紫外線の強い時間帯(沖縄)はいつからいつまで?いつから強くなる?日傘・日焼け止めは?

スポンサーリンク

紫外線は肌を老化させる最大の要因です。

しわやシミなど肌の調子が気になる人はもちろんこと、肌にまだまだ自信がある若い人でも紫外線の強い時期は特に注意が必要。

ましてや沖縄のように本州よりも断然、紫外線が強い場所であれば、
しっかりと日焼け止めグッズ(日焼け止めクリームや日傘など)を使って紫外線対策をしなければいけません。

この記事では沖縄で強い時間帯は何時から何時くらいなのか?
沖縄で紫外線はいつから強くなって、いつからいつまで日焼け止め対策が必要になるのか?

といった情報を整理しています。

スポンサーリンク

紫外線の強い時間帯(沖縄)はいつからいつまで?

気象庁がグラフ化している統計データ「日最大UVインデックス(解析値)の月別累年平均値グラフ」によると、
沖縄の紫外線はいつから強くなるのか(何月から何月まで強くなる)のかみてみましょう。

気象庁| 月最大UVインデックス(観測値)の時別累年平均値グラフ
気象庁が提供するページです

「観測地点:沖縄」の情報をもとにすると沖縄では
12時ころにピークを迎えてちょうどお昼前後(10時~14時)が紫外線が強い時間帯となることがわかります。

少なくともお昼前後の10時~14時の間に外出をする際には、
日傘や日焼け止めクリームを塗るなどの紫外線対策は必須。

ただ、ピークの時間帯を過ぎたとしても、
夏場などは紫外線の強さはまだ高い状態なので、
油断をせずに引き続き紫外線対策が必要になります。

日焼け止めクリームの効果も1度塗れば洗い流すまで続くわけではないので、
外出する30分くらい前には日焼け止めクリームを塗っておいて、
2時間くらいを目安に塗り直して紫外線対策をするのが良いです。

紫外線が弱い時間帯は夜~早朝

紫外線が弱くなる時間帯は太陽が隠れる日没から日の出までのです。

夜から早朝にかえたくらい時間帯であれば、
紫外線の影響はほぼゼロに近い状態になります。

逆に言うと、日没直前までは油断せずに紫外線対策をしておくべきで、
日が暮れるのが遅くなる春先3月から10月頃の秋の始めくらいまでは、
16時頃の時間帯までは紫外線対策をしておきたいところです。

絶対に日焼けをしたくない!とか肌の老化を抑えたい!のであれば、
紫外線が特に強くなる夏場は17時頃までは
しっかりと日焼け止め対策をするべきです。

沖縄の紫外線はいつから強くなる?何月から何月まで?

気象庁がグラフ化している統計データ「日最大UVインデックス(解析値)の月別累年平均値グラフ」によると、
沖縄の紫外線はいつから強くなるのか(何月から何月まで強くなるのか)というと、

5月~8月

の間が特に警戒すべき期間だということがわかります。

気象庁| 日最大UVインデックス(解析値)の月別累年平均値グラフ
気象庁が提供するページです

1997年から2008年までの期間について、UVインデックス(紫外線の強さ)を平均した月別グラフです。

ただ沖縄という緯度が低い土地の関係上、本州に比べると9月を過ぎても紫外線は強い状態が続きます。

1月前後はさすがに紫外線の強さは落ち着くものの、年間を通して紫外線は強い傾向にありますから、
観光で沖縄に行くのであれば、冬でも紫外線対策グッズを持っていったほうが良さそうです。

沖縄で紫外線が一番弱い時期はいつ?

気象庁の紫外線グラフによれば、沖縄における紫外線の強さは、3月~10月まで中程度になっていて、
逆に沖縄で紫外線が弱い時期は11月~2月までの間、特に11月~1月までの3か月間は紫外線が一番弱い時期となります。

さらに紫外線は天気の日と曇りの日でも大きく異なるし、
同じ室内でもカーテンをしないと屋外にいるのと変わらないくらいの紫外線を浴びていたりします。

紫外線は薄いレースのカーテンが1枚あるだけでもうんと強さが弱くなるので、
紫外線の影響を最小限に抑えるには、肌の露出面積をとにかく小さくすることがポイントです。

プール・海・アウトドアでは日焼け止めの塗り直し必須!

日焼け止めクリームなどの紫外線対策グッズには、
SPFとかPAといった紫外線の対策効果を示す数値があります。

SPFには35とか50といった強さがあって、
数字が高くなればなるほど紫外線対策の効果が強くなる?
と思っている人が多いようですが実際にはちがいます。

SPFの数値は「効果の持続時間」といった意味合いで、
たとえばSPF1の場合、効果の持続時間はだいたい20分ほどとされています。

つまり、SPFの数値に応じて、

SPF35 35×20分=700分(11時間40分)
SPF50 50×20分=1000分(16時間40分)

くらいは、日焼け止め効果が続くと考えることができます。

ここで、あなたも下のように感じたのではないでしょうか?

「SPF35の日焼け止めクリームを朝塗れば、夕方まで余裕で紫外線対策効果が続きそう」

SPFによる日焼け止め効果の持続時間は、
肌に塗った分が100%肌に定着し続けた場合の理想値となっています。

現実には日焼け止めクリームを塗った後は汗をかいたり皮脂が分泌されて
日焼け止めクリームが肌から流れ落ちてしまうものです。

それに、肌質によって日焼けしやすい人もいるので、
プール・海・アウトドアでは特に日焼け止めをこまめに塗り直すことが必須です。

真夏でよく汗をかくような状況であれば1時間くらい、
そうじゃなくても長時間の外出をする際には2時間くらいを目安に、
日焼け止めクリームを塗り直すようにしたほうが良いです。

日焼け止めクリームを塗り忘れがちな身体の部位に注意

なんとなく日焼け止めクリームを塗るだけだと塗りムラが起きやすい点にも注意しましょう。

顔の目立つ部分や日焼け止めクリームを塗りやすい部分に関しては、
塗りムラや塗り忘れの心配はほとんどありません。

けれども下記のような部位に関しては、ついつい塗り忘れてしまいがち。

気が付いたら塗っている部分とは日焼け具合に差が出てしまい、
うっかり日焼けすることが多いので、意識をして日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

  • 二の腕から肩にかけた腕内側
  • 首の後ろ・耳の裏側
  • 手足の指先や手足の甲
  • ふとももやふくらはぎなど脚全体の内側
タイトルとURLをコピーしました