香港航空会社謝罪理由はなぜ?女性乗客に妊娠検査要求が原因で謝罪?

事実がどこまで本当なのかは不確かではあるものの、報道された通りであれば確かに謝罪すべき案件と言えるかもしれませんね。

香港航空会社が香港発サイパン行きの便に搭乗予定だった女性からの訴えを受けて、
「不快な思いをさせたことについておわびしたい」と謝罪していたことが明らかになりました。

香港の航空会社、女性乗客に妊娠検査要求 サイパンの「出産旅行」対策で
香港の格安航空、香港エクスプレスのサイパン行きの便に搭乗した日本人女性が、搭乗前に妊娠していないことを証明する検査を受けさせられたと訴えている。同航空は、サイパンからの圧力があったことを認めて謝罪した。

香港航空会社謝罪理由はなぜ?

香港航空会社(香港エクスプレス)がなぜ公式に謝罪する事態になったのかというと、
その理由は妊娠検査要求を日本人女性乗客に要求したからとされています。

体の大きさや体形が妊婦のように見える女性に対してサイパン行きの便では事前に検査をする仕組みになっていたようですね。

【第2類医薬品】ドゥーテスト・hCG 妊娠検査薬 2回用

香港航空会社なぜ妊娠検査要求を日本人女性乗客に要求?

報道によると、係員がトイレまで女性を連れて行って妊娠検査薬を手渡し、陰性(妊娠していない)と確認されるまで搭乗させなかったとされています。

非常に徹底した検査が行われていたわけですが、なぜここまでの妊娠検査が要求されたのかかというと、
出生と国籍に関するサイパン独特の法律が関係しています。

サイパンはグアムやハワイと同じくアメリカ領なので、サイパンで生まれるとアメリカ国籍を取得できる権利が発生します。

そこで生まれた子どもに米国の市民権を獲得させることを目的とした「出産旅行」が中国人を中心に人気を集め、
サイパン観光客の出産数がサイパン住民からの出産数を上回る事態に発展。

サイパンはさらに移民政策がアメリカ本土とは異なっていて、中国などからの観光客もビザなしで渡航できることも「出産旅行」に拍車をかけているようです。

香港航空会社謝罪に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました