iphone11ノッチはそのまま!新型iphone(iphone11)も壁紙でノッチ隠し

待望のというべきか恒例というべきか今年も9月に新型iphoneが発表されました。

2018年の新型iphoneは「iphone X」とiphoneシリーズとしては珍しく、
アルファベット数字を用いてきたものの、2019年は「iphone11」と原点回帰する形になりました。

全体的なスペックを見ても明らかなアップグレードが確認できるものの、
ネットではiphone11でもノッチがそのまま残り、ノッチレスにならないことに不満を持っている人が多いですね。

新型iphone(iphone11)はノッチレスじゃない!壁紙・親指でノッチ隠し

ノッチとは、画面上部に見られるディスプレイの一部が欠けたような部分のこと。

インカメラ、近接センサー、照度センサー、通話用スピーカーなどなど、
スマホのディスプレイ側にも様々な機能を盛り込まなければいけないため、
全面ディスプレイのスマホだとノッチ部分に集約させざるを得ない事情があります。

ノッチデザインのせいで通知バーの表示とノッチがかぶって見づらくなるとか、
動画や写真を閲覧する際、ノッチ部分が欠けてしまう、
さらにデザインが美しくないといった点で不評を買っていました。

新型iphone(iphone11)ではノッチデザインではなくて、
パンチホール式になるのでは?という憶測も流れていたものの、
旧態依然のノッチがそのまま継続する形となりました。

新型iphone(iphone11)の発表会でもどこか、
ノッチを黒い壁紙や親指でうまく隠しているんじゃないか?と
議論を呼んでいました。

新型iphone(iphone11)のノッチに関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました