八戸学院光星高校野球部メンバー甲子園2022出身中学や注目選手・スタメン

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

八戸学院光星高校野球部は第104回 全国高校野球選手権大会青森大会決勝で八戸工大一を下し3年ぶり11度目の優勝。

2022年の甲子園出場を果たし1回戦は創志学園(岡山 4年ぶり3回目 )と対戦する八戸学院光星高校野球部メンバーの出身中学や注目選手をまとめています。

スポンサーリンク

八戸学院光星高校野球部メンバー/甲子園の出身中学

背番号選手守備学年出身投/打身長/体重
1洗平歩人投手3年生佐倉リトルシニア右/左180/72
2文元磨生捕手3年生大阪城東リトルシニア右/右
3野呂洋翔外野手3年生弘前白神リトルシニア右/左
4井坂泰三内野手3年生横浜旭峰ポニー
5池上智史内野手3年生二宮大磯リトルシニア
6中澤恒貴内野手2年生江戸川北リトルシニア右/右180/75
7織笠陽多外野手3年生三沢リトルシニア右/右
8佐藤航太内野手3年生江東ライオンズ右/右
9深野友歩外野手3年生京都リトルシニア右/右
10渡部和幹投手3年生志村ボーイズ左/左
11宇田海希投手3年生寝屋川中央リトルシニア
12石井颯真捕手3年生香芝ボーイズ
13冨井翼投手3年生世田谷西リトルシニア右/右
14奥名恒貴内野手3年生大阪南海ボーイズ右/右
15藤原天斗捕手2年生大阪南海ボーイズ
16成田光佑内野手3年生弘前聖愛リトルシニア
17高梨克久外野手3年生板橋リトルシニア右/右
18洗平比呂投手1年生佐倉リトルシニア左/左

八戸学院光星が3年ぶり11度目の夏の甲子園出場 八戸工大一は終盤怒とうの追い上げも及ばず

◇第104回 全国高校野球選手権大会青森大会決勝 八戸学院光星6―5八戸工大一(22日、はるか夢)

8月6日から行われる第104回全国高校野球選手権大会。22日、青森大会決勝が行われ、八戸学院光星が6ー5で勝利し、3年振り11度目の出場を果たしました。

降雨の影響で1時間遅れの14時から始まった決勝。八戸学院光星が2回、織笠陽多選手と深野友歩選手のタイムリーヒットで2点を先制します。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c316911a8313322288659d67f042855e282508f0

■八学光星の夏の青森大会2022年戦歴
・決勝  :八学光星 6-5 八工大一
・準決勝 :八学光星 3x-2 聖愛
・準々決勝:八学光星 7-4 q東奥義塾
・3回戦 :八学光星 2-1 q弘前東
・2回戦 :八学光星 8-1 q青森西(7)

八戸学院光星高校野球部スタメン

2022年07月22日の全国高等学校野球選手権青森大会 高校野球夏の選手権大会 決勝・八戸工大一高校との対戦は、以下のスタメンで行われました。

打順 守備 名前 学年 出身中学・出身高校
1 二 井坂泰三 3年生 井土ヶ谷東団地少年野球部 – 横浜旭峰ポニー – 八戸学院光星
2 中 佐藤航太 3年生 江東ライオンズ – 八戸学院光星
3 遊 中澤恒貴 2年生 江戸川北リトルシニア – 八戸学院光星
4 一 野呂洋翔 3年生 弘前白神リトルシニア – 八戸学院光星
5 左 織笠陽多 3年生 三沢リトルシニア – 八戸学院光星
6 三 池上智史 3年生 二宮大磯リトルシニア – 八戸学院光星
7 右・中 深野友歩 3年生 京都リトルシニア – 八戸学院光星
8 捕 文元磨生 3年生 大阪城東リトルシニア – 八戸学院光星
9 投 渡部和幹 3年生 志村ボーイズ – 八戸学院光星

八戸学院光星高校野球部メンバー/甲子園の注目選手

随時更新

八戸学院光星高校野球部メンバーの進路

洗平 竜也
根市 寛貴
松崎 伸吾
坂本 勇人
下沖 勇樹
川上 竜平
北條 史也
田村 龍弘
呉屋 開斗
田城 飛翔
武岡 龍世
八木 彬

八戸学院光星高校野球部の監督

八戸学院光星高校野球部の監督は仲井宗基さんです。

■仲井宗基プロフィール

生年月日:1970年5月3日

年齢:52歳

出身地:大阪府

出身高校:桜宮高校

出身大学:東北福祉大学

高校時代は主将、捕手として夏の大阪府大会で準優勝しています。甲子園には出場していません。

大学でも野球を続け、阪神の金本や矢野、3学年上に「大魔神」佐々木主浩さんと一緒にプレー。3年時には控えの捕手として全国制覇をしています。

大学を卒業後、1993年から光星学院に赴任すると野球部コーチとなり、部長を経て2010年4月から監督に就任しています。

翌年2011年、監督2年目にして夏の選手権から3季連続で甲子園準優勝を達成。

全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)2011年(準優勝)
センバツ高校野球(選抜高等学校野球大会)2012年(準優勝)
全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)2012年(準優勝)

春夏通じて21回目の出場でそのうち仲井の監督就任後は13回目(春6/夏7)。監督としての勝利数は通算20勝。

他にも明治神宮野球大会(高校野球)2011年(優勝)

2019年 第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ
2018年 第12回 BFA U18アジア選手権
2015年 第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ

にはコーチとして帯同

八戸学院光星高校野球部の戦績

八戸学院光星高校は1956年創立の私立校で、野球部も同年に創部

八戸学院光星高校野球部の2022年新チームの成績(公式戦)は
秋季県大会 ベスト8
春季県大会 ベスト4
夏季県大会 優勝

■甲子園出場・好成績実績
出場回数(春選抜大会) 10回
    (夏選手権大会) 11回
優勝 0回
準優勝 3回

タイトルとURLをコピーしました