フーリガン行為の女性は誰?マリーナ・オフシャンニコワがロシア国営テレビで反戦

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ロシア国営テレビ「チャンネル1」でニュース生放送中に映り込み反戦を訴えたことがフーリガン行為とみなされ3万ルーブル(280ドル)の罰金刑を科されました。

このフーリガン行為で反戦を訴えた女性は誰なんでしょうか?

スポンサーリンク

フーリガン行為の女性は誰?マリーナ・オフシャンニコワがロシア国営テレビで反戦

ロシア国営テレビでの反戦訴えは「フーリガン行為」=クレムリン

[ロンドン/パリ 15日 ロイター] – ロシア大統領府(クレムリン)のペスコフ報道官は15日、国営テレビ「チャンネル1」のスタジオでの生放送中に映り込み、ウクライナ侵攻に反対した女性の行動について「フーリガン行為」だと一蹴した。

女性は14日、ニュースを読み上げるキャスターの背後で、ロシア語と英語で「戦争反対。戦争をやめろ。プロパガンダを信じるな。この人たちはあなたにうそをついている」と書いたプラカードを掲げ、「戦争やめろ。戦争反対」と叫んだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/913b56daf15864725a688b648841ac630c292ce1

フーリガン行為をしたとして罰金刑が課せられたのはマリーナ・オフシャンニコワさん。

ロシア国営テレビ「チャンネル1」の従業員でニュース番組の放送中にキャスターの背後で反戦を訴えたことたフーリガン行為とみなされたようです。

マリーナ・オフシャンニコワさんはロシア語と英語で「戦争反対。戦争をやめろ。プロパガンダを信じるな。この人たちはあなたにうそをついている」と書いたプラカードを掲げ、「戦争やめろ。戦争反対」と訴えていました。

フランスのマクロン大統領はマリーナ・オフシャンニコワさんを支援することを表明しています。

タイトルとURLをコピーしました