笠置シヅ子の娘の現在は?生涯の物語が朝ドラのヒロインモデル

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

笠置シヅ子さんは「東京ブギウギ」の大ヒットで”ブギの女王”とも呼ばれる昭和を代表する女性シンガー。

晩年まで芝居やテレビドラマなどで活躍した笠置シヅ子さんの生涯がNHK朝ドラで物語になりました。

笠置シヅ子さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

笠置シヅ子wikiプロフィール

笠置シヅ子 セコハン娘

名前:笠置シヅ子

本名:亀井静子

生年月日:1914年8月25日

没年月日:1985年3月30日(70歳没)

出身地:香川県大川郡相生村(現・東かがわ市)

生後間もなく父が死亡すると、母親の母乳の出が悪かったことから大阪市福島区で米屋を営むお店の妻だった女性に貰い乳をしてもらうように。

すると、この女性が自分の実子と一緒に笠置シヅ子を大阪に連れて帰り養女としたことから、笠置シヅ子さんは物心つく頃には大阪で育つようになります。

1935年(昭和10年)、昭和天皇の末弟・澄宮崇仁親王が三笠宮家を創立したのを機に、三笠姓を避諱して笠置シズ子に改名しています。

笠置シヅ子の経歴

笠置シズ子 – 情熱娘

1927年(昭和2年)に小学校卒業後、宝塚音楽歌劇学校(現・宝塚音楽学校)を受験するも不合格となる。

同年「松竹楽劇部生徒養成所」(OSK日本歌劇団のかつての養成学校・日本歌劇学校の前身)を受験し合格、娘役・三笠静子の芸名で『日本八景おどり』で初舞台を踏んでいます。

『東京ブギウギ』を作曲し日本のポップスの父と言われる服部良一とは1938年(昭和13年)帝国劇場で旗揚げした「松竹樂劇団」(SGD)で知り合っています。

その後、1934年(昭和9年)、日本コロムビアより「恋のステップ」作詞 ・高橋掬太郎、作編曲・服部ヘンリー、歌・三笠静子でレコードデビュー

日中戦争から第二次世界大戦中は活躍の場が限られシヅ子はその専用楽団を率いて巡業や慰問に活躍

1945年(昭和20年)11月、再開場した日本劇場の最初のショーから出演すると、戦後まもない時期に「東京ブギウギ」を筆頭に数々のヒットを重ねます。

“ブギの女王”として敗戦に打ちひしがれた日本人の心を励まし癒しました。

美空ひばりも笠置シヅ子の物真似からそのキャリアをスタートさせています。

笠置シヅ子の結婚した旦那(夫)は?

笠置シヅ子さんは生涯独身でシングルマザーとして知られています。

昭和18年6月に笠置シヅ子さんは名古屋「御園座」で偶然知り合ったのが、当時まだ早稲田の学生で19歳の“社長見習い”だった吉本穎右さん。

吉本興業の創業者・吉本せいの子でお互いにひと目ぼれだったと言われています。

翌19年暮れには結婚の約束を交わすものの、吉本せいさんに「まだ学生の身、2人は釣り合わない」と結婚を反対されます。

吉本せいさん生涯で8人の子どもを授かるも長男が夭折するなど、無事に星人で来たのは3人の女児と33歳で出産した穎右さんだけ

しかも穎右さんを出産した約3カ月後に夫の秦三を亡くしているので、並々ならぬ愛情をそそぎ込んでいたと言われています。

しかも穎右は母親と同じぜんそくもちで徴兵の対象外になるほど体が弱かったことから、どちらかというと笠置シヅ子さんの身を案じてのことだったようです。

結婚が許されないまま笠置シヅ子さんは穎右さんとは事実婚のような形となっていましたが、時代は戦後末期。

昭和20年5月、空襲でお互いの東京の家が焼失した際には東京支社長だった吉本せいさんの弟・林弘高さんが、2人が暮らすための住宅を用意してくれたことから念願の同棲ができるように。

しかし、このころには既に穎右さんの体は結核に侵され、昭和22年1月には兵庫県の母親の実家で療養するようになります。

妊娠が発覚していた笠置シヅ子さんは、大きなお腹を抱えるようにして東京駅で“お見送り”したそうです。

穎右さんの回復を信じてやまない笠置シヅ子さんは“引退公演”のつもりで妊娠5カ月のお腹をスカートとショールで隠して日劇の舞台に立ちますが、穎右さんは23歳の若さで亡くなってしまいます。

それから13日後の6月1日、笠置シヅ子さんは女児を出産すると穎右さんの遺言どおりエイ子と名付けた。

笠置シヅ子の娘の現在は?

結婚に反対していた吉本せいさんも“孫ができるなら”と態度を軟化していて、赤ちゃんを吉本の籍に入れる提案をします。

しかし笠置シヅ子さん自身も両親が結婚を反対され未婚のまま生まれた背景があることから、自分の手で育てる決意をすると、穎右さんが生まれてくる子どものためにと遺していたお金以外、吉本からの資金援助を一切受け取らなかったそうです。

笠置シヅ子さんはシングルマザーながら再び舞台に立地始めると娘は楽屋において幕あいのたびにオッパイをあげていたそうです。

笠置シヅ子さんの娘の名前は亀井エイ子さん。

1947年6月1日生まれなので、2023年時点では76歳となります。

笠置シヅ子さんの娘のエイ子さんは芸能人になることもなければ芸能界とは無関係の一般人として生活しているようで、現在の様子は不明です。

母親の笠置シヅ子さんについてのインタビューなどに応じているようですが、基本的には表舞台には出て来ていないようです。

タイトルとURLをコピーしました