北田雄夫の結婚や年収をwiki調査!大学で陸上?激レアのアドベンチャーマラソン

スポンサーリンク
0未分類

北田雄夫さんは世界7大陸のアドベンチャーマラソンを日本人で初走破したアドベンチャーランナー。

「激レアさんを連れてきた」「情熱大陸」といった番組にも出演する北田雄夫さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

北田雄夫wikiプロフィール

北田雄夫“挑戦への想い” Q&A+PASSION

名前:北田雄夫

生年月日:1984年1月18日

年齢:37歳

出身地:大阪府堺市

身長:174cm

体重:64kg

出身高校:大阪府立登美丘高校

最終学歴:近畿大学

北田雄夫さんが「走る」ことを始めたのは、中学で陸上部に入ったことから。

中学・高校と競技成績を伸ばし、大学3年時にはキャプテンを務め、単距離大学インカレにて関西で優勝。

日本選手権3位(4×400mリレー)の実績を残してます。

ただ、北田雄夫さんはで優勝を狙っていたものの日本一に遠く及ばず陸上競技に大きな挫折感を味わいます。

就職を機に一度は陸上から足を洗うものの、「自分の可能性に挑戦したい!」という思いを抑えきれず、再び競技を再開

どうせやるなら、より高みを目指すため、敢えて誰もやろうとしない過酷な道ということで、現役時代とは違い長距離に挑戦

ただ、初マラソンは4時間43分で一般ランナーとしては申し分のない成績ですが、北田雄夫さんは納得が行きません

富士登山では高山病になり8合目でリタイア、ウルトラマラソン(100kmの長距離)では97km地点でタイムオーバーの失格。

水泳は50mほど泳ぐのが限界と、思うように実力アップできずにいたものの、4年間のトレーニングを続けた結果

山口萩往還140kmマラソン完走

国内最高峰とされるトライアスロンの大会「IRONMAN」を完走

アフリカ最高峰キリマンジャロ5895m登頂

などの実績を挙げられるようになります。

北田雄夫さんはもともと幼少期から貧血持ちでたびたび目眩を起こしていたほど。

体力の不安があったことから、小心者でいつも人の目を気にして過ごすような内気な性格で、暑さも寒さも弱買ったそうですが、2014年には会社を退職し30歳でアドベンチャーマラソンに参戦していきます。

北田雄夫の経歴

極限に挑む男 北田雄夫

北田雄夫さんがアドベンチャーマラソンを始めた当初は成績を残せず、周囲の賛同も得られず貯金はげる一方。

レースでは厳しい自然環境の中で熱中症、凍傷、感染病になりながらも走り続けると、挑戦開始から3年が経過した2017年に日本人初として初めて「世界7大陸アドベンチャーマラソン走破」を達成。

■世界7大陸アドベンチャーマラソン走破とは?
氷点下50℃酷寒の世界、灼熱の砂漠、凶暴な野生動物うごめくジャングルなど、過酷な自然環境の中を数日間以上かけて走り抜くレース。
世界の7大陸「アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカ、南アメリカ、オーストラリア、南極」で開催されるアドベンチャーマラソンをすべて走破すること。

今後は、世界ではまだ誰も成しえていない「世界4大極地の最高峰レース走破」に挑戦すべく準備を進めているそうです。

■世界4大極地の最高峰レース走破とは?
地球上で人間が走れる4つの極地「暑い砂漠、寒い氷雪地、衛生環境の悪いジャングル、標高の高い山岳」で開催される最高峰レースをすべて走破すること。
※最高峰レースの選定基準は「自然環境、距離、サポート環境」の3点の厳しさより。

ちなみにお笑い芸人の間寛平さんも様々な過酷なレースに挑戦していることが知られていて、アースマラソンに出場した時の様子が書籍にまとめられていますね。

レース中は辛いことばかりでトラブルも絶えないそうですが、レースを走り切った後は『次はもっとこうやれば速くなる』『こうやれば荷物を減らせる』と反省点が次々と見つかり、自分自身の成長をリアルに実感できるのが嬉しいし楽しいと話しています。

次のレースは前回よりもうまく走れるようになるから、アドベンチャーマラソンへの挑戦を辞められないそうです。

そんな北田雄夫さんのアドベンチャーマラソンへの挑戦の記録が書籍「地球のはしからはしまで走って考えたこと」にまとめられています。

■内容
凡人がぶつかりながらも挑んだ「日本人初の世界7大陸走破」。
胸が熱く、モチベーションが上がる冒険物語に世界中の絶景や笑えるエピソードも交え、中学生でもスラスラ読める一冊。 みなさんが少しでも前を向くきっかけとなれば、これほど嬉しいことはありません。

「賞金なし!」「すべて自己責任!」「舞台は、砂漠、荒野、山岳、氷雪、ジャングル!」……そんな世界でもっとも過酷なレース「アドベンチャーマラソン」。日本唯一のプロアドベンチャーランナーとして『情熱大陸』などでも特集され、ここに人生のすべてをかける北田雄夫の挑戦と挫折と成長の日々をつづるノンフィクション。2014~19年までで参加したレースの合計は、なんと、総走行距離5332km! 総時間1420時間! 総費用1280万円! 気温差75℃! 貧血持ちで小心者、暑さ寒さに弱く長距離走も苦手――そんな男が、なぜ「日本人初の7大陸レース走破」を達成し、その後も更なる極限に挑み続けるのか? ランナーはもちろん学生、ビジネスパーソン、現状に悩むすべての人が勇気をもらえる一冊!

