新型86に海外の反応「とても安全なデザイン」「後ろ姿は昔のAE86」

スポンサーリンク
未分類

トヨタ新型86が世界初公開されました。

スポンサーリンク

新型86に海外の反応「とても安全なデザイン」「後ろ姿は昔のAE86」

9年ぶり! トヨタ新型「GR86」世界初公開! スバルとの協業強化で全面刷新へ

真打ち登場!? 新型GR86がついに世界初公開!
 トヨタのモータースポーツカンパニーとなる「TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)」は、スバルと共同開発した新型「GR86(以下、86)」を2021年4月5日に世界初公開しました。    GRブランドとしては、2019年の「GRスープラ」、2020年の「GRヤリス」に続く、第3弾のグローバルモデルとして登場。2代目となった86はどのような進化を遂げているのでしょうか。

 今回の新型86とスバルの新型「BRZ」は、クルマのベースを共有しながらも、それぞれの個性を引き延ばした「異なる走りの味」を持たせることに注力して開発されました。  86は、BRZの開発陣と切磋琢磨しながら「86ファンに喜んでいただける86らしい味の進化」を追求した結果、新型86では「スポーツ性能に特化した、さらなる高い次元でのダイレクトで気持ちのいい走り」を実現したといいます。

初代モデルのボディサイズを継承してほぼそのままにすることで、全高ならびにヒップポイントを低く抑え、さらなる低重心化と回頭性の向上に寄与。86に求められるキビキビとした走りをさらに追求しました。  動力性能においては、ルーフパネルのアルミ材採用などによる更なる低重心化、フェンダーのアルミ材採用やフロントシート、マフラーなどの改良による軽量化を実現。  街乗りから限界走行まで、どんな速度域でも「走る楽しさ」を感じられるハンドリング性能を目指し、ボディ剛性を向上させています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/36f2c8e801d27c23cbdbfdceac2ea38268b38066

リアエンドはアコードのようだ。思わず見とれてしまいます。

このモデルと比較して第一世代がクールであるように、第一世代のボディラインは少し退屈だと思う。

22年型BRZ/86のニュースがないので、気が狂いそうになっています。この車とベロスターNをクロスショプしていますが、どちらも試乗するのが待ち遠しいですね。

私の意見では、トヨタはストップランプのデザインを変えるだけで真の勝者になれると思いますが、私はスバルのものを使い続けると予想しています…。

だろ?丸にこだわる このデザインだと、ホンダのシビックやアコードのように見えますね。

フロントバンパーは86の方が似合っている。

これが新型車のイメージ?”手頃な価格 “のスポーツカーであることを期待しています。

トヨタの社長は、スバルのバージョンをあらゆる面で劣らせて、スバルを破滅させようとしています。トヨタはスバルをますます酷使するようになりました。D4-Sインジェクションシステムを他のボクサーに提供せず、ハイブリッド技術をスビーに提供したのはつい最近のことで、ピックアップトラックを作るための技術提供も拒否しています。
ヨーロッパでは、Subieがもう少し安く車を売ることができるように、組み立て工場を共有して価格を下げることもせず、モデルやトリムでヨーロッパ市場を適切に機能させることもしませんでした。CVT車はクロストレック、アウトバック、フォレスターだけです。(レヴォーグはなくなってしまいましたが、マニュアル車があってもおかしくないし、Subieにとっては簡単なことなのに、マニュアル車もありませんでした。
トヨタの怠慢のためにすべての仕事をして、スポーツカーを作ったふりをしてあげたスビーは、本当に不利益を被っています…。

ヒュンダイに似ているが、もっと悪い

私はスバルがとても好きなのですが、最初はトヨタの方が好きだったような?

私は新型BRZよりもトヨタのフロントエンドの方が断然好きです。

とても「安全」なデザインです。積極性には欠けますが、欲しくないと言えば嘘になります。

FRSのように振り返ることはありませんが、運転するのは楽しいと思いますよ。

Kia stingerの廉価版のように見えますが、冗談はさておき、とても気に入っています。

BRZが発表されたときから、このデザインは気に入っていました。真っ赤なBRZの隣に停めるために、ブルーのGR86を買う予定です。

嫌いではありませんが、私にはフェイスリフトの86と350zの落とし子のようにしか見えません。

非常に安全性の高いデザインを採用したようです。頑丈です。好きでも嫌いでもない。もっとアグレッシブなデザインをアフターマーケットで見てみたいと思います。

まだ初代の方が好きです。後ろ姿は昔のAE86のようです。

GR86はBRZよりもスロットルレスポンスが良く、リアサスペンションはロールが少なく硬めに設定されています。おそらく、アンチロールバーが太くなっているのだと思います。

BRZのヘッドライトの方が好きだが、86の背の高いグリルが好きだ。でも、どちらもいい感じですね。

見た目は非常に淡白で印象に残りません。ヒュンダイのジェネシスとキアのスティンガーを合体させたようなもので、決して褒められたものではありません。
400zが同じ価格帯になると噂されていることを考えると、これは最初から絶望的だ。

彼らはスタイリングを少し和らげた。見た目は悪くないのですが、あまりにも平均的な通勤車のようなデザインです。高級車のスタイルを参考にしていることはわかりますが、この車には合わないと思います。もっと生々しく、シャープで、ミニマルなデザインの方が、この車には合っていると思います。以上、私の意見でした。

赤が映えますね。インテリアも面白いですね

タイトルとURLをコピーしました