iphone11ナイトモードとは?新型iphone(iphone11)の夜間撮影モード(ナイトモード)解説

iphone11proの背面にはタピオカメラとか、ボトムスのスコープドッグなんて言われる
3つ目のようなカメラが搭載されていることも話題になっていますが、
iphone11シリーズでは夜間撮影モード(ナイトモード)が大幅に強化されたようです。

ナイトモード撮影ではandroid端末のgoogle pixelなどがiphoneの一歩先を進んでいたものの、
iphone11で暗い場所での撮影で写真の画質で見落とりしてしまうことはなくなりそうです。

新型iphone(iphone11)の夜間撮影モード(ナイトモード)解説

新型iphone(iphone11)のナイトモードとは、簡単に説明をすると、
夜間や暗い室内のように、光が少ない場所でも従来に比べて
きれいな写真撮影ができる機能のこと。

ユーザーはいちいちナイトモードを選択して撮影する必要はなく、
新型iphone(iphone11)が光の量を自動で検出して通常の撮影モードと
ナイトモードを切り替えるようになっています。

通常、写真撮影では「光の量」が重要で、
暗い場所だとどうしても、写真も暗くなってしまいます。

花火や誕生日のローソクの火を消すシーンなど、
光の少ない暗い場所でもできるだけ美しく写真撮影するには、
シャッターを長く開いてより多くの光を取り込むようにすればよいものの、
シャッターが開いている間に被写体が動くと写真にブレやぼけが生じてしまいます。

なおかつ、暗い部分と明るい部分の露出さも激しくなって、
色彩バランスが不自然になってしまうという欠点もありました。

新型iphone(iphone11)では、新たに搭載された新型の広角カメラセンサーや
人工知能ソフト、A13プロセッサーなどを組み合わせることによって、
iPhone過去モデルでは実現できなかったナイトモード撮影に成功。

ユーザーが新型iphone(iphone11)の画面上にあるシャッターボタンをタップすると、
背面カメラの光学式手ぶれ補正機能によってレンズを安定させつつ、複数の画像を撮影します

撮影されて写真をソフトウェア的に処理することで、
動きを補正したり、ボケの多い部分を破棄してシャープな部分のみを融合して、
ブレやボケを軽減。

その上で自然な色彩となるようにコントラストや色を微調整し、
人工知能がノイズを除去してディティールを整え、最終的な画像を生成する仕組みになっています。

新型iphone(iphone11)のナイトモードに関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました