日柴喜康一郎の年収や学歴など経歴を調査!東京カレンダー編集長

スポンサーリンク
0未分類

日柴喜康一郎さんは「東京カレンダー」の編集長でもあり、メンズ雑誌「LEON(レオン)」の編集長をしていた時には「ちょい悪おやじ」という流行語を生みだした文化人でもあります。

「港区おじさん」や「東京女子図鑑」など新たなカルチャを生み出し続けている日柴喜康一郎さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

日柴喜康一郎wikiプロフィール

名前:日柴喜康一郎(ひしきこういちろう)
生年月日:1976年
年齢:45歳
出身地:埼玉県さいたま市

日柴喜康一郎さんの苗字の読み方は「ひしき」です。

調べて見ると、全国に50人くらいしかいない珍しい苗字で、愛知を中心に、
三重・大阪・京都、静岡・東京に数えるほどしかいないようです。

日柴喜康一郎さんは関東の出身ですがルーツをたどテイクと、両親のどちらかが東海に由来しているのかもしれませんね。

日柴喜康一郎の経歴

日柴喜康一郎さんはどうしても編集者になりたかったことから大学卒業後、出版社の「主婦の友社」に就職。

女子大生など若い女性向けの雑誌『Ray』の編集に携わったほか、
ちょい悪ブームの火付け役ともなった『LEON』にも携わっています。

2013年からは東京の最先端のおしゃれスポットを紹介する「東京カレンダー社」に移籍し
2017年に食を中心としたライフスタイル誌の『東京カレンダー』の編集長に就任しています。

その後も、東京カレンダーのウェブサイトで「東京女子図鑑」をスタートさせると大きな反響を呼んで書籍化されたり、
東京カレンダーアプリおよびYouTubeで配信している短編ドラマシリーズ『港区おじさん』も手掛けています。

無限の富を持つ港区おじさんの秘技とは?!

無限の富を持つ港区おじさんがお会計で見せた秘技とは!?【港区おじさん】

そんな日柴喜康一郎さんは、「ホンマでっか!?TV」などテレビバングにも出演をしています。

レギュラートーク「冬の味覚SP」 ゲストパネラーに安藤なつ(メイプル超合金)、横澤夏子という主婦でもあるお2人を迎えて“冬の味覚SP”と題してお送りする。SNSで発表したレシピが話題となり人気爆発中!今話題のバズレシピ研究家・リュウジ先生が、話題の冬の味覚をご紹介!スタジオでの試食に、果たしてパネラーたちの反応は!?

日柴喜康一郎のツイッターやインスタグラム

日柴喜康一郎さんはツイッターやインスタグラムにはアカウントを開設していないようです。

日柴喜康一郎のフェイスブック

日柴喜康一郎の高校や大学など学歴は?

日柴喜康一郎さんの通っていた高校は県立浦和高校です。

埼玉県でも屈指の進学校として知られていて、毎年、東大京大を中心に数多くの難関大学に卒業生を送り出しています。

日柴喜康一郎さんも私立の最難関の一つ・慶応大学経済学部に進学します。

日柴喜康一郎の結婚した嫁や子供は?

日柴喜康一郎さんのプライベートについて調べられる範囲ではスキャンダルが報じられたこともなければ結婚に関する情報は一切ありませんでした。

何枚か写真を見ると、左手の薬指に指輪がキラリ。

日柴喜康一郎の年収は?

日柴喜康一郎の「編集長」という職業について調べてみると、「平均年収.jp」というウェブサイトによるとは1,000万円くらいが平均的な編集長の年収になるそうです。

ただもちろん、出版社の規模だったり、担当する雑誌の発行部数・売り上げ・スポンサーにも左右されると思いますが、
日柴喜康一郎さんの場合、有名雑誌の編集長ですから年収は2000万円を超えているかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました