id.rlcdn.comリンクをブロック!広告トラッキングをセキュリティソフト検知

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「id.rlcdn.com」というリンクをセキュリティソフトが検知してブロックすることがありますが、「id.rlcdn.com」とは一体?

スポンサーリンク

id.rlcdn.comリンクをブロック!広告トラッキングをセキュリティソフト検知

トレンドマイクロやマカフィーなど、セキュリティソフトで「id.rlcdn.com」というリンクを検知してブロックすることがあります。

ファイアウォールがきちんと機能しているわけですが、「id.rlcdn.com」とはどんなリンクなのかというと、どうやら広告トラッキングを計測するための情報収集サイト(ツール)のようです。

例えば、テキサス・インスツルメンツ (TI) Cookie ポリシーでは「id.rlcdn.com」でユーザー情報を取得・分析していることが明記されています。

説明: RLCDN.com という名前を使用して LiveRamp Cookie を設定します。この Cookie の再作成または更新を実施しない場合、90 日後に LiveRamp のシステムでこの Cookie が期限切れになります。Web の「追跡」Cookie とは異なり、Liveramp の Cookie は、複数の Web サイトにまたがる形でユーザーの行動を「追跡」することはありません。代わりに、Liveramp Cookie を使用して個人を認識し、関連性の高い広告や E メール・マーケティングを目的の受信者に配信することができます。
この Cookie は、訪問者 (アクセス・ユーザー) に関するデータを登録します。広告の関連性を最適化する目的で、この情報を使用します。
有効期限:60 日

https://www.tij.co.jp/ja-jp/legal/cookie-policy.html

「id.rlcdn.com」のリンク先にアクセスをしたとしても、トロイの木馬のようなウイルスや有害なアプリを強制的にインストールされる心配はありません。

また重要な個人情報(クレジットカード番号やマイナンバーカードなど)が不正に抜き取られるようなこともありません。

どちらかというと、トレンドマイクロやマカフィーなど、セキュリティソフトがトラッキング広告に対して過剰に反応しているだけではあるものの、いずれにしても不審なURLをクリックするようなことは避けるようにしましょう。

万が一、指示に従ってアプリをインストールしたり、個人情報を入力をしてしまった場合。

それらの情報を利用してau ID等への不正ログインが試みられてしまったり、クレジットカード情報が不正利用されてしまう恐れがあります。

他にも自分の個人情報が詐欺のために悪用され、余計なトラブルに巻き込まれる危険もあります。

また最近のネットのフィッシング詐欺では、公式サイトをパクった偽サイトにログインするように仕向けられ、未払い金の支払いを行うためにコンビニ払い(セブンイレブン)を行うように案内されるケースもあります。

いずれにしても突然届いたメール等に記載されたURLを慌てて開いたり、興味本位で怪し気なサイトにアクセスしないように気を付けてください。

タイトルとURLをコピーしました