アラスカ560km(Iditarod Trail Invitational)アドベンチャーランナー北田雄夫の挑戦

■北田雄夫のこれまでの記録・戦績
2014年 Gobi March(中国/ゴビ砂漠 7日間250km)【51位】
2014年 Atacama Crossing(チリ/アタカマ砂漠 7日間250km)【64位】
2015年 THE TRACK(オーストラリア/荒野 10日間521km)【10位】
2015年 FIRE + ICE(アイスランド/火山地帯 6日間250km)【3位】
2016年 Grand to Grand Ultra (アメリカ/グランドキャニオン 7日間273km)【8位】
2016年 The Last Desert(南極 6日間250km)【2位/チーム戦】
2017年 Ice Ultra (スウェーデン/北極圏 5日間230km)【3位】
2017年 Ultra Africa Race (モザンビーク/サバンナ 5日間220km)【3位】
2018年 Alvi Trail Liguria(イタリア/山岳 8日間400km)【15位】
2018年 Trans Pyrenea(フランス/ピレネー山脈 18日間866km)【踏破(非競技)】
2018年 Tuscobia Winter Ultra(アメリカ/氷雪3日間256km)【15位】
2019年 Iditarod Trail Invitational (アメリカ/アラスカ4日間240km)【4位】
2018年 Jungle Ultra(ペルー/ジャングル 5日間230km)【6位】
2018年 La 1000km (モーリタニア/サハラ砂漠18日間1,000km)【6位】

北田雄夫のツイッターやインスタグラム

北田雄夫のツイッター

北田雄夫のインスタグラム
@takaokitada

北田雄夫のフェイスブック
@takao.kitada.5

北田雄夫のブログ

北田雄夫の公式HP

北田雄夫のyoutube
北田雄夫 アドベンチャーランナー

北田雄夫の高校や大学など学歴は?

北田雄夫さんの通っていた高校は登美丘高校で、大阪インターハイで5位入賞(400m)した記録があります。

この登美丘高校と言えば、ダンス部が全国的に有名で2017年の「日本高校ダンス部選手権 DANCE STADIUM」では通称「バブリーダンス」で優勝を飾りました。

登美丘高校のダンス動画はYouTubeの国内トレンド1位にもなっています。

ちなみに、北田雄夫の通っていた小学校・中学の学校名は明らかになっていないものの、大阪府堺市の出身で現在も堺市に住んでいることから、地元の学校に通っていたと思われます。

北田雄夫の身長・体重は?

【階段で42,900段】自宅でエベレストの高さ8848mをトレーニングで登ってみた

北田雄夫さんの身長体重は次のとおりです。

身長:174cm

体重:64kg

北田雄夫さんはプライベートでも常にレースのことが忘れられず、スーパーなどに行くと、より小さくて軽くてハイカロリーで栄養バランスが良い食品をつい探してしまうそうです。

一時期は、100gあたり400kcal以上あって、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、鉄分も入っている完全食・粉ミルクに目をつけています。

吸収が早く、胃が疲れていても水に溶かして飲めることから実際にレースに持ち込むことも検討していたようです。

北田雄夫の結婚した嫁や子供は?

北田雄夫さんは2020年8月にご結婚されています。

【結婚のご報告】
突然ですが、本日結婚しました。

今日8月30日は「冒険家の日」。
冒険の先人たちの背中を追いかけながら、相方と共に生涯アドベンチャーし続ける思いでこの日を選びました。

その相方はなかなかの個性の持ち主でして、
先日、自宅で料理後に片付けをしていると突如、
「包丁がなくなった!」
と言うのです。

包丁なんて無くならないだろう。と、ふたりでキッチンからゴミ箱の底まで探し回るのですが、まったく見つかりません。とうとう諦めて他の作業をしていると、

なんと!
サランラップのケースの中から包丁が!

どうやったら入るんだろうか…不思議すぎます。
(#サランラップに包丁って入るもんですか?)

ところ変わったある日、ふたりでスポーツをしに出かけていました。相方は昼食に、コンビニでオムライスを買いました。

公園のベンチに座って食べようとすると、突如、
「あっ!!」
と驚く声が。

見れば白い帽子のツバ先が、ケチャップまみれ。

どうやったら入るんだろうか…ほんと不思議です。
(#オムライスに帽子って入るもんですか?)

そんな相方ですが、趣味が旅行とロードバイク。

色んな場所に走りにいけるということで、僕のランニングにしょっちゅう付き合ってくれ、長崎街道230kmや北陸街道400kmなども自転車で伴走してくれています。

もちろん僕が走るコースは峠があったり、凸凹道があったり。そんな時はロードバイクを担いで、峠を越えていきます。

しかも撮影も喜んで引き受けてくれて、今では僕の写真&動画撮影係も担ってくれており、本当にありがたい限り?

これからもふたりで各地を走り回りますので、みなさんとお会いできることも楽しみにしています!見かけたらどうぞお声がけもください!
(#リュックランとロードバイクのペアならほぼ間違いなく僕たちです)

まだまだ未熟なふたりですが、またSNSでの報告となってしまいましたが、どうぞこれからもあたたかく、仲良くしていただけますと嬉しいです

北田雄夫の年収は?

北田雄夫さんはどんな仕事をしているのかというと、

◆講演・研修(企業、団体、学校など)
◆体験プログラム
◆ゲストランナー・ゲスト主演(マラソン大会、イベントなど)
◆雑誌連載(ランニング専門雑誌)
◆動画連載(RUNNET)
◆クラブ運営(アドベンチャークラブ)

などをしていたようですが、現在は、大学時代の先輩の誘いで京都市内の貿易会社に再就職しているようです。

大会へ参加する為の費用は1大会へ参戦するには60万~200万ほど必要だそうですが、クラウドファウンディングで支援者を募ったりもされてるようです。

タイトルとURLをコピーしました