原田海の経歴をwiki調査!身長・体重は?母もクライミング?

スポンサーリンク
0未分類

原田海さんは日本を代表するスポーツクライミングの第一人者で、抜群の身体能力・筋肉を誇るアスリート。

2021年は東京五輪に出場しメダル獲得の期待もかかる原田海さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

原田海のクライミングシューズは?

2020年にボルダリングジャパンカップで初優勝をした際に履いていたシューズはスカルパのドラゴのようです。

アッパー部分を大きめのしなやかなラバーで覆われていることからトウフックが踏ん張りやすく、ヒールも潰れにくく力を逃さない構造となっています。

他にも北江優弥選手が着用していたモデルです。

ちなみに、2018年に世界選手権で優勝した際にはノーエッジタイプのシューズ「フューチュラ リブート (Futura Reboot)」を着用していました。

原田海wikiプロフィール

名前:原田海(はらだ かい)

生年月日:1999年3月10日

年齢:22歳(2021年7月現在)

出身地:大阪府岸和田市

身長:168cm

体重:55kg

出身高校:羽衣学園高校

出身大学:神奈川大学人間科学部

スポンサー:日新火災

原田海選手がクライミングを始めたのは小学5年生の時。

大阪の自宅近くにあったクライミングジム「スカイボックス」にたまたま遊びに行ったところ、たちまちクライミングの魅力に取りつかれたそうです。

大学進学で神奈川に移住するまでほぼ毎日のようにクライミングジム「スカイボックス」に通っていたそうですが現在、同店は閉店しています。

原田海の経歴

【練習密着】プロクライマー原田海の大会前のガチ練習に密着してみた

原田海さんが本格的なスポーツクライミングの大会に初挑戦したのは2014年、高校1年生の時に出場したジュニアオリンピックです。

ボルダリングの大会出場経験が多いライバルを尻目に、当時は無名だった原田海選手はリード競技でいきなり5位に入賞しいきなり注目を集めました。

その後、国内大会においては、2015年のジュニアオリンピック・リード競技で優勝を果たすと、2015年~16年、全日本クライミングユース選手権・ボルダリング競技で優勝し2連覇を達成するなど短期間のうちに日本のトップ選手に躍り出ています。

2015年には早くも日本代表に選出されています。

2014年 第69回国民体育大会(長崎)山岳競技ボルダリング少年の部 6位

2015年 第70回国民体育大会(和歌山) 少年の部リード、ボルダリング 3位

2015年 全日本クライミングユース選手権 ボルダリング種目 初優勝

2016年 全日本クライミングユース選手権 ボルダリング種目 優勝(2連覇)

2016年 アジアユース選手権 ボルダリング種目 優勝(国際大会初タイトル)

2016年 第71回国民体育大会(岩手) 少年の部リード4位、ボルダリング1位

2018年 世界選手権 ボルダリング種目 優勝(シニア大会初タイトル)

2019年 世界選手権コンバインド種目 4位

2019年の世界選手権ではスピード競技で自己ベストを記録しています。

原田海の東京五輪で結果は?

原田海さんは東京五輪のスポーツクライミング日本代表の選出されています。

日本からは、楢崎智亜、原田海、野口啓代、野中生萌の4名が出場となっています。

東京オリンピックでのスポーツクライミングルールは、

①「スピード」同じ条件で設置された高さ10~15m、95°の傾斜の壁をを2人の選手が同時に登りどれだけ速く登れるかを競う
②「ボルダリング」高さ4メートルの壁を制限時間内にいくつ登れるかを競う。
③「リード」制限時間6分間の中で高さ15メートル以上の壁のどの地点まで登れるかを競う。

