禅寺丸柿の通販お取り寄せは?楽天・amazon価格は?

スポンサーリンク
0未分類

禅寺丸柿(ぜんじまるがき)とは川崎市麻生区の柿生の特産品で柿生の地名のルーツともなった柿で江戸東京野菜の一つ。

鎌倉時代に王禅寺の山中で発見され、江戸時代から大正時代にかけて栽培が盛んに行われた禅寺丸柿の通販お取り寄せ情報をまとめています。

スポンサーリンク

禅寺丸柿の通販お取り寄せは?

禅寺丸柿のルーツは鎌倉時代前期にあたる建保2年(1214年)にさかのぼります。

焼失した王禅寺を再建するため朝廷の命を受け派遣された等海上人が、用材を求めて寺の裏山に入った時に発見された甘柿という説があります。

昭和に入ると開通した小田急線の柿生駅から全国に向けて出荷されるようになった禅寺丸柿ですが、販売店はJA町田の直売所などがあるようです。

また現代では禅寺丸柿の流通量は安定していることから、楽天やアマゾンでも通販可能となっています。

禅寺丸柿の楽天・amazon価格は?

江戸時代には禅寺丸柿は柿の品種の王様とされる超高級品。

禅寺丸柿の原木のある王禅寺は、徳川家の領地(天領)だったこともあり庶民は口にできない柿だったようです。

そんな禅寺丸柿は明治時代中期以降に現在の川崎市柿生付近の村々で盛んに生産されるようになりました。

特に柿生村と岡上村で一部事務組合を設立し、協同で柿の生産体制を整えていったそうです。

禅寺丸柿の通販での価格は、楽天やアマゾンなどで特に大きな違いはありませんでした。

禅寺丸柿を通販するなら差し当たって、ポイントを有効活用できるところで購入するのが良さそうですね。

楽天で禅寺丸柿を通販するにはこちら

アマゾンで禅寺丸柿を通販するにはこち

禅寺丸柿の味感想は?

タイトルとURLをコピーしました