池田レイラの現在までのwiki!母親や本名は?完熟フレッシュのネタ動画もチェック!

スポンサーリンク
未分類

池田レイラさんは実の父親でお笑い芸人とお笑いコンビ「完熟フレッシュ」を結成しM1にも準々決勝まで進出したことのある実力者。

朝の情報番組「スッキリ」では池田レイラさんが高校受験に向けて奮闘する様子が連載され受験結果をかたずをのんで見守った人もたくさんいたようですね。

そんな池田レイラさんの気になる生い立ちから現在までのプロフィールを調査!母親のことや完熟フレッシュのネタ動画もまとめています。

スポンサーリンク

池田レイラwikiプロフィール

本名:池田レイラ(いけだ れいら)
出身地:東京都
生年月日:2005年3月1日
年齢:15歳
血液型:A型
身長:142㎝

池田レイラさんは父親と結成したお笑いコンビ「完熟フレッシュ」でプロの芸人として芸能活動をする以前にも、
2010年にTBSで放送されていたドラマ「記憶の海」では子役として回想シーンに現れる幼少期時代に出演をしています。

完熟フレッシュ池田レイラYouTube始めます!!!

池田レイラの経歴

池田レイラさんといえば、2018年の「新春おもしろ荘」という「ぐるナイ」のブレイク芸人の登竜門として知られる人気コーナーに出演していたコンビ「完熟フレッシュ」を結成しています。

元々は父親の池田57CRAZYがロックンロールコメディーショーというコンビを結成していたものの、
コンビを解散することになり、さらに芸人としての収入では生活できなかったことからサラリーマンとしても働くようになります。

その間はフリーの芸人(いわゆるアマチュア)として活動をしていたものの、
池田レイラさんから誘う形で父親と「完熟フレッシュ」を結成。

2016年のMー1グランプリでは3回戦進出、池田レイラさんさんが中学1年生に当たる2017年のM-1グランプリではなんと、
準々決勝まで進出する大番狂わせを起こし『ベストアマチュア賞』を受賞しています。

【M-1からニュースター誕生!?ナイスアマチュア賞】9/24(土)完熟フレッシュ

現在はこれらの経歴が認められて無事に芸能事務所「ワタナベエンターテインメント」所属にしプロの芸人として活動をしています。

「わたしが強くならなきゃ!」と思い芸人の夢を捨てきれずにいる父と
コンビを組みことを決意☆☆

池田57CRAZYのプロフィール

本名、池田 哲也(いけだ てつや)
出身地:山口県宇部市
生年月日:1975年8月17日
年齢:45歳
身長:169cm
血液型:A型

池田57CRAZYさんはデビュー当時はプロダクション人力舎に所属し「ジャンボジェット」というお笑いコンビで活動をしていました。

漫才を披露する際はサングラスに羽マフラー、上半身が白で下半身が黒のズボンといった奇抜なステージ衣装を身にまとっていました。

池田レイラのツイッターやインスタグラム

池田レイラのyoutube
チャンネル登録者数 8.88万人

池田レイラの身長・体重は?

池田レイラの体重については具体的な数字は公表されていないものの身長は142㎝となっています。

池田レイラの母親は?ハーフなの?

池田レイラさんは、そのカタカナの名前からもしかしたらハーフじゃないの?と調べる人がいますが、
どうやらハーフではなく父親・母親共に日本人のようですね。

ただ「完熟フレッシュ」を結成するきっかけとなったのは母親と父親の離婚で、
元々は父親が芸人として一向に目が出ず経済的に厳しかったことから池田レイラさんを養うために芸人を引退を決意、

結果にコミットする「ライザップ」に就職し事務トレーナーとして働き始めるものの、
池田レイラさんが小学4年生ぐらいに離婚することになってしまったそう。

その原因がなんと母親が他に男を作って出て行ってしまったようで「完熟フレッシュ」の漫才では父親が母親に男を作って逃げられたことをたびたびネタにしています。

離婚届を出すことをためらう父親に付き添って市役所まで池田レイラさんが同伴し、
さらに意気消沈する父親を見かねてコンビ結成を打診したという経緯があります。

池田レイラの中学や高校やなど学歴は?

池田レイラさんの父親は宇部フロンティア大学附属香川高等学校から大阪芸術大学舞台芸術学科へと進学をしています。

それに対して、池田レイラさんは父親のツイッターの投稿(すでに削除)から

西東京市立谷戸第2小学校
西東京市立田無第二中学校

に通っていたと思われます。

卒業式並びに入学式の写真が投稿されていて、学校名までばっちり写っていたようです。

高校の受験結果は?進学先は併願校?

池田レイラさんは朝の情報番組『スッキリ!』で「完熟フレッシュ・レイラの偏差値39からのチャレンジ!」というテーマで2019年12月から受験の様子がレギュラー放送されていました。

池田レイラさんが第一志望に選んだ高校は中学生の進学先問s手人気ランキング都内2位を誇るという都立総合芸術高等学校でした。

■都立総合芸術高校 舞台表現科の受験情報
定員:28人
受験者:60人
受験倍率:約2.0倍
受験項目:内申点、学力試験、実技試験

しかし、2020年3月20日放送ので都立総合芸術高等学校は残念ながら不合格で、
中学校の内申点が響いたものとされています。

レイラさんの中学校の成績は2~3がほとんどの115人中101番目で偏差値は39(直近の学力テスト?)となっていました。

都立高校の受験では、内申点、学力試験、実技試験の3項目でそれぞれ、
内申点 400点、学力試験 600点、実技試験 600点、合計1600満点となっていて、
都立総合芸術高校の合格に必要な合格内申基準点は合格基準点282点。

※学力試験(600点)の内訳:国語 200点、数学 200点、英語 200点

池田レイラさんの内申点は240点でハンデが42点あり、
学力試験と実技試験で挽回しなければいけなかったものの、どうやら挽回できずなかったものと思われます。

ただ池田レイラさんは第一志望校に落ちた場合のすべり止めとして併願校も2つ受験をしていてそちらは合格したことが明らかにされています。

同じく「スッキリ」の放送によると、池田レイラさんの併願校は

定員:60人
芸術系の私立高校
芸能系カリキュラムがある
入試方法は学力試験+面接+自己PR
入試が12月にある
東京都国分市市付近にある学校

といった条件に当てはまる学校で、調べてみると日本芸術高等学園が該当します。

山田優さんや加藤夏希さん、清野菜名さんなど、堀越高校や目黒日本大学高校と同じくらい多くの芸能人を輩出していて、

もう一つの併願校は、

試験日が3月10日
当日に合格発表
偏差値50程度
特進コース

という条件を満たしいる学校で瀧野川女子学園高等学校が該当します。

タイトルとURLをコピーしました