玻璃ヶ浦のロケ地(高浜駅や旅館)は?読み方?真夏の方程式ガリレオ

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

映画「ガリレオ 真夏の方程式」で舞台となったのが、玻璃ヶ浦でした。

玻璃ヶ浦とはどこの設定何でしょうか?ロケ地・撮影場所は?

スポンサーリンク

玻璃ヶ浦のロケ地(高浜駅や旅館)は?読み方?真夏の方程式ガリレオ

映画「ガリレオ 真夏の方程式」で玻璃ヶ浦(読み方:はりがうら)は、日本のどこかの架空の町設定で作ってあり、特定の場所ではありません。

ロケは主に静岡県の「西伊豆」中心にしたいくつかの地方ロケが混在しており、方言は、漠然と福岡辺りをイメージした架空のもの…と言うように、意図的に色んな場所のイメージをミックスさせており、地域を限定されないような作り方になっています。

例えば愛媛県松山市の伊予鉄道高浜駅辺りやそれ以外の松山市内で撮影があったそうです。

成実が殺人をした後すぐに波璃ヶ浦に川畑家は引っ越したようですが、成実の実父の仙波の故郷に引っ越しましたが、成実の母親も波璃ヶ浦出身で同郷だったからでしょう。

高浜駅です。高浜駅は瀬戸内海に面した高浜港のすぐ目の前にある駅で、駅を出ると目の前に港の景色が広がります。
ですが、この駅がロケ地に選ばれた理由は海のすぐそばという立地の面だけではなく、その風情溢れる駅舎にあります。

駅の中には映画のポスターや、ここで撮影が行われたことの解説板などが貼られています。

https://www.oricon.co.jp/article/112743/
タイトルとURLをコピーしました