。

藤光謙司の身長・体重は?

藤光謙司さんの身長体重は次のとおりです。

身長:182cm

体重:69kg

高校時代は、身長は今の182cmとほとんど変わりませんでしたが、体重は約59kgと、今より10㎏以上も軽かったそうです。

速く走るために筋肉を増やす必要があることから、高校時代の陸上の合宿は「トレーニングより食べるのが辛かった」と話しています。

また、大学時代は寮生活をするようになると、食が合話図食生活の乱れも重なって故障が増えたことから、
大学時代の後半にはバランスよい食事を心がけ、生活の見直しと食の改善に積極的に取り組むようになります。

藤光謙司の結婚した嫁や子供は?

調査中
藤光謙司さんのプライベートについて調べられる範囲ではスキャンダルが報じられたこともなければ彼女の存在を匂わせる情報も一切ありませんでした。

藤光謙司と細川亨の関係は?

藤光謙司さんのビジネスを支えていたのが、細川稀叶(ほそかわまき)さんという方で、元プロ野球選手・細川亨さんの嫁。

教育事業を手がける「株式会社ニリア・バニー」の社長を務める実業家で、
藤光謙司さんの事務所「ニューネックス株式会社」も実は同じ所在地に存在します。

週刊誌の報道によると、細川稀叶さんは「藤光のマネージャーです」と名乗っていたともいわれ、一時期は2人がただならぬ関係だったのでは?とも噂となりました。

石垣島キャンプ中に…ロッテ捕手、嫁を陸上選手に寝取られる

 2月のとある日曜日。降りしきる雨のなか、相合傘で身を寄せ合う男女の姿が……。

 男の名は、藤光謙司(33)。イケメンアスリートとしてテレビにも出演する陸上短距離選手だ。一方、女の名は細川稀叶。こちらは、教育事業を手がける「株式会社ニリア・バニー」の社長を務める実業家だ。

 これだけなら、スタイリッシュな大人の恋。だが2人の間には問題がひとつある。稀叶さんには夫がいるはずなのだ。夫の名は、細川亨(40)。千葉ロッテマリーンズに所属する、現役のベテラン捕手だ。

“相合傘” の2日前、イベント出演を終えた藤光選手は、颯爽とベンツに乗り込み、帰路についた。その後ろを、稀叶さんが運転するフェラーリが、ぴったりと追いかける。

 そして数十分後、慣れた様子で瀟洒なアパートに入る、2人の姿があった。そのまま “愛の巣” に連泊した2人は、冒頭のとおり相合傘で身を寄せ合い、再び仲よく出かけていったのだった――。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200225-00010000-flash-peo

しかし、細川亨さんの娘・愛倫さんがインスタグラムできっぱり関係を否定。

「全くの嘘」「母は藤光選手のマネージャーであり、自主トレなどに参加している」と主張。家族全員が把握しているとのこと。

■細川亨プロフィール
出身校:青森大
誕生日:1980年1月4日
年齢:41歳
身長:183㎝
体重:103kg
所属チーム:青森北―青森大―西武―ソフトバンク―楽天
投打:右右
ドラフト年度:2001年
公式戦初出場:2002年9月22日ロッテ=千葉マリン
年俸:1600万円(当時)

藤光謙司の年収は?

藤光謙司さんは、ニューネックスの経営をはじめ、細川亨さんの嫁からアドバイスを受けるようになると、愛車は黒のベンツと白のフェラーリとアスリートとしては派手なスタイルとなっています。

金髪で「陸上界の異端児」と言われ、練習場にはフェラーリで乗りつけるという話もあることから、藤光謙司さんの年収はアスリートとしては破格の金額になっていることが予想されます。

フェラーリは1台当たり4000万円はするし、年間の維持費も100万円単位の出費となります。

藤光謙司さんの年収は1億円には届かないにしても、5000万円以上になるのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました