ハワイの豚の話|ちむどんどん

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

NHK朝ドラ「ちむどんどん」でハワイの豚に触れられたことから、沖縄にゆかりのある人たちを中心にネットがざわつきました。

沖縄には琉球在来豚アグーもいますが、ハワイの豚とは?

スポンサーリンク

ハワイの豚の話|ちむどんどん

「ちむどんどん」優子、後悔…ついに歌子の検査決断 ネット心配 良子は教員復帰熱望

 1976年(昭和51年)、暢子の上京後5年目の秋。

 結婚後3年。良子(川口春奈)は教員に復職したいと博夫(山田裕貴)に願い出た。

 千葉・猪野養豚場。賢秀(竜星涼)は飼料について清恵(佐津川愛美)と言い争い。いまだ「今のオレは仮の姿」とビッグビジネスを夢見る。寛大(中原丈雄)は「ハワイの豚の話、知ってるか?そのうちな」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/94435a7e09d4c09c9df4a9839d16e1a29ced2a8f

肉質が柔らかく臭みが少ない沖縄の琉球在来豚アグーとは約600年前に、中国から渡ってきたと言われています。

沖縄では戦前までアグーは当たり前のように飼育され、食生活の中心をなし、親しまれてきましたが戦時中の食糧難や豚コレラ等により数が激減。

戦後、物資の乏しくなった沖縄を救う為、ハワイの沖縄県人会から白豚が送られてきたそうです。

ハワイでは戦後、沖縄県人による「沖縄救済会」が結成されると、募金を募りアメリカ・ネブラスカ州のオマハで買い付けた550頭の豚を、オレゴン州ポートランド経由で船で輸送。

1948年1月15日 布哇(ハワイ)連合沖縄救済会、郷里へ豚を送る運動を始める – 沖縄県公文書館
沖縄の公文書を扱っています。

ちむどんどんでハワイの豚の話にネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました