icloudが押せない設定に!グレーアウトがdrive アップグレードで

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

iphoneでicloudやApple IDがグレーアウトして押せない(タップできない)状態になってしまうことがあります。

他にもicloud drive アップグレードが押せないといったケースもありますが、対処法はどうすればよいんでしょうか?

スポンサーリンク

icloudが押せない設定に!グレーアウトがdrive アップグレードで

iPhone及びiPadでもiCloudやAppleIDの設定変更をしようと思ったり情報を確認しようと表も、グレーアウトしていて設定をタップできない(押せない)状態になることがあります。

他にも「iPhoneを探す」機能でもグレーアウトして押せない(タップできない)ことがあります。

原因の一つは「スクリーンタイム」によるコンテンツとプライバシーの制限がかかっていることです。

iOSをアップデートしたタイミングなどで、「スクリーンタイム」がオフになってしまうこともあるようで、オフのままだとiCloudやAppleIDの操作が出来ないようグレーアウトして押せない(タップできない)状態となります。

ホーム画面の「設定」から「スクリーンタイム」>「コンテンツとプライバシーの制限」とタップして選択。

変更ができるように「コンテンツとプライバシーの制限」をオンにします。

その後、「アカウント変更」で「許可」をタップするとiCloudやAppleIDの確認、表示ができるようになります。

もしくはiPhoneに設定されている時間が不正確だと認証エラーが起きることがあります。

認証エラーがきっかけとなってicloudやApple IDがグレーアウトして押せない(タップできない)状態になってしまうことがあります。

もし時刻の自動設定が無効になっていれば有効にし、時刻を調整してみましょう

「設定」を開きます。
「一般」をタップします。
「日付と時刻」をタップします。

「自動設定」の項目を確認し、スイッチがオフになっていればオンに切り替えます。

タイトルとURLをコピーしました