ストーブ前シェフとは?ちむどんどん

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ストーブ前シェフとは?

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で主人公・比嘉暢子が房子(原田美枝子)がオーナーを務めるイタリア料理店でストーブ前シェフを任されるチャンスを与えられましたが、ストーブ前シェフとは?

スポンサーリンク

ストーブ前シェフとは?ちむどんどん

【ちむどんどん】二ツ橋シェフ「店を辞めるかも」予想もしなかった事態に… <第47回あらすじ>

■第47回あらすじ
暢子(黒島結菜)はレストランの中で花形のポジション「ストーブ前」を務めたい、という気持ちを強く持っていた。そんなストーブ前を日々務めているシェフの二ツ橋(高嶋政伸)は、突然「店を辞めるかも」と言い出し周りを驚かせる

オーナーの房子(原田美枝子)も止める気配は無かった。ある夜、酔っぱらった二ツ橋が鶴見のあまゆに現れる。そして予想もしなかった事態に。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fe1d401c5ce4ab1921ec2c67a2072e4997cfaf43

NHK朝ドラ「ちむどんどん」に出てきた「ストーブ前」とはレストランの中で花形のポジションとのこと。

火を使い主に温かい料理を担当するとされるストーブ前を日々務めているのがシェフの二ツ橋(高嶋政伸)でした。

ちなみに、洋食屋さん(レストラン)にはポストによって、いろんな名称がありますが、階級だったら、

グラン・シェフ
シェフ
スー・シェフ(セコンド)

その下はすべて同じくコック

担当別だったら、

ブッチャー(肉担当)
デシャップ(盛り付け)
ストーブ前
ソーシエ(ソース担当)
野菜場
などなど。

大きなレストランだと、パティシエなどの担当も見られます。

ちむどんどんでストーブ前にネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました