稲田ズイキwikiプロフィール|宗派や学歴は?

スポンサーリンク
未分類

稲田ズイキさんは僧侶でありながら「煩悩クリエイター」という肩書を持つ通り、従来の枠組みにはとらわれない活動をしていることで知られています。

出家をもじって「家出」をしてみたり、「フリースタイルな僧侶たち」というフリーマガジンでは編集長を務めている稲田ズイキさんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

稲田ズイキwikiプロフィール

本名:稲田瑞規(いなだ みずき)
出身地: 京都府久世郡久御山町
生年月日:1992年
年齢:28歳
最終学歴:同志社大学院法学研究科(中退)
職業:僧侶、煩悩クリエイター

稲田瑞規さんは、学生を卒業してすぐに僧侶になったわけではなくいったんは学生時代にバイトをしていたデジタルエージェンシー企業インフォバーンに入社。

その後、2018年に独立し、寺に定住せず煩悩タップリな企画をやる「煩悩クリエイター」として活動をしています。

大学院在学中に修行を終えて僧侶の資格も取得しており(僧侶になるための儀式「得度式」を済ませており)
実家でもある月仲山称名寺(京都)で副住職も務めており、41代目の跡継ぎ候補となっています。

稲田ズイキの経歴

得意なことが少なくて、学校でもイジられキャラだったおいう稲田ズイキさん。

大学時代に連載していたブログが人気を集めてことが褒められることも少なかったから、はじめて社会から認められた経験となったそうです。

「モーニング娘。の歌詞を仏教的視点から解釈する」というタイトルで
賛同の言葉が並んだことが、現在の「フリースタイルな僧侶たち」編集長という仕事に結ぶついたようですね。

「フリースタイルな僧侶たち」宗派を超えた若いお坊さんが集まって創刊されたフリーマガジンで、発行部数は毎号1万5000部超。

。尼僧のアイドルとか、お寺でDJする僧侶とか業界のイカしてる人が紹介されていて、

「”お坊さん=お葬式”というイメージを脱却したい」
「仏教の持つ豊かな可能性に出会っていただきたい」

そんな想いからフリーマガジンが創刊され、2020年で10周年を迎えました。

フリースタイルな僧侶たち
宗派を超えた僧侶と仏教ファンのコミュニティ、フリースタイルな僧侶たちのWebマガジンです。

https://www.gentosha.jp/series/souryoiede/
他にもwebメディア「幻冬舎Plus」では「僧侶、家出する。」といった人気企画のライター活動もしています。

般若心経 cho ver. [超テクノ法要Remix.] live act (前半) / 薬師寺 寛邦(キッサコ) × 照恩寺(テクノ法要)【@ニコニコ超会議2018】
メタルみたいなお経。
「阿弥陀経2016」テクノ法要@照恩寺 [フルver]
坊主バンド「般若心経」/VOWZBAND「Hannya Singyou」

稲田ズイキの宗派は?

仏教といえば「曹洞宗」や「真言宗」などいろんな宗派がありますが、稲田ズイキさんの宗派は浄土宗です。

稲田ズイキさんは僧侶特有の名前には「蓮社号(れんじゃごう)」と「誉号(よごう)」を持っていますが、
「レンジャ」という響きから連想したそうです。

もともとは戦隊モノをもじって「覚蓮社(かくれんじゃ)忍誉(にんよ)」とつけたんですけど、父親に「僧侶をなめてんのか」怒られててしぶしぶ、あきらめたそうです。

寺主制作映画『DOPE寺』予告編

稲田ズイキのツイッターやインスタグラム

稲田ズイキのツイッター
@andymizuki

稲田ズイキのブログ(note)

稲田ズイキの高校や大学など学歴は?

稲田ズイキさんの通っていた高校について学校名は明らかに大学は同志社大学に進学し、大学院法学研究科まで進むものの中退しています。

稲田ズイキの家族構成は?母親と父親の仕事は?

稲田ズイキさんにはお兄さんが1人いるそうですが、「理系だから仏教とか関係ない」と早いタイミングで家業のお寺を継がないことを宣言しています。

両親も兄に対しては「あなたの方が向いているんじゃない」と考えていたことから、
なかば、なし崩し的に稲田ズイキさんさんが継ぐことになったそうですが、
父親もサラリーマンをしながら住職をしているそうです。

稲田ズイキの結婚した嫁は?子供はいる?

調査中
稲田ズイキさんのプライベートについて調べられる範囲では結婚に関する情報は一切ありませんでした。

稲田ズイキの年収は?

稲田ズイキさんは会社員時代は家賃7万円くらいの賃貸に住んでたんですけど、会社を辞めたときにはいったん、無収入になったそうです。

大学時代の友達の家に1日200円で泊めてもらうような生活をしていたそうですが、
現在もいろんな媒体で原稿を書いて収益を得るようになっても、それでも月収にしたら7万程度ということです。

ちなみに、稲田ズイキさんはどんな内容の原稿を書いているのかというと、通常の仏教コラムに加えてお坊さんが忘れられない失恋を供養する失恋浄化バー「失恋供養」などの仏教コンテンツの開発も手掛けています。

タイトルとURLをコピーしました