タピオカメラ!iphone11カメラがボトムス(スコープドッグ)!タピオカメラだと話題#新型iphone

2019年の新型iphoneとなるiphone11には、普及版のiphone11の他にも、
背面カメラが3つ搭載されているiphone11proシリーズも新登場しました。

3つのカメラが連動することでプロのようなポートレート撮影が出来たり、
一眼レフカメラじゃなくても写真に自然なボケを加えた奥行きのある写真が撮影できるようになるものの、
ネットでは、タピオカメラだ!ボトムス(スコープドッグ)だ!とそのデザイン性が不評を買っているようです。

新型iphone(iphone11)がタピオカメラ!ボトムス(スコープドッグ)!と話題

タピオカメラだとかボトムス(スコープドッグ)かいわれる三つ目レンズの新型iphone(iphone11)は、
スーパーRetina XDRディスプレイを搭載。

「iPhone 11 Pro」は5.8インチ、「iPhone 11 Pro Max」は6.5インチで、
いずれも「A13 Bionic」チップを採用していてその背面には話題の

  • 望遠カメラ
  • 広角カメラ
  • 超広角カメラ

の3つのカメラが搭載されています。

タピオカメラだとかボトムス(スコープドッグ)とか言われるものの、
3つのカメラがあるおかげで、2つのカメラでは難しいポートレート撮影も可能となりました。

今後はむしろ、スマホのカメラの数は3つが主流になってきて、
カメラの数が2つ以下のスマホは廉価版・普及版といった位置づけになってくるのかもしれません。

タピオカメラだとかボトムス(スコープドッグ)と言われる新型iphone(iphone11)のカメラ機能をまとめると、

シャッターを長押しするだけで、写真モードのままビデオが撮れる「QuickTake」
光が少ない場所での撮影が可能なナイトモード
シャッターを押す前に4枚の画像を自動で撮影し、もっともノイズが少ない画像を演算し最適化する「Deep Fusion」※今後のソフトウェアアップデートで提供予定
前面カメラでの4Kビデオ撮影やスロモーション撮影

タピオカメラの新型iphone(iphone11)がさっそく蓮コラでも話題

個人的にあまり気持ちの良い画像ではないんですが、
タピオカメラの新型iphone(iphone11)を蓮コラ加工した話題も話題になっています。

個人的には蓮コラは非常に苦手なのでツイッターや通常のグーグル検索で
「蓮コラ」という風に検索をしてみて、自分の目で確かめてみてくださいね。

ちなみに新型iphone(iphone11)のストレージ容量と日本での発売価格(税別) は下記のようになるようです。

  • 64GB:74,800円
  • 128GB:79,800円
  • 256GB:90,800円

タピオカメラ!iphone11カメラがボトムス(スコープドッグ)!に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました