ウェールズ・クラウザーwikiプロフ|911赤いバンダナの消防士

スポンサーリンク
未分類

ウェルズ・レミー・クラウザーは、アメリカの株式トレーダーであり、ボランティアの消防士として、9月11日のニューヨーク同時多発テロの際に18人もの命を救ったことで知られている。

スポンサーリンク

ウェールズ・クラウザーwikiプロフィール

名前:Welles Crowther

生年月日:1977年5月17日

没年月日:2001年9月11日(享年24歳)

ウェルス・レミー・クラウザーは、3人兄弟の長男として生まれた。

両親はジェファーソンとアリソン。

1940年から1967年までニューヨーク・タイムズ紙の映画評論家だったボスリー・クラウザーは父親方の祖父。

ニューヨーク郊外のナイアックで育てたウェールズ・クラウザーは6歳のとき、父親からクラウザーのトレードマークとなる赤いバンダナをもらい、高校時代にはスポーツのユニフォームの下にすべてクラウザーが着用していた。

16歳の時、父のボランティア消防士に加わったことから、自身もジュニアメンバーとして加わります。

ボストン・カレッジに入学し、ラクロスをプレーした後、ニューヨークに移り、「Sandler O’Neill and Partners」社の株式トレーダーとして就職し、世界貿易センターのサウスタワー104階のオフィスに居を構えた。

2001年9月11日、ユナイテッド航空175便が午前9時3分にサウスタワーの77階と85階の間に激突した9分後、ウェールズ・クラウザーは午前9時12分にオフィスから母親に電話をかけています。

「母さん、ウェルスだよ。俺は大丈夫だってことを知らせたかったんだ」というメッセージを残しました。

78階のスカイロビーに向かったウェールズ・クラウザーは、そこで、86階のニューヨーク税務金融局に勤務する大やけどを負ったリン・ヤングをはじめとする生存者たちに出会った。

ヤングは、飛行機がタワーに衝突したとき、エレベーターの前で避難を待っていた約200人のうちの1人で、数少ない生存者の1人だった]。

ウェールズ・クラウザーは、若い女性を背負って、彼らを1つだけ動いている階段に誘導した。

生存者はクラウザーの後を追って17階まで下り、そこで女性を降ろした後、他の人を助けるために上階に戻った。

78階に戻った時には、煙や靄から身を守るために鼻と口に赤井バンダナを巻いていた。

ウェールズ・クラウザーは別の生存者グループを発見し、その中には103階で働いていたAON社のジュディ・ヴァインも含まれていた。

そして、そのグループに向かって、「立っていられる人は、今すぐ立ってください。タワーの居住者が通りに向かうと、クラウザーは他の人を助けるために階段を上って戻ってきた。

彼が最後に目撃されたのは、サウスタワーが9時59分に崩壊する前にFDNY(ニューヨーク市消防局)のメンバーと一緒にいるところだった。

ウェールズ・クラウザーの遺体は2002年3月に発見されています。

サウスタワーのロビーにあった指揮所と思われる場所に集まっていた数人の消防士や救急隊員のそばにいました。

ニューヨーク検死官事務所は、彼の遺体は火傷の痕跡もなく無傷で発見されたと発表し、当局はビルが崩壊したときに彼が民間人の案内係として救助活動を手伝っていたと推測しています。

ウェールズ・クラウザーの家族は、母親との最後の電話から亡くなるまでの間の彼の行動の詳細を知らなかったが、アリソン・クラウザーがニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたジュディ・ウェインの「赤いバンダナを巻いた男に助けられた」という生の証言を読んだことがきっかけで、アリソンはウェインやヤングなど、ウェルスが助けた人たちと会うことになった。

生存者の証言によると、ウェールズ・クラウザーは同時多発テロの派生直後から、18人もの人々を救ったという。

ウェールズ・クラウザーの両親は、ミシガン州の財団の支援を受けて、教室、スポーツチーム、キャンプ、青少年プログラム向けの人格形成プログラムである「レッドバンダナプロジェクト」を立ち上げました。

また、ウェルス・レミー・クローサー・チャリタブル・トラストを設立し、慈善活動に資金を提供しています。

毎年10月には、ボストン・カレッジで5キロのロードレース「Welles Remy Crowther Red Bandana Run」を開催している。

2006年、クラウザーは死後、ニコラス・スコペッタ長官からニューヨーク市の名誉消防士に任命された。

同年、ボストン・カレッジのラクロス部のチームメイトであるタイラー・ジュエルは、2006年冬季オリンピックのスノーボード米国代表チームの一員として出場した際に、ウェールズ・クラウザーを記念して赤いバンダナを着用した[。

2013年、クラウザーの姉であるオナー・クラウザー・フェイガンは、9.11同時多発テロの際のウェルスの行動について、叔父のジョン・M・クラウザーがイラストを担当した児童書『The Man In the Red Bandanna』を出版した。

国立9.11記念館では、南プールのパネルS-50にクラウザーが追悼されている。

バラク・オバマ大統領は、2014年5月15日に行われた同記念館の寄贈式で、ウェールズ・クラウザーについて

「彼らは彼の名前を知らなかった。どこから来たのかもわからなかった。しかし、彼らは赤いバンダナを巻いた男に命を救われたことを知っていた。

彼は炎を消すために消火器を呼んだ。負傷者の手当てをした。生存者を階段から安全に導き、女性を肩車して17階から降りてきました。そして、彼は戻った。階段を登り、また降りてきた。

そして、また下に降りて、より多くの負傷者を安全に運びました。塔が倒れるあの瞬間まで」。クラウザーのバンダナの1つは博物館に展示されている。

ウェールズ・クラウザーは2017年の長編ドキュメンタリー『Man in Red Bandana』の題材となった。

タイトルとURLをコピーしました