発心集 現代語訳|証空律師、希望深き事

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

鎌倉時代初期に書かれた仏教説話集「発心集」の現代語訳について

鴨長明 『発心集』の巻三の十「証空律師、希望深き事」の現代語訳は?

スポンサーリンク

発心集 現代語訳|証空律師、希望深き事

薬師寺に、証空津師という僧がいた。
年をとってから、寺の役職をやめて長くなったが、(律師が弟子たちに)「あの寺の別当(寺の事務を統括する要職)が欠員になっているので、(私が)志願したいと思うが、どうだろうか。」と言った。

弟子である者たちとしては、異口同音に、
「ありえないことです。(律師さまは)御年もとっていらっしゃいます。役職をおやめになったときにも、きっとお思いになるところ(俗世を離れて隠遁したい気持ち)がおありなのだろうと、人々も奥ゆかしく思い申しあげていましたのに、今さらそんな(要職を)お望みになるとしましたら、意外なこととして、人々も(律師さまを)見下げてしまいますでしょう。」
と、道理を尽くして懸命に(思い止まるよう)いさめたが、(律師は)まったく納得する様子がない。

どうにもその(別当になりたいという)希望が深いように見えたので、(弟子たちは)まったくどうすることもできない。

弟子たちは寄り合って、このことを嘆きながら言うには、
「この上は、どんなに(思い止まるよう)申し上げても、聞き入れてはくださらないだろう。さあ、ウソの夢を見(たことにし)て、(恐ろしさに)身もだえなさるほどにお話しいたそう。」
と決めた。

数日たってから、あたりが静まっているとき、一人の弟子が(律師に)言うには、
「先日の夜、たいそう意味のわからない夢を見ました。この庭に、色々な鬼の恐ろしげなのが、大勢出て来て、大きな釜を塗っておりましたのを、不思議に思って尋ねましたところ、鬼が言うには、
『この坊の主の律師のため(の釜)だ。』(地獄に堕ちて釜茹での刑になる、という意味)
と答えた、というふうな(夢を)見ました。

然驚き恐れるだろうと思っていたところ、(律師は)口を耳もとまで笑いで広げて、
「私の希望がかなうということに違いない。人には言いなさるなよ。」
と言って、(その弟子を)拝んだので、まったく言うこともなくなって、そのままになってしまった。

【後 注】
年をとって呆けたのか、欲深なことを言い出した老師と、それをなんとか思い止まらせようと悩む弟子たちのやりとり。

1)別当は、寺の管理職の最高位。
2)弟子が嘘で夢にみたといった内容の、「鬼たちが釜を用意している」というのは、「地獄の釜」を用意しているという意味。師が欲深い希望を抱いているので、「そんなことでは地獄に堕ちますぞ」とさりげなく注意を促しているわけ。
3)証空律師が弟子に夢の話を口止めしたのは、夢は人に口外すると実現しないことがあると思われていたため。律師は、死んで地獄に堕ちることを恐れるよりも、現世で別当になれる兆候がみえたことを喜んでいるのである。それが自分を責めようとする鬼たちの用意であるとしても。
4)最後にでている「無智の翁」は、発心集のこの話の前段「樵夫独覚の事」の主人公。木樵の親子の父親が、木々の葉が散るのに人生の無常を悟って、息子とともに出家する話。無学な木樵が自然と悟りを得たのに対して、証空律師は学問・教養もあるだろうに貪欲であると非難しているのである。

発心集 原文の一部|証空律師、希望深き事

薬師寺に、証空津師といふ僧ありけり。
齢たけてのち、辞して久しくなりにけるを、「かの寺の別当の闕に望申さんと思うは、いかがあるべき。」と言ふ。

弟子たるに、同じさまに、
「あるまじきことなり。御年たけ給ひたり。司を辞して給へるにつけても、必ずおぼすところあらんかしと、人も心にくく思ひ申したるを、今さらさやうに望み申し給はば、思はぬなることにて、人も心劣りつかまつるべし。」
と、ことわりを尽くしていみじういさめけれど、さらにげにと思へるけしきなし。

いかにもそのこころざし深きことと見えければ、すべて力及ばず。

弟子寄り合ひて、このことを嘆きつつ言ふやう、
「このうへには、いかに聞ゆとも、聞き入らるまじ。いざ、そら夢を見て、身もだえ給ふばかり語り申さん。」
とぞ定めける。

日ごろ経てのち、静かなるとき、一人の弟子言ふやう、
「過ぎぬ夜、いと心得ぬ夢なん見え侍りつる。この庭に、色々なる鬼の恐ろしげなる、あまた出て来て、大きなる釜を塗り侍りつるを、あやしくおぼえて問ひつれば、鬼のいはく、
『この坊主の律師の料なり。』
と答ふるとなん見えつる。

すなはち驚き恐れんと思うふほどに、耳もとまで笑み曲げて、
「この所望の叶ふべきにこそ。披露なせられそ。」
とて、拝みければ、すべて言ふはかりなくてやみにけり。

タイトルとURLをコピーしました