といったもの。

原田海さんが得意とするリードのこれまでの記録は2015年12月と2016年9月のアジアユース選手権での2位。

ボルダリングは2016年9月のアジアユース選手権と2018年の世界選手権での1位

スピードは2019年8月の世界選手権での3位が最高位となっています。

■東京五輪 出場選手一覧
<男子>

  1. 楢崎 智亜(JPN)
  2. ヤコブ・シューベルト(AUT)
  3. リシャト・ハイブリン(KAZ)
  4. 原田 海(JPN)
  5. ミカエル・マウェム(FRA)
  6. アレクサンダー・メゴス(GER)
  7. ルドヴィコ・フォッサリ(ITA)
  8. ショーン・マッコール(CAN)
  9. アダム・オンドラ(CZE)
  10. バッサ・マウェム(FRA)
  11. ヤン・ホイヤー(GER)
  12. パン・ユーフェイ(CHN)
  13. アルベルト・ヒネス・ロペス(ESP)
  14. ナサニエル・コールマン(USA)
  15. コリン・ダフィー(USA)
  16. ミカエル・ピッコルルアツ(ITA)
  17. アレクセイ・ルブツォフ(RUS)
  18. トム・オーホールラン(AUS)
  19. クリストファー・コッサー(RSA)
  20. チョン・ジョンウォン(KOR)

<女子>

  1. ヤンヤ・ガンブレット(SLO)
  2. 野口 啓代(JPN)
  3. ショウナ・コクシー(GBR)
  4. アレクサンドラ・ミロスラフ(POL)
  5. 野中 生萌(JPN)
  6. ペトラ・クリングラー(SUI)
  7. ブルック・ラバトゥ(USA)
  8. ジェシカ・ピルツ(AUT)
  9. ジュリア・シャヌルディ(FRA)
  10. ミア・クランプル(SLO)
  11. ユリア・カプリナ(RUS)
  12. キーラ・コンディー(USA)
  13. ラウラ・ロゴラ(ITA)
  14. ソン・イーリン(CHN)
  15. アランナ・イップ(CAN)
  16. アヌーク・ジョベール(FRA)
  17. ヴィクトリア・メシコワ(RUS)
  18. エリン・ステルケンブルク(RSA)
  19. オセアニア・マッケンジー(AUS)
  20. ソ・チェヒョン(KOR)

原田海のツイッターやインスタグラム

原田海のツイッター

原田海のインスタグラム
@kai_hrd

原田海のフェイスブック

原田海のyoutube
プロクライマー 原田海 / Kai Harada

原田海の高校や大学など学歴は?

原田海さんの通っていた高校は、インスタグラムに投稿している写真から地元大阪の羽衣学園高校だと判明しています。

クラスのみんなで撮影した体育祭の写真にはハッシュタグで「羽衣学園」となっています。

原田海さんが初出場の世界選手権ボルダリングで優勝したのがちょうど高校2年生の時。

高校卒業後は、スポーツクライミングに力を入れている神奈川大学に進学しています。

原田海の身長・体重は?

原田海さんの身長体重は次のとおりです。

身長:168cm

体重:55kg

ちなみに、原田海さんは子供の頃から野菜嫌いだったそうですが、現在は体作りのために栄養面も考慮し野菜をたくさん食べるように心がけていると話しています。

原田海の筋肉がすごい!

【筋トレ】クライミング選手が自宅でできるトレーニングを紹介!

クライミング協議中の原田海さんの体を見ると整った筋肉美に美保れるものがありますね。

体脂肪率は常に3%をキープしているという筋肉質な体で、原田海さんの現在の筋肉ボディの原点は大阪の自宅近くにあったクライミングジム「スカイボックス」のようです。

スカイボックスにあった設備は経年劣化が進んでいて、壁を登る際に掴むホールドも古くなって表面がツルツル。

滑りやすいホールドを使って毎日練習していたため、結果として筋肉と骨を結び付ける「腱」が気付かないうちに鍛えられていたそうです。

原田海の母親は?ハーフ?

原田海さんは日本人離れした大きな目をしていて、まるでジャニーズ系アイドルのようなハーフ顔をしています。

インスタグラムでも英語と日本語で投稿されており、英語が堪能である様子が伺えることから原田海さんはハーフではなのでは?と調べる人がいるようですが、原田海さんは純粋な日本人です。

東京五輪出場に当たって、原田海さんはインタビューで「純日本人っていう体型で戦えることを示したい!」と話していました。

ちなみに、原田海さんの母親はシングルマザーということで母子家庭育ち。

女手一つで子供をを育ててきた原田海さんの母親は「好きなことは頑張りなさい」という放任主義。

原田海さんのクライミングの試合にも姿を表すことはなく、初めて会場に来たのが2018年6月のW杯ボルダリング八王子大会だったそうです。

原田海の彼女は?

原田海選手のプライベートについて調べられる範囲ではスキャンダルが報じられたこともなければ彼氏の存在を匂わせる情報も一切ありